SSブログ

感想@ドラマ「NHK連続テレビ小説 ゲゲゲの女房」第8週:父の上京*ネタバレあり [NHK連続テレビ小説感想]

ドラマ「NHK連続テレビ小説 ゲゲゲの女房」の感想です。
今回は第8週(第43〜48回)の「父の上京」です。

ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX1

ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX1

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の小説を読んでいません。


前週の感想はこちら。
第7週:消えた紙芝居

各週の感想記事のURLは、こちらの一覧ページでまとめています。
ドラマ感想記事 一覧:NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」


────

サブタイトルの通り、
主人公・村井布美枝(松下奈緒さん)の父親である
飯田源兵衛(大杉漣さん)の上京が
主軸となって描かれた一週間でした。

その前に、布美枝の親友・野村チヨ子(平岩紙さん)も
上京した事が
良い“引き”になっていましたね。
あの電報はまさかお父さん!?かと思いきや、
チヨ子からだったという。
そして、深沢洋一(村上弘明さん)の会社から
鬼太郎の続編を新たに出せたからといって
裕福とはまだ程遠いのに
ついついチヨ子に見栄を張ってしまう布美枝……。
お土産なんか持たせられる経済状況じゃないのに
ついついそうしてしまう気持ちは
私にもよく分かります。
これからずっと一緒にいるなら
(それこそスープの冷めない距離に二人が住むようになるなら)
いさぎよく本当のことを明かして、
それこそ、日常のちょっとした不満や
節約レシピについて語る相談相手にできるでしょうが、
たまにしか会えないからこそ、
相手の想像を壊して、敢えて幻滅させるまでもないとして、
ついつい見栄を張っちゃうんですよね。
結果的に、布美枝は、
ちょっと良いところを見せようとして
チヨ子にも、父親の源兵衛にも
嘘を吐いた事になってしまいましたが
これはもうやむを得ない事だったと思います。



その源兵衛の上京について。
村井茂(水木しげる/向井理さん)のサイン会が
とりあえず盛況でしたので
思っていたよりも“台風”じゃなかったなぁ
(源兵衛が怒りの暴風雨や雷を落とさなかった)と思いきや、
金曜日の放送(第47回)で、
サクラの件が彼に知られてしまいました。
そりゃ……あの状況で源兵衛が怒るのは当然ですよね。
布美枝が言っていた通り、彼は何も知らないんですから。
それに、
ボロボロの水木家を見てびっくり
→「なんだ、漫画家としては割とやるじゃないか」と、
茂に対する評価を再び上げたところだったので
源兵衛は余計に頭に来たんだと思います。

また、このシーンでは、
漫画家としての茂を低く見ようとした源兵衛に対して、
布美枝が涙目になりながら
「うちの人は……本物ですけん」反論しました。
源兵衛は呆然としていたようですが……
私はこのシーンを見て、
「あぁ、もう布美枝は
“飯田源兵衛の娘”ではなく“水木茂の妻”なんだ」と
当たり前のことを改めて実感しました。
あの時は、布美枝が茂の肩を持つ状況でしたので
妻/嫁としての彼女の立場が強調されるのは当然ですが、
彼女はもう自立をして家庭を持っているんだなぁと
しみじみと感じました。



そして、今週は、親と子のお話でもありました。
こみち書房の 田中美智子さんが抱える悲しい事情と、
女性に振られた事を引き摺る小林青年の擬似親子関係は
素敵だなぁと思いました。
挽肉を練りながら、
ハンバーグと肉団子のどちらが良いかを尋ねる美智子さんと、
それを話半分に聞きながら
漫画を夢中になって読む小林青年
──どこででもよく見かける親子そのものでした。

そして、本物の親子──源兵衛と布美枝。
源兵衛が、「親を頼りにしてはいけん」と布美枝に言いつつ
「化粧品でも買え」と言って、
ティッシュに包んだ?お金を渡すシーンでは
私も泣きそうになりました。
私も、父親からこうやってお小遣いを貰ったなぁ。
厳しい事を言いつつも、
親にとって、子供はいつまで経っても子供なので、
心配せずにはいられないんでしょうね。

自宅に帰ってからの源兵衛の言葉にも、
布美枝を大事に思う気持ちがよく表れていて
大変良かったと思います。
また、実際に鬼太郎の漫画を読んでみて、
出版社の榎本が言っていた事は本当だったと納得できたのか
漫画を認める発言を進んでしていたのが
微笑ましかったです。

次週も楽しみ!



ところで、
こちらのスタッフブログさんで発表されていましたが
NHKドラマ スタッフブログ
ドラマのサントラが発売されるそうです。
凄い人気だなぁ。
NHK連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 オリジナル・サウンドトラック

NHK連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2010/06/16
  • メディア: CD

実際、とても面白いドラマですので
視聴率の高さにも頷けます。


ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX1NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」オリジナル・サウンドトラックゲゲゲの女房—連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)NHK連続テレビ小説 ゲゲゲの女房〈上〉ゲゲゲの女房



────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第9週:私、働きます

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-05-22 23:47  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。