SSブログ

感想「アイドリッシュセブン」第3部 第3章:分かり合えない*ネタバレあり [アイナナ第3部 感想]

ゲーム「アイドリッシュセブン」第3部の感想です。
https://idolish7.com/campaign/third_chapter/
i7_3rd.jpg
今回は第3章「分かり合えない」について記します。
・新企画!
・エンカウント
・本気で言ってんのか
・誇り、亀裂
・クラクション

私の推しはTRIGGERの八乙女楽さんです。
現在、次の第4部まで読了していますので、
以下の記述には先の展開を含むネタバレがあります。
「ズール」の名前については、環境依存文字が使用されているため、
アルファベットを代用して「ZOOL」と表記します。

アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック 3

アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック 3

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/03/20
  • メディア: 大型本

関連記事
【アイドリッシュセブン 感想記事一覧】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/i7

初回と前回の記事
【感想「アイドリッシュセブン」第3部 第1章:雨天】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-02-04-2
【感想「アイドリッシュセブン」第3部 第2章:取引と後悔】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-02-15-4



【第1話:新企画!】
IDOLiSH7の冠番組の打ち合わせで、
新しいチャレンジ企画の話がでました。
難航している映画の役作りのせいで
一人だけ静かだった二階堂大和くん。
スタッフに促されて意見した時も、不穏さがありました。
アイドルが楽器演奏に挑むというのは定番ですが、
労力が結果に繋がりやすく、達成感も出しやすいですし、
ファンからの共感も得やすいので、
とても良い企画だと思います。

それにしても、大和くんは本当に大変ですね。
殺人鬼という現実とは無縁の役への理解を深める中で、
その苦悩を現実の自分と重ねているなんて、
想像するだけで苦しくなります。



【第2話:エンカウント】
「これ、ティッシュじゃなくてパン」
「薬……? それパンだろ!」のツッコミが楽しかった、
七瀬陸くんと狗丸トウマくんの邂逅シーン。
陸くんとの会話でのトウマくんは、
TRIGGERへの強い逆恨みを露わにしているのに、
終始、良い人感が出ているのが、大変好ましいです。
ZOOLの良心!
面倒見が良い人なんだというのがよく分かります。

私は八乙女楽くんのファンなので、
この話での注目点は、やはり彼と十龍之介くんの会話でした。
龍之介くんのファイティングスピリットを引き出そうとして、
ボクシングで逆にやられてしまうヘタレ具合が
(全然ヘタレじゃないですけど)たまらなかったです!
これは、相手が悪かったとしか言いようがないww

そして、八乙女パパこと宗助さんの紹介で、
龍之介くんが御堂虎於くんに引き合わされることになりました。
結果から言えば、二人が親しくなれたきっかけではあるので
良かったと言えなくもないですが、
月雲了さんが仕掛ける罠の始まりでもあるので、
テキストを読んでいて胃が痛くなりそうでした。



【第3話:本気で言ってんのか】
今回も、六弥ナギくんと和泉三月くんが
二階堂大和くんへの対処で言い合いになりそうでした。
二人がずっと大和くんのことを本気で心配しているので、
この辺は読んでいて辛かったです。
ナギくんは、過去の自分を本気で悔いているからこそ、
もう二度と間違わないとして早めに行動したいんですね。

とうとう、「千葉サロンって何?」との疑問を
大和くんに直接ぶつけた三月くん。
ここは大和くんの返答の内容が悪かった……。
タイトルでもある、
三月くんの「本気で言ってんのか」との怒りが
とても重かったです。

一方、正体を見抜いた虎於くんによって、
罪悪感はないのかと責められた龍之介くん。
しんどい場面ですが、
龍之介くんの優しさが世間にも駄々洩れかと想像したら、
攻撃的な虎於くんの発言が少し可愛いと思いました。



【第4話:誇り、亀裂】
アイナナのストーリーには、誰も望んでいないのに、
物事が悪い方にゴロゴロ転がっていく時が何度かあり、
私も「なんでこうなるのかな」とやるせない気持ちになります。
三月くんと大和くんの会話の続きがまさにそうで、
ここは読んでいて本当にしんどかったです……。
大和くんを責める三月くんもそうですが、
彼に対してわざと悪態を吐く大和くんが痛々しい。
三月くんの「分かってほしいなら伝えろよ!」は
心の叫びですよね。
大和くんのことが心配で心配でしょうがないというのが
よく伝わってきます。

一方、龍之介くんは、
社長命令とはいえ嘘の自分を演じている点について、
虎於くんに誇らしく語っているのが印象的でした。
「仲間にも黙っていなきゃいけなかったらきつかった」との発言が、
同時進行している大和さんの辛い現状に繋がっていて、
彼の心境を想像せずにはいられなかったです。
最後は良い話風で会話を終えられたのに、
虎於くんがしっかり龍之介くんを罠に落としているのが
怖かったです。
「花巻すみれ」の名前が出てくるのがもう嫌でした。



【第5話:クラクション】
三月くんとの言い合いの末に、独断で寮を出る大和くん。
その前に、見かねて先に寮を出てしまった三月くんと、
勢いで彼についていった和泉一織くん……。
事情をよく知らないIDOLiSH7の他のメンバーが
「なんで?」と激しく動揺していたとおり、
二人の会話を見守ってきた私も、初見時は、
「なんでこうなるの? なんで? なんで?」と
心が不安定に揺れました。
状況を即座に判断して、
敢えて寮に残ることにした逢坂壮五くんの優しさが、
私にも沁みました。

弟の一織くんと二人きりになってから、
過去の自分と今の大和くんを重ねて泣く三月くん。
三月くんの怒りと悲しみは、
彼がとても優しい人だという事実の表れで、
大和くんを大事に思っているからこそでしたので、
最後にRe:valeの百さんが登場したのを見た時は、
「救いの天使が来た!」と安堵しました。
いくら三月くんが成人しているとはいえ、
精神がぼろぼろの状態ではやはり不安でしたので……。



続きはこちら。
【感想「アイドリッシュセブン」第3部 第4章:心の声*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-02-21-1



アイドリッシュセブン オフィシャルファンブックアイドリッシュセブン オフィシャルファンブック2アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック 3アイドリッシュセブン Re:member 1 (花とゆめコミックス)アイドリッシュセブン Re:member 2 (花とゆめコミックススペシャル)アイドリッシュセブンRe:member3巻(完)「未完成な僕ら」CD付き特装版 (花とゆめコミックス)アイドリッシュセブン TRIGGER-before The Radiant Glory- (花とゆめコミックススペシャル)




2021-02-21 14:12 
共通テーマ:ゲーム