SSブログ

感想@NHK朝ドラ「おかえりモネ」第6~7週*ネタバレあり [NHK連続テレビ小説感想]

NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」の感想です。
今回は、以下の週の放送について記します。
第6週:大人たちの青春
第7週:サヤカさんの木

連続テレビ小説 おかえりモネ なないろ

連続テレビ小説 おかえりモネ なないろ

  • 作者: 藤原 基央
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2021/05/25
  • メディア: ペーパーバック

初回と前回の感想記事はこちら。
【感想「おかえりモネ」第1週:天気予報って未来がわかる?】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-05-22
【感想@NHK朝ドラ「おかえりモネ」第4~5週】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-06-21-1



第6週:大人たちの青春
03mone06.jpg
 百音(清原果耶)は、森林組合に隣接する診療所に通う、ジャズ喫茶の店主・田中知久(塚本晋也)と、言葉をかわすようになる。実は、田中は百音の父・耕治(内野聖陽)と知り合いだったのだ。百音は、最近森の仕事をする中で、天気への興味がだんだんと募ってきていた。そして気象予報士の資格試験を受けようと決意、菅波(坂口健太郎)に相談しながら、本格的に勉強を開始する。
 そんなある日、百音は田中から木製のテーブルの製作を頼まれるが…。

朝ドラ視聴がもう習慣化していることから、
「いつ面白くなるんだろう」と戸惑いつつも、
不快な要素は特に無いので、
とりあえず視聴を続けているこの「おかえりモネ」。
前週は、まだ世間知らずの妹が意地を張る回で
「お!」と思う時もあったものの、
モネちゃんたちの両親の昔話が主だったこの週は、
つまらなくはなかったものの、面白くもなかったので、
興味が削がれてしまいました。
元々、モネちゃんの両親に対しては
それほど関心を寄せていなかった上に、
放送された過去が大した内容ではなかったというのが
理由です。
とはいえ、現在放送中の第8週の内容からして、
この第6週はそこに繋げるための基盤だったとは
理解しています。

田中さんのテーブルの件は、
モネちゃんの両親が遊びに来てくれたことが
結果的に彼の救いになっていましたが、
そもそも彼の状況が笑えない話
(浮気を理由に奥さんに見限られた)だったので、
それほど良い展開だとも思えなかったです。
田中さんの奥さんは、
遅くなってもちゃんと「行かない」との返事をしたあたり、
彼に対する怒りが少しは鎮まっているようですから
(まだひどく怒っていたなら、
あの誘いには絶対に返信すらしないと思うので)
もし彼が死んだら、
やっぱり行けばよかったと後悔しそうなのが、
ちょっとだけ気になりました。



第7週:サヤカさんの木
04mone07.jpg
 百音(清原果耶)の初めての気象予報士試験は、不合格だった。百音は菅波(坂口健太郎)に勉強をみてもらい再チャレンジを決意するが、日々充実していく森林の仕事との両立に悩む。
 そんな中、サヤカ(夏木マリ)が作業中に骨折、百音はしばらくサヤカの面倒を見ることに。ある日、朝岡(西島秀俊)が部下の気象予報士・野坂(森田望智)と内田(清水尋也)を連れて久しぶりに訪ねてくる。そして、百音の気象への気持ちに変化が起き…。

まず、田舎暮らしのモネちゃんが
自動車運転免許をその年まで所持していなかったのが
不自然だと思いました。
田舎では、移動手段として車が必需品です。
一人一台ということも珍しくないので、
学生の多くが、高校三年生の後半ぐらいから
運転免許を積極的に取るようになります。
北関東育ちの私も、学校では校則で禁止されていましたが、
隠れて自動車学校に通って取得した一人でした。

サヤカさんの大木に対する思いがひときわ強かったのを、
序盤の放送で見てきましたので、
いよいよそれを伐採するのかと私も複雑な心境になりましたが、
実際に切るシーンが無かったせいで、
ちょっと肩透かしを食らわされた気分になりました。

求められた仕事に対して成果を出せたのを機に
ようやくやりがいを感じ、
面白いと自然に思えるようにもなったことから、
難しい国家資格への挑戦への意欲が揺らいだモネちゃん。
しかし朝岡さんとの予期せぬ再会により、
天気予報の仕事に対して
どうしようもないほど強く惹かれるようにもなっていました。
そのどちらも、転職時にはよくある心境の変化なので、
揺らぐモネちゃんの心には私も共感できました。
今の森林組合の職場も凄く恵まれていますし、
気象予報士試験の合格後は
きっと朝岡さんのところで働くのでしょうから、
受かる前から素敵な職場での就職が決まったも同然だなんて、
羨ましい限りですが、
モネちゃんが頑張っているのはよく伝わってくるので、
温かい気持ちで見守れています。

二回目の試験も不合格に終わったものの、
ネットで見た情報では、三回目である次で合格するとか。
ちょっと都合が良い気もしますが、
モネちゃんが気象予報士になるのが前提のドラマなので、
あまりつっこまずに軽い気持ちで見ようと思っています。

ただ、モネちゃんがいつも顎を軽く上げて
口を半開きにしてぼーっとしているのが、
かなり気になっています。
モネちゃんが驚いた時の、
目だけをきょろきょろと動かす演技についても同じです。
ここまで頻度が高いと、
演技というより清原果耶さんの癖なのかもしれませんが、
できれば口は普通に閉じていてほしいです。



続きはこちら。
【感想@NHK朝ドラ「おかえりモネ」第8週:それでも海は*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-07-11-1



連続テレビ小説 おかえりモネ なないろ連続テレビ小説 おかえりモネ Part1 NHKドラマ・ガイドおちょやん 初恋編 (NHK連続テレビ小説 おちょやん 小説版)連続テレビ小説 エール 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]連続テレビ小説 おちょやん 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]




2021-07-07 22:21 
共通テーマ:テレビ