SSブログ

感想@テレビアニメ『「艦これ」いつかあの海で』Episode5:二水戦*ネタバレあり [艦隊これくしょん -艦これ-]

テレビアニメ『「艦これ」いつかあの海で』の感想です。
今回はこちらについて記します。
Episode-5:二水戦
31kan_top.jpg

「劇場版 艦これ」Blu-ray限定仕様

「劇場版 艦これ」Blu-ray限定仕様

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2017/08/30
  • メディア: Blu-ray

関連記事
【アニメ第一期初回 感想】
第1話:初めまして!司令官!
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-04-12-1
【劇場版 艦これ 感想】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2017-01-22

【艦これ】感想&レポート:カレー機関 4th Sequence
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2020-08-07
【艦これ2022夏/初秋イベ】大規模反攻上陸!トーチ作戦!:結果と感想
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2022-10-14
【ハロウィンイベントの結果】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2022-11-09
【木曾・木曾改二の秋刀魚祭りmodeグラ実装】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2022-11-09-1
【帰ってきた鎮守府秋刀魚祭り2022】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2022-11-14

【アニメ二期「いつかあの海で」感想】
Episode1:出撃の日
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2022-11-05
Episode2:海峡へ
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2022-11-11
Episode3:海峡夜戦
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2022-11-18
Episode4:佐世保
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2022-12-20



第5話のあらすじはこちら。
https://kancolle-itsuumi.com/
 旗艦「矢矧」以下、残存の精鋭駆逐艦で再編成した第二水雷戦隊、通称「二水戦」。歴戦の駆逐艦「磯風」「浜風」、そして「雪風」と共に1YB3Hの残存艦「時雨」もその一翼となる。
 そんな中、提督と二水戦旗艦「矢矧」は、再編二水戦の練度を高めるべく、実戦形式の全力演習を実施するのだった。

第4話に続き、視聴中に
「これって全8話だよね?」と首を傾げた第5話でした。
訓練を含めた艦娘の日常を知れたのは良かったですし、
いち「艦これ」ファンとしては
彼女らが楽しそうにしているのを見ているだけで
嬉しい気持ちになれました。
しかし以前から
尺稼ぎと揶揄されても仕方が無いような
動きの無いシーンが多く、
全体的に間を取り過ぎる
(間で感情を表す)せいでテンポが悪く、
話があまり進まないのが継続しており、
「このペースで進めていて、本当に大丈夫なの?」と
心配になりました。

実際、この第5話でも、
これといった出来事は生じず、
Aパートは艦娘が楽しそうに会話を交わすだけで、
Bパートは艦娘が演習に挑むだけで終わりました。
残念ながら、
薄い内容を引き延ばしている感があるのは否めません。
Aパートの食事のシーンにしても、
以前から「艦これ」の運営さんが
食に対して強いこだわりを持っているのを踏まえれば、
戦闘シーン並みに力を入れるのは当然でしょうが、
ちょっと冗長だと感じました。
全11~12話、もしくは全24話前後の中の
例外的な箸休め回でのこの描写ならともかく、
全8話しかないのに話があまり進まないのは、
心配の種でしかないです。

次回予告によれば、
第6話は再び本格的な戦闘になるようです。
第1~3話のスリガオ海峡海戦と同じように
会敵→深海勢に押される→辛勝するという流れからの
「俺たちの戦いはこれからだ」エンドを迎えるかと思うと、
全体的な内容不足は否めず、
前回と今回でもっと話に動きを持たせられていたら、
第6話以降の最終決戦に向けて
盛り上がれるようになったのではないかと思いました。



物語としてはやや退屈ではあったものの、
第4話での提督の初登場と同様に、
ゲームの「艦これ」のユーザーなら
思わず反応してしまう驚きが、幾つかありました。

その最たるものは、
工廠にいた艤装整備長の声を担当したのが、
俳優の京本政樹さんだった件です!
32seibi.jpg
「艦これ」における京本さんといえば、
リアイベで登場した深海磨鎖鬼様です……!
(敵の深海勢の提督のような立場のキャラクターです)
この整備長が最上さんとの会話中に
「鎖を磨くこともできる」云々と唐突に発したので、
私も「ん?」と引っかかってはいたのですが、
まさか彼の声が京本さんだったとは思わなかったです。
放送後、すぐにその部分の録画を見直してみたところ、
意識して聞くと
声の奥にちゃんと京本さんを感じられるものの、
事前に知らされていなければ
とても分からないレベルだったと思います。
整備長の例の台詞は、勿論、
磨鎖鬼様の漢字に由来するもののはずなので、
随分と粋なことをするなぁと感心しました。



第4話において、旅館での朝食が質素だった件は、
やはり日本の食糧事情の悪さを反映していたようです。
この第5話では、
艦娘がアジの開きをご馳走だと喜ぶシーンが
非常に印象的でした。
33aji.jpg
そのアジは、どれも大きくて立派で、
確かにとても美味しそうではあったものの、
「豪華」との表現は合いません。
なので、作中の現状は、
アジですら特別なおかずにならざるを得ないようです。
茶碗に盛られたご飯も、
色からして麦飯のようだったので、
やはり旅館で出された白米のみのご飯は
特別なご馳走だったのかもしれません。

