SSブログ

アニメ「アイドリッシュセブン」感想 #11:夏のゆくえ*ネタバレあり [アニナナ感想]

テレビアニメ「アイドリッシュセブン」の感想です。
元となったスマホアプリゲーは未プレイですが、
アニメを第15話まで見た上で、初めから感想を記しています。

今回は第11話「夏のゆくえ」についてです。

【PSVita】アイドリッシュセブン Twelve Fantasia!

【PSVita】アイドリッシュセブン Twelve Fantasia!

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • メディア: Video Game

前回・前々回の感想はこちら。
【#10:広がる世界*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2018-05-17-1
【#09:大切な時間*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2018-05-17

アニナナ最終話告知広告関連記事
【「アイドリッシュセブン」最終話告知交通広告展示 全キャラ制覇(JR山手線)】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2018-05-15
【アニナナ最終回放送告知広告とフィンガーパペット*八乙女楽】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2018-05-16

以下の記述にはネタバレを含みます。



こういう回は、書きたい(触れておかねばならない)事が多い上に、
感情が変に昂ぶってしまうので、感想を記すのが難しいです……。

以前の記事でも書きました通り、
私はこのアニナナが全11話か12話で終わるものだと思っていました。
八乙女社長の妨害とミューフェスでの失敗によって
安易に超えられる通過点だったはずのメジャーデビューが遠のいたのと、
この話が11話目であることから、
今回でIDOLiSH7のメジャーデビューがようやく決定し、
細かな微笑ましいエピソードが幾つか入れられた後、
次の12話目で感動のデビューライブを広い会場で行なって、
アニナナが華々しく終わるものだと思っていました。

そう、アニナナの底(一番辛い部分)は、
第8話のミューフェスの失敗だと思っていたんです。
後はもう、IDOLiSH7が這い上がるだけだと
……嫌なことは無いはずだと、勝手に信じていました。



なので、この第11話の初見時は
・IDOLiSH7のメジャーデビューが決定:予想通り
  ↓
・沖縄でデビュー曲のPV撮影:思ったよりも尺を取っているけど、次回もあるし許容範囲内かな
  ↓
・小鳥遊事務所に泥棒が入る:あれ……? 一気に不穏な感じになったけど……。
  ↓
・TRIGGERの新曲がようやく出来上がる:この人って……じゃあ新曲って、えええ???
  ↓
・IDOLiSH7のデビュー曲お披露目ライブ:「……(無言で溜め息)」
という流れでテレビを見ました。

街頭モニターでTRIGGERの新曲のPVが流れた直後に、
同じ曲をIDOLiSH7がステージで披露する流れを目の当たりにした時は、
ショックすぎて言葉が出ませんでした。
二階堂大和さんが思わず漏らした
「下手したら、明日からもう歌えなくなるんだからな」という台詞が
事の重大さを物語っていて、
とてもとても重かったです。

なんて残酷な話だろうと溜め息を吐いたと同時に、
これまで記憶にあった細かな伏線が私の頭の中で一気に蘇り、
「アイナナのシナリオって凄い! 辛いけど面白い」と、
困ったことなのですが、変に感動してしまいました。
大事な大事なデビュー曲が、
よりにもよって偉大な先輩アイドルに盗まれただけでなく、
たまたま流れたPVによって一足先に披露されてしまい、
その直後にファンの前で歌わされる羽目になる……なんて、
鬼ですよ……鬼(褒めてます)。
ミューフェスでの失敗時のような、
見ていられないいたたまれなさこそなかったものの、
IDOLiSH7のメンバーの心境を思うと
気持ちが落ち込みました。



この一件があまりに衝撃的過ぎたせいか、
飛行機内での会話や沖縄で描かれていたMEZZO"の問題が
暫くの間は私の心の中ですっかり薄れていました。
放送を何度か見た後、ようやく気持ちが落ち着いてから、
「あぁ、ここでもMEZZO"は大変だったんだなぁ」と
特に逢坂壮五くんの苦労に心を寄せることができるようになりました。
四葉環くんは、壮五くんもちゃんと分かっているように、
根は良い子なんですよね。
嘘を吐けないし、誰かに嘘を吐かれるのも嫌みたいですし。
でも一般常識に欠けている部分が目立つ上に、
当人の言動が少々子供っぽい(荒っぽい)ので、
それが今はマスコミ業界でもファンにも受けが良いようですが、
一歩間違えれば顰蹙をかう元になりかねません。
よって、もし環くんの傍にいるのが壮五くんでなくても、
彼の言動には始終はらはらさせられ、困らされていたと思います。
しかも、壮五くんはそういったことに厳しい性格みたいですしね。
せっかく注意をしても環くんに聞いてもらえない、従ってもらえなければ、
壮五くんの中でストレスはたまります。
じゃあ、いっそ言わないで環くんの自主性に賭けてみようとしても、
あの生真面目さが災いして、更にストレスがたまる気がします。
結局、環くんにも努力してもらわないと、
壮五くんの悩みは解決しないんですよね……。
環くんは環くんで、きっと彼なりに頑張っているのでしょうが、
それが壮五くんに伝わるものではないのが、非常に残念です。

