SSブログ

感想「アイドリッシュセブン」第3部 第4章:心の声*ネタバレあり [アイナナ第3部 感想]

ゲーム「アイドリッシュセブン」第3部の感想です。
https://idolish7.com/campaign/third_chapter/
i7_3rd.jpg
今回は第4章「心の声」について記します。
・夏の音
・頂きを目指して
・認めなよ。
・大人の喧嘩
・最低の自分

私の推しはTRIGGERの八乙女楽さんです。
現在、次の第4部まで読了していますので、
以下の記述には先の展開を含むネタバレがあります。
「ズール」の名前については、環境依存文字が使用されているため、
アルファベットを代用して「ZOOL」と表記します。

アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック 3

アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック 3

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/03/20
  • メディア: 大型本

関連記事
【アイドリッシュセブン 感想記事一覧】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/i7

初回と前回の記事
【感想「アイドリッシュセブン」第3部 第1章:雨天】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-02-04-2
【感想「アイドリッシュセブン」第3部 第3章:分かり合えない】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-02-16



【第1話:夏の音】
二階堂大和くんと千さんの過去がちらりと明かされた後、
物語は現在のIDOLiSH7へ移りました。
メンバーが保護された先が、同じRe:valeなのに、
安心される百さんと心配される千さんの対比がおかしいww
そして、キッチンの主だった和泉三月くんの不在のせいで、
七瀬陸くんと四葉環くんがクリーチャーを作りだしていました。
個人的には、黒焦げのドーナツを防虫で使えるかもと言われた陸くんが、
ムッとすることなく、素直にその提案を受け入れて勧め返したあたりが
とても好きでした。
陸くんが純粋過ぎるせいで、
優しさが裏目に出ていたのが面白かったです。

あと、逢坂壮五くんが作る料理のタバスコ投入対策で
MEZZO"の「恋のかけら」を歌って参考にする時に、
「ふいに」で止めてもいいというツッコミがツボでした。
冒頭ですよね、これ。
その余裕の無さに、陸くんの必死さというか
余裕の無さを強く感じました。
環くんの方が歌が長かった(タバスコを振る時間が長い)ので、
もう慣れた感があったのも良かったです。
グループが大変な時なのに、ギャグ多めで面白かったお話でした。

六弥ナギくんが言った「一貫性のない人たち」というのは、
母国の人たちだったんですね。
第4章を読み終えた今では、
何かある度に彼らに翻弄され続けたナギくんが、
従うだけで終わらず、時には抵抗してきたとも分かるので、
「お疲れ様」と伝えて労わってあげたいです。



【第2話:頂きを目指して】
IDOLiSH7が大変なことになっている一方で、
グループとしての結束が更に強まり、
ファンやスタッフ間の評判も上々なTRIGGER。
ここでは、私の推し・八乙女楽くんの嫉妬が見えたところが
最高でした。
自分がいないところで好きな女の子が仲間と二人だけで食事、
しかもメニューが、よりにもよってうどん!とあっては、
楽くんも黙ってはいられないでしょう。
動じている彼がとても可愛かったです。



【第3話:認めなよ。】
場面が一転し、
IDOLiSH7のメンバーを保護したRe:valeのそれぞれの家の様子が
描かれました。
家事力の高い三月くんと和泉一織くんが身を寄せた百さん宅は、
大神万理さんが予想していたとおり、大丈夫そうでした。
私も、お揃いの怪獣パジャマ姿を見たかったです。
大変なこともあったけれど、それも含めて楽しそうでした。

そして、千さんのお家に身を寄せた二階堂大和くん……。
ここでの大和くんの衝動的な行為に対して、
当時はネットの一部が荒れた覚えがありますが、
今はそんなこともないようで、何よりです。
千さんも大和くんを一切責めず、大人な対応でした。

MEZZO"も、壮五くんの言い訳(という説明)を経て、
長くあった誤解がちゃんと消えました。
仲良しMEZZO"が最高すぎます。



【第4話:大人の喧嘩】
百さんが一年前のお肉を冷凍庫に放置していたと
冒頭で判明しました……。
百さんについては、もっとマメな人かと思っていたので、
テキストを読み返した今もちょっと意外でした。
陸くんと一織くんは、良くも悪くも変わらないようで、
心配から始まった電話が口喧嘩になってしまった展開には、
私も苦笑いが出ました。
当の二人は大変でしょうが、
年相応の子供っぽい会話を読めるのが楽しいです。
(特に一織くん)

さて、状況が変わらないまま仕事の現場で再会したIDOLiSH7。
仕方が無いとはいえ、
プライベートでの不協和音が収録にも影響してしまい、
彼ららしくないところを晒していました。
三月くんと大和くんの不穏な会話を受けて、
他のメンバーが密かに怖がる中、
ナギくんだけが良くも悪くも分かっていないというのが、
少し面白く、残念でもありました。



【第5話:最低の自分】
感情的になって寮を出てしまったものの、
三月くんも大和くんも他の皆を心配していると分かり、
私も嬉しくなってホッとしました。
百さんからの
「今夜、のんびり喧嘩しにうちに来ない?」の誘いが最高でした。
この後の百さんの優しさや器の大きさも、素晴らしすぎます。
大和くんに酷いことを言われても冷静でいた点も含めて、
私が百さんのことを更に好きになれたシーンです。



問題の種が色々なところで蒔かれた後、
それらが全て芽吹きだしているのが怖いです。
今後も覚悟して読んでいきます。



続きはこちら。
【感想「アイドリッシュセブン」第3部 第5章:居場所*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-04-05-1



アイドリッシュセブン オフィシャルファンブックアイドリッシュセブン オフィシャルファンブック2アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック 3アイドリッシュセブン Re:member 1 (花とゆめコミックス)アイドリッシュセブン Re:member 2 (花とゆめコミックススペシャル)アイドリッシュセブンRe:member3巻(完)「未完成な僕ら」CD付き特装版 (花とゆめコミックス)アイドリッシュセブン TRIGGER-before The Radiant Glory- (花とゆめコミックススペシャル)




2021-02-23 16:49 
共通テーマ:ゲーム


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。