SSブログ

アニメ「アイドリッシュセブン Third BEAT!」感想 第13話:狂気と破壊のテトラルキア*ネタバレあり [アニナナ感想]

アニメ「アイドリッシュセブン Third BEAT!」
第13話「狂気と破壊のテトラルキア」の感想です。
以下の記述には、先の展開を含むネタバレがあります。
03i7_top.jpg

アイドリッシュセブン Third BEAT! 1 (特装限定版) Blu-ray

アイドリッシュセブン Third BEAT! 1 (特装限定版) Blu-ray

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコアーツ
  • 発売日: 2021/09/28
  • メディア: Blu-ray

関連記事
【アイドリッシュセブン 感想記事一覧】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/i7

初回と前回の感想記事はこちら。
【アニナナ3期感想 第1話:星を覆う雲】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-07-07
【アニナナ3期感想 第12話:簒奪の準備】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-09-20



第13話のあらすじはこちら。
https://idolish7.com/aninana/
 龍之介の潔白を証明するため、了のもとへ直談判に向かう三月とナギと楽。大和と天はすみれの説得を試みるが、彼女の心を変えることはできなかった。姉鷺は紡と岡崎に、この先まだ何かが起きそうだと不安げに語る……。

アニナナ3期の前半も、とうとう最終回を迎えました。
最後はやはり、ŹOOĻの華々しいお披露目でしたね……!
とても格好良かったですが、
TRIGGER推しとしては、
ちょっと複雑な気持ちにならずにはいられませんでした。
(念のために書いておきますが、
当時はŹOOĻのことがとても苦手だったものの、
アプリゲーの第4部を読んだ後は好きになれていて、
普通に応援できています)



第1クールの最終回は、
問題の原因である花咲すみれさんから始まりました。
彼女の会話の相手がŹOOĻの御堂虎於くんだと分かったことで、
十龍之介くんに罠を仕掛けた黒幕が
あの月雲了さんだったとも判明します。
04sumire_torao.jpg
すみれさんは、恋に浮かれるあまり、
虎於くんの調子の良い言葉に踊らされているのが、
ちょっと可哀相でした。
今のすみれさんが、まともな精神状態ではなく、
正常な判断を下すことができていない
(きちんと考えることもできない)のが原因ですが、
そこに付け込んだ虎於くんや了さんが一番悪いというのは
言うまでもありません。
すみれさんも、虎於くんの囁きに喜ぶだけでなく、
「結婚してくれるんだよね」の問いをはぐらかされ、
結局まともに答えてもらえなかった現実と向き合えれば、
彼女自身が負う羽目になる傷は浅く済んだはずだったので、
残念です。



前回の話し合いの結果、
二手に分かれて当事者との会話を試みようと決まり、
すみれさんのところには
二階堂大和くんと九条天くんが向かいました。
05yamato_tenn.jpg
どう考えてもすみれさんに非があるのに、
二人とも彼女に厳しく接しないところが大変良かったです。
大和くんも天くんも優しい……。
特に天くんは、
自分が大事にしているグループの名誉を傷つけられ、
実害を被っているのに
(そしておそらくすみれさんより年下なのに)、
この場ではすみれさんを咎めず、
むしろ彼女の為に諭していたのが素晴らしかったです。
すみれさんも、もし冷静になれる精神状態でいて、
まともな思考ができていたなら、
天くんの真摯な言葉は絶対に胸に響いたと思います。
それでも、すみれさんは態度を改めないどころか、
逆ギレして攻撃的な言葉を返してきたんですから、
大和くんが匙を投げるのも当然でした。
すみれさんを怒鳴らなかっただけでも凄いです。



一方、和泉三月くんに六弥ナギくん、八乙女楽くんは、
了さんを待ち伏せして直撃しました。
一連の事件の真相を知らない楽くんが、
当初は了さんに向かって真面目に説明をしていたのが、
少し痛々しかったです。
この時の了さんは、楽しくてうはうはだったでしょうね。

