SSブログ

感想@韓国ドラマ「ファンタスティック・カップル」第15話:胸が痛い*ネタバレあり [韓国ドラマ感想]

フジテレビの韓流αで放送中の韓国ドラマ
「ファンタスティック・カップル」の感想です。
今回は第15話「胸が痛い」です。

ファンタスティック・カップル DVD-BOX 7枚組

ファンタスティック・カップル DVD-BOX 7枚組

  • 出版社/メーカー: エスピーオー
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。


前回の感想はこちら。
第14話:チョ・アンナって誰?

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)ページでまとめています。
テレビドラマ感想記事 一覧:韓国ドラマ

────

まずはあらすじから。BS11の公式サイトより転載します。
ビリーの部屋にあるプールに転落したのをきっかけに記憶を取り戻したアンナ。そんな彼女にビリーは「すべてのことはチョルスのせいで起きた誤解が原因だ」と言って許しを乞うが彼女は許さない。
外見は以前通りに戻ったものの、従業員のことを気にかけたり、ビリーに「私も悪かったわ」と謝ったりと、人間らしい暖かさを見せ周囲を驚かせるアンナ。しかし、チョルスの家のことが忘れられずに携帯電話を握りしめるばかりの自分にあきれ、アメリカに帰ることを決意する。
一方、子供たちに「おばさんは家に帰ったんだ」と話し、自分もアンナを忘れようと努力していたチョルスだったが、電気布団やジャージャー麺を見るたびに、彼女のことを思い出していた。


主人公のチョ・アンナ(ナ・サンシル/ハン・イェスルさん)が
とうとう記憶を取り戻したのを受けて、
これまでのコメディ調はどこに行ったの?と首を傾げてしまうほど
今回は終始シリアスな内容でした。

いやぁ……せつなかった!!!
アンナの中では昔の記憶が蘇ったけれど、
ナ・サンシルでいた頃の記憶も忘れていないというのが
ポイントですよね。
序盤で、夫のパク・ビリー(キム・ソンミンさん)の指示で
それまで着ていた服と携帯電話を捨てられた時の
何ともいえない表情が、見ていてたまらなかったです。
それでも、いてもたってもいられなくなって
携帯電話だけ救出しちゃうくだりも大変良かった!
アンナはかわいいなぁ。

そして、本来なら、
煩いアンナが出ていった事で「せいせいした」はずの
チャン・チョルス(オ・ジホさん)が
ずっと辛そうなのがもう……。
チョルスの片思いなら「住んでる世界が違う」と言って
アンナを忘れるように努めるでしょうが、
自分たちはお互いに好きだと分かっている分、
どうしたって諦めが悪くなりますよね。
逆に、アンナの煩さが消えた事で
物足りなくなってしまうのも当然です。
電気毛布にしろ、ジャージャー麺にしろ、マッコリにしろ、
アンナとチョルスは、
物に対する共通の思い出を持ち過ぎていますし。



ビリーがアンナの為に作らせたジャージャー麺も
変にこじゃれていて
「あぁ、こんなんじゃないんだよ!!」と
見ている私が苛々してしまいました。
アンナが食べたいのは、洒落たジャージャー麺じゃなく
素朴なものですよね。
もっと言えば
“チョルスと食べる”ジャージャー麺でしょうし。
でもビリーの優しさが、以前と違っていて
決して金の為だけでない──ちゃんと愛情が備わっているのが
よく伝わってきます。
これまでの出来事で、アンナも大きく変わりましたが、
ビリーも人間的に成長しましたよね。
とても魅力的な旦那さんになっていて、
もしアンナがチョルスに心を奪われてなかったら、
これはこれで、二人は仲の良い夫婦として
やっていけたのではないかと思いました。



花女ことオ・ユギョン(パク・ハンビョルさん)が
きっかけを作った結果、アンナは記憶を取り戻し、
チョルスの元から離れるという
彼女自身が望む展開になったのに、
少しも思い通りになってないので、
見ていて「ざまをみろ」と思ってしまいました。
チョルスがここまでアンナを好きでなかったら
(アンナがやって来た頃のチョルスだったら)
彼女がいなくなった事で、
彼はユギョンの元に戻ったでしょうが、
今の状態でそうなるわけがないですよね。

でも、記憶が戻ったアンナが、大人の対応をしていて、
ユギョンに対して「花女」でなく
名前で初めて呼んだのが、とても印象的でした。
それでも、アンナはアンナなので、
ユギョンに対して慇懃無礼な態度を見せていたのも
おかしかったです。



あああ……次はいよいよ最終回!
結婚指輪を外していたのはビリーですよね??
やっぱり、彼が空気を読んで身を引く展開になるのかな??
見るのが楽しみです!




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第16話(最終回):出発

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-06-18 23:54  nice!(1) 

nice! 1