SSブログ

【アイナナ】イベント「SUMMER RUNNING Fes.」 [アイドリッシュセブン]

アプリ「アイドリッシュセブン」のプレイ日記です。
今回は、アイナナ8周年記念に併せて実装されたイベント
「SUMMER RUNNING Fes.」について記します。
15run.jpg

劇場版アイドリッシュセブン LIVE 4bit Compilation Album

劇場版アイドリッシュセブン LIVE 4bit Compilation Album "BEYOND THE PERiOD"【豪華盤A】

  • アーティスト: IDOLiSH7, TRIGGER, Re:vale, ŹOOĻ
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2023/06/21
  • メディア: CD

【アイドリッシュセブン 感想記事一覧】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/i7
【ムビナナ感想*DAY1】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2023-06-01
【アイドリッシュセブン8周年】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2023-09-07

イベント「LIVE 4bit BEYOND THE PERiOD」DAY1
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2023-07-24
イベント「LIVE 4bit BEYOND THE PERiOD」DAY2
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2023-08-01
IDOL STAR LIVE 2023~Prince Stage~ St.6
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2023-08-07
NanaPass7月版*2023
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2023-08-08-1
【アイナナ】LINK RING WIND:後編
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2023-08-23



アイナナが8周年を迎えた翌日の8/21から9/3まで
全プレイヤー参加型のレイドイベント
「SUMMER RUNNING Fes.」が開催されました。
16run_top.jpg

通常のライブを遊んで貰えるポイントを溜めて
「アイドルを応援」として使用することでゲージを伸ばせます。
そのゲージが規定値まで達するとゴールとなり、
ガシャで使える石などが報酬として配られるという仕様で、
やれば得しかないという良イベでした。
普段は後回しにされがちな通常ライブでポイントを稼げるのも
大変良かったです。
(ライブチャレンジで好成績を出せれば報酬が貰えるので)



毎年8月下旬は、とある民放局のチャリティー番組で
芸能人が長距離マラソンに挑戦する企画が話題になっています。
おそらくこのイベントの元ネタもそれでしょう。
イベントのトップページからSNSで拡散すると、
アイドルの可愛い画像付きで投稿できるのが嬉しくて、
私はアプリにログインする度に投稿していました。
17run01.jpg

18run02.jpg

19run03.jpg

20run04.jpg

アイドルの走る順番はグループで決められていて、
IDOLiSH7→ŹOOĻ→TRIGGER→Re:valeでした。
たとえばIDOLiSH7が走っている時にSNSで投稿・拡散すると、
そのメンバーのSDイラストがランダムで添付される仕様です。

このイラストはイベントのギャラリーで見ることができたので、
私はちゃんと追わなかったのですが……
終了後には見当たらなくなっていて、ちょっとショックでした。

しかも、マネージャーが応援するスピードが速すぎた結果
(ユーザーがポイントを送る量が多すぎる)、
ちょっとタイミングを逃すとアイドルが既にゴールに達していて、
イベントの休憩時間に突入していたのも残念でした。
それが分かってからはこまめにログインするようにしたので、
きっとイベント期間中のDAUは上がっていたと思います。



一番手の走者のIDOLiSH7の時は、
まだ仕様がよく分かっていなかったので、
各ユニットのスクショを1枚ずつ撮るだけで終わりました。
21run_IDOLiSH7.jpg


二番手のŹOOĻの時はスマホにあまり張り付けず、
撮り逃しを出してしまいました。
22run_ZOOL.jpg


三番手のTRIGGERは、私の推しグループなので
ちゃんと気合いを入れました。
どのキャラも通常時は目が開いた顔で走っているのですが、
ポイントで応援すると目を閉じたニッコリ顔になってくれるので、
スクショも両方撮りました。
23run_TRIGGER01.jpg
24run_TRIGGER02.jpg


最後のRe:valeは、
てっきり二人だけで全区間を走ると思っていたので、
ゲストで他のグループのメンバーが加わっていたのが嬉しかったです!
25run_Revale.jpg
百さんと陸くんが凄く楽しそうに走っている反面、
千さんがそうでもない表情をしているのがおかしくて、
彼を見る度にちょっと笑ってしまいました。
でも、一見すると無表情に見える千さん(すぐ上の画像の3枚目)も、
画像を拡大すると口角が僅かに上がっていると分かります。
あまり乗り気ではないのかもしれないけれど、
このイベントが嫌というわけではなく、
千さんなりに誠意をもって走っているんだろうなと想像しました。
26yuki.jpg
困り顔も可愛い。



全てのグループが完走した後、休憩の日々を経て、
おまけのEXTRAマラソンに突入しました。
画像の説明にあるとおり、ここからは最終ゴールは無く、
応援ポイントが一定値溜まる毎に報酬が貰えました。

そして、SDキャラの頑張りをスクショで残したい私の戦いも、
ここから本格化しました。
16名のアイドルがグループを超えて
ランダムで表示されるようになったからです。

以下は、上と重複しないスクショのご紹介です。
27extra01.jpg

ご覧のとおり、走者がRe:valeとなってからは、
背景の風船も一緒に写るように頑張りました。
プレイヤーがポイントを贈って応援すると、
その場にいるキャラのイメージカラーの風船が上がるのですが、
風船はすぐに画面上部に飛んでいって消えてしまうので、
応援のボタンを押したら即「全画面」のボタンを押してUIを消し、
スクショを撮るという作業に励みました。


スクショでは伝わらないのが残念ですが、
きなこと王様プリンも頑張って走って(飛んで?)いました。
28extra02.jpg

29extra03.jpg


困り顔ばかりになった千さんがとにかく可愛いかったので、
遭遇する度に愛でていたのですが……。
30extra04.jpg
無表情っぽい(でも口角は上がっている)千さんの顔を見た時に
「もしや顔色が悪くなっている??」と首を傾げたものの、
前髪の影でそう見えただけかもしれないと思い直しました。
でも、この記事用に画像を編集(リサイズ等)している最中に、
以前の千さんと試しに比較してみたところ、
やはり額が敢えて暗くされていると判明し、爆笑しました。
31yuki.jpg
左がEXTRA時の千さんで、
右が上で載せた(Re:valeが走者だった時の)千さんです。
相当頑張ったんですね……千さん……。
SD絵担当のスタッフさんがグッジョブすぎます。

動画では手元に残さなかったので
今となっては確認のしようがないのですが、
走る速度(両足の回転の速さ)も一律ではなく、
キャラによってはちょっと違っていた気がします。
(私の思い込みかもしれず、
実は全キャラ同じだったという可能性もあります)

もしかしたら、私が気付かなかっただけで、
他にも小ネタがたくさんあったのかもしれません。
この記事限定でコメント欄を解放しておきますので、
もしお気付きの点がありましたら是非お教えください。

とにかく楽しいイベントでした。
以前のムビナナイベと同じく、
可愛いアイドルを見るだけで凄く元気を貰えたので、
多幸感をたくさん味わえました。
ありがとうございました!



アイドリッシュセブン 7th Anniversary Event IDOLiSH7 LIVE BEYOND アイドリッシュセブン Third BEAT! 10 (特装限定版)(Blu-ray)アイドリッシュセブン 2nd LIVE「REUNION」Blu-ray BOX -Limited Edition- (完全生産限定)アイドリッシュセブン TRIGGER LIVE CROSS “VALIANTアイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray BOX -Limited Edition-




2023-09-14 13:37  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。