父親の結婚が不本意なものだったらしいのを
了さんにからかわれながら挙げられたせいで、
楽くんがガチギレしました……。
これほどまでに楽くんが本気で怒ったシーンは、
見たことがないです。
後にも先にも、ここだけだと思います。
06gaku.jpg
了さんに次に攻められた三月くんが、
一瞬、辛そうな表情を浮かべて怯んだものの、
内容が既に乗り越えられている問題だったからか、
すぐに開き直って堂々と答えていたのが、
めちゃくちゃ格好良かったです。
その頼もしさも相まって、私は泣きそうになりました。

すみれさんに嫌味を言われた時の大和くんも同じで、
もしその問題と向き合っている最中だったなら、
二人はこの時の楽くん並みに憤怒したり、
深く落ち込んだりしたはずです。
逆に言えば、
両親の件は楽くんにとって非常に耳が痛いことで、
まだ解決できていない重要な問題であるのだと分かります。
八乙女社長も、仕事では敏腕であるようなのに、
人としての本質は不器用なのか、
秘めた本音と実際の発言が乖離する時が多そうですし、
かつての彼が結さんを本気で好きだったのは真実でも、
別れた奥さん(楽くんの母親)のことも、
悪口を言いつつもなんだかんだで情はあるようだったので、
彼の言葉一つであっさり解決できる程度の問題のはずですが、
実現はまだまだ難しそうです。
でも、以前は楽くんがやたら反抗的な態度を取っていたのが、
今では普通に会話できるまでに関係が修復しているのを思うと
(更に言えば、原作のアプリゲーの第4部では、
TRIGGERが事務所の窮地を救う展開になるのを踏まえると)
解決の芽は着実に育っているとはっきり分かるので、
のんびりした気持ちで今後に期待しようと思っています。

始終、口が上手い了さんのペースで話をした結果、
彼は高笑いしながら去っていきました。
07gaku.jpg
了さんに直撃しても、状況が改善しないばかりか、
不快な思いをさせられてしまいましたが、
彼が黒幕だと分かったのは大きかったと思います。



アイドルたちが密かに動いている最中に、
マネージャーたちも結束を強めていました。
08anesagi.jpg
まだ何かが起きるという予感が当たってしまうのが
怖いです……。
でも今後は、事ある度に
姉鷺さんのTRIGGER愛が本物であるのを
深く知れるので、
それを楽しみに耐えたいです。



そして渋谷らしき街では、
当事者たちの予期せぬ再会もありました。
09tenn_riku.jpg
古参ファンのおねえさんは、ちょっと惜しかったですね!
でも、コンビニでは自引きできて良かったです。



そして終盤では、
ŹOOĻのお披露目が盛大に行なわれました。
10zool.jpg
高額を投じた大々的なプロモーションを仕掛けて、
速攻で話題を掻っ攫って世間に躍り出るという
センセーショナルな登場の仕方は、
いかにもŹOOĻらしいと思いました。
少し前までそこにはTRIGGERがいたのに、
この日を境に多くの人がŹOOĻに夢中になった結果、
TRIGGERを気にしなくなっている
(むしろ龍之介くんのスキャンダルが嫌で避ける人もいる)
というのが残酷で、
でも現実っぽいなと思いました。



これにてアニナナ3期の第1クールが終了したものの、
まだTRIGGERの受難が本格的に始まったタイミングなので、
ここから更に辛くなるのがしんどいです……。
でも!
アプリゲーに準じた内容になるなら、必ず救いもあるので、
強い心で続きを待とうと思います。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。



アイドリッシュセブン Third BEAT! 1 (特装限定版) Blu-rayアイドリッシュセブン 2nd LIVE「REUNION」Blu-ray BOX -Limited Edition- (完全生産限定)アイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray BOX -Limited Edition-アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック 4アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック 3アイドリッシュセブン Re:member 1 (花とゆめコミックス)




2021-10-05 19:28 
共通テーマ:アニメ