立派なアジの開きは、
市井の人々からの差し入れだそうです。
前回に続き、
艦娘が佐世保の人々から好意的に思われているらしいと
伝わってきたのは、
とても良かったです。
それと、涼月ちゃんの南瓜好きネタが
しっかりと入れられていた件が微笑ましく、
私も南瓜の煮つけを食べたいなと思いました。



演習については……
一部の艦娘が緊張感に欠けていたので、
まるで体育の授業のような感じではあったものの、
目の前の敵以外からも襲われるというのが
臨場感を生み出していて、
見応えがありました。
空からの水爆機による攻撃も、
海中からの潜水艦による魚雷攻撃も、
実戦では普通にあることなので、
訓練の内容の詳細を敢えて知らせず、
提督が艦娘に警告をする
(可能性を示唆する)だけに留めた上で、
不意打ちを仕掛けるという点には、
この二水戦の練度を本気で高めたいという
提督や矢矧さんの強い意思を感じました。
雪風は、誰よりも目が良いんですね。
いち早く爆撃機や潜水艦に気付いたあたりは
さすがでした。



「ゆき!」「ぐれ!」と呼び合う
時雨と雪風も良かったのですが、
個人的には、雪風による爆雷攻撃で
見事にやられてしまった伊58と伊47が
非常にツボでした。
ぷかぷか浮いていたのが可愛いかったです。
ゲームではもう終わってしまいましたが、
毎年恒例の秋の秋刀魚祭りイベでも、
爆雷を投射した時に打ちあがる秋刀魚は
こんな感じだったのかと想像し、
思わず笑ってしまいました。
34sensui.jpg
汎用性の高いスクショなのも良いです。

Twitterで見かけたつぶやきによると、
現実での伊58と伊47は、
今も佐世保近海の底に
突き刺さった状態で沈んでいるとのことです。
それが本当であるなら、
彼女らのここでの登場は
その事実を受けてのことなのかもしれません。



後は、台詞が無かったとはいえ
海防艦がしっかりと登場していたのも驚きでした。
35kaibou.jpg
あんなに小さな子たちが
近海の海上護衛や兵站の保持、輸送の任務を
遂行しているかと思うと、
その健気さが痛々しく思えてなりません。

また、矢矧さんが皆の前で話をした際に、
神通さんや能代さんの名前を具体的に挙げたり、
机の上に彼女ら(?)の写真を飾ったりしていた点に、
涙腺が弛みそうになりました。
36photo.jpg
詳細は語られませんでしたが、
彼女らももういないんですね……。
山城さんによる戦闘詳報を閉じた時も
意味深長な様子でしたし、
その心境は推して知るべしなのかなと思いました。

その戦闘詳報。
ゲーム「艦これ」での
艦娘の改造時に使う特殊なアイテムとの印象が
あまりにも強すぎるせいで、
本来は戦闘の報告書であるというのを、
私はこのシーンを見るまで忘れていました。
山城さんの報告がどうだったのかを知りたくて、
コマ送りで見てみたものの、文字が読めず、
具体的には不明だったのが、
ちょっと残念でした。



次回の放送までは、再び一か月ほど空くそうです!
私は最も遅いBS11での放送組なので、
ネットでの配信日次第では、
二月にならないと見られないかもしれません。
それまでにこれまでのお話のおさらいをして、
続きの視聴に備える予定です。
勿論、ゲームの「艦これ」も頑張ります。

余談ですが、放送日の夜にトレンド入りしていた
制空権シミュレータさんによる「まるゆ指数」は
144でした……。
これまで運改修を積極的にしてこなかったので、
数字が低いのは当然で、納得もしているのですが、
Twitterで普通に300超え500超えしているのを見ると、
さすがに恥ずかしくなりました。
億劫がっていないで、ちゃんとやらなきゃ駄目ですね。



続きはこちら。
【感想@テレビアニメ『「艦これ」いつかあの海で』Episode6:暗雲*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2023-01-21-2



艦隊これくしょん -艦これ- おねがい!鎮守府目安箱 7 (電撃コミックスNEXT)艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(17) 艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります! (ファミ通クリアコミックス)艦隊これくしょん ‐艦これ‐ コミックアラカルト改 舞鶴鎮守府編 二十一 キラキラ遠征録☆ 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編 (カドカワデジタルコミックス)艦隊これくしょん -艦これ- 今宵もサルーテ!(4) (角川コミックス・エース)【外付特典あり・初回生産分】艦隊これくしょん 艦これ KanColle Original Sound Track vol.VII 【夕】(CD) + 【先着特典】公式「艦これ」OST7 キービジュアルシール付き艦隊これくしょん -艦これ- KanColle Original Sound Track vol.IV 【雨】




2022-12-23 19:48 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。