沖縄での番組収録後に
環くんが妹探しの件でスタッフに話しかけられた件は
見ていて非常に不愉快でした……。
環くんの藁をも縋る必死さが分かるだけに、
そこにつけこんで利を得ようとするスタッフの下心が嫌で、
暫くはこの部分も飛ばして視聴していました。



最後がとても辛いのを除けば、
今回は久し振りにTRIGGERの三人が登場するので、
八乙女楽くんを最愛の推しとする私には、幸せな話です。
この回を観るまで、他の二人と比べれば
十龍之介くんについてはよく分からなかったのですが、
想像していた以上にとっても良い人らしいと感じた上に
世間に浸透しているエロいイメージとは違うと分かりましたので、
好感度が非常に上がりました。

話は少し飛びますが……現在の私は、
今年の二月に発売されたゲーム「真・三國無双8」を遊んでいます。
その新作からプレイヤーキャラとなった曹休(そうきゅう)という人物を、
龍之介くんの中の人(声優の佐藤拓也さん)が演じられていますので、
「あ、龍之介くんの声って曹休じゃん!」と、この頃にようやく気付きました。
三國8の中で、私は曹丕というキャラが一番好きで、
曹休も曹丕のことが大好きなんですよ……!
曹丕でプレイしていると、曹休がやたら褒めてくれるんです(ボイス付き)。
なので、これ以降、暫くの間は、
アニナナに登場する龍之介くんを見る度に
「あ、曹休の人だ……好き……」となっていましたww
今ではこれが逆転していて、
三國8をプレイしている時の私の脳内では、
龍之介くんが三国志の映画に曹休役で出演している気になる時が
たまにあります。
【コーエーテクモ公式サイト「真・三國無双8」曹休】
https://www.gamecity.ne.jp/smusou8/chara_soukyu.html



話が大きく逸れましたので、戻します。

この回の楽くんも、人の好さが出ていて大好きです。
楽くんは一人っ子みたいですが、
他人への面倒見がいい兄貴肌の性格をしているので、
良くも悪くも甘ったれ弟気質がある七瀬陸くんとは
割と相性が良い気がします。
当人たちが気付いていないけれど、
なにげに紡ちゃんを巡る恋のライバルっぽいところも、
二人を見ていて楽しいです。

楽くんにしてみれば、
いきなりドア越しに声が聞こえてきた
→聞き覚えのある声。しかも「天にぃ」とか言ってて、これ七瀬陸か?
→今、「(九条天が)家族を捨てた」って聞こえたぞ
という流れで、思わずドアを開けてしまったんでしょうね。
他の誰でもない、天くんのことだからという理由が大きかったはずですが、
間違えられたとはいえ
部屋を密かに訪ねてきた陸くんを放っておけなかったのかなと
推測しました。

そもそも陸くんは、壮五くんやスタッフから
「TRIGGERが最上階の部屋を貸し切っている」と聞いただけのはずなので、
なにを根拠にあの部屋に天くんがいると思ったんですかね。
やはり、ただの勘?
個人的には、もしあそこで天くんと会えていたとしても、
彼に冷たくあしらわれて終わり、激しいショックを受けたと思うので、
あそこで楽くんに話を聞いてもらえたのは逆に良かったのではないかと
思っています。



印象としては、楽くんの優しさより、
その後に描かれた天くんの方が圧倒的に強いです。
私、誰かに厳しく当たったり茶化したりする天くんが特に好きみたいで、
特にTRIGGER内の会話では、
紡ちゃんネタで楽くんをからかう天くんを最高に気に入っています。
なので、大和くんたちに床で正座コースを命じる天くんには
とても興奮しました。
エレベーターの扉をがっと開ける彼が、怖くて素敵です。



話が戻ってしまいますが……
初見時はTRIGGERの楽曲をろくに知らなかったので、
彼らが「NATSU☆しようぜ!」を歌っていると知っても
何とも思わなかったのですが、
他の楽曲も聞いた上でこの曲に戻ると、
違和感ありまくりですww
曲の方向性というか路線が違い過ぎて戸惑いますし、
天くんが後で言うように、いかにもIDOLiSH7の曲っぽいです。
携帯アプリゲーム『アイドリッシュセブン』「NATSU☆しようぜ!」

携帯アプリゲーム『アイドリッシュセブン』「NATSU☆しようぜ!」

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2016/07/07
  • メディア: CD

辛いけど面白いという矛盾した喜びに対して、
戸惑ったり楽しんだり……と、今でもまだ複雑な気持ちになる回です。

そういえば、この新曲は清涼飲料水のタイアップがつくと
Aパート冒頭で紡ちゃんが熱く語っていましたが、
それはどうなったんでしょうか。
結局、「MONSTER GENERATiON」で話を進めたのかしら。


続きはこちら。
【アニメ「アイドリッシュセブン」感想 #12:5人と2人*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2018-05-18


アイドリッシュセブン 1 (特装限定版) [Blu-ray]アイドリッシュセブン 2 (特装限定版)  (1st LIVE Day.2 最速先行抽選申込券付) [Blu-ray]アイドリッシュセブン 3 (特装限定版) [Blu-ray]【PSVita】アイドリッシュセブン Twelve Fantasia!アイドリッシュセブン オフィシャルファンブックアイドリッシュセブン オフィシャルファンブック2アイドリッシュセブン 5 (花とゆめコミックス)





2018-05-17 17:17  nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0