SSブログ

感想@アニメ「RAINBOW-二舎六房の七人-」第7話:Determination*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「RAINBOW-二舎六房の七人-」の感想です。
今回は第7話(CRIME7)「Determination」です。
以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の漫画を読んだことはありません。


前回の感想はこちら。
第6話:Trurh

各話の感想記事のURLは、他作品と共に
こちらの一