SSブログ

感想@アニメ「四畳半神話大系」第9話:秘密機関福猫飯店*ネタバレあり [アニメ感想]

フジテレビのノイタミナ枠のアニメ
「四畳半神話大系」の感想です。
今回は第9話「秘密機関福猫飯店」です。

四畳半神話大系 第4巻(初回限定生産版)[Blu-ray]

四畳半神話大系 第4巻(初回限定生産版)[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の小説を読んでいません。


前回の感想はこちら。
第8話:読書サークルSEA

各話の感想記事のURLは、他作品と共に
こちらの一覧(インデックス)ページでまとめています。
感想記事 一覧:2010年4月 開始作品

────

お話があさっての方向に転がってしまう為、
いつも放送前にサブタイトルを見ても
一体どんな話になるのかは想像がつかないのですが、
今回は今まで以上に全く予想ができませんでした。

冒頭からまず驚きました。
以前、この“私”は
自転車整理隊によって高級自転車を盗まれていましたが
今回は盗む側になったんですね。
この毎回のお話のスライドっぷりは、本当にすごいなぁ。

とうとう、今回で第9話なので、
辻占の代金も九千円になりました。
まさに「大台に近い」!!!
次回はいよいよ一万円かなぁ。
ここ最近の回では、ほぼ強奪に近い形で
“私”はお金を奪われていますので、
果たして一万円もそうなるのかが楽しみです。



今回は、これまでの“私”が過去でやってきた要素を
全て集めてきて、再構築したお話でした。
過去のエピソードがまた出てきたのに、
上記の自転車整理隊のように、
“私”がされる側からする側になったり、
逆に、する側からされる側になったり……
更に“小津に彼女がいた”と判明するまでになりました。
(あの、“ほんわか”の黄色い彼女と小津との
ジブリもどきの映像には、夜中なのに大笑いしました)

しかも今回は、最後の最後で
“私”が四畳半の部屋に引きこもっただけで、
時間が何故か戻りませんでした。
だからこそ、今回、これまでのお話が
違う仕様でまとめられたのでしょうか??

今回、気になったのが、
いつものように
白いもちぐまんだけ失ってしまった明石さんが、
「なくなっても、必ず戻ってくるんです」と言っていた件です。
やっぱり、ただのループじゃないんでしょうか?
それと、川で師匠が発していた言葉は、
この世界の真理をズバリと突いていて、すごかったなぁ。
あの言葉を“私”が素直に聞き入れられたら、
彼はもっと楽に生きられたのでしょうが……。

今回の人生で、初めて本当の
(実存する女性の)酒池肉林を手に入れながらも、
その現状に既に飽いた状態だった“私”は、
最後、一体どこに着地するのか
──次回がとても楽しみです!


────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第10話:四畳半主義者

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-06-19 02:26  nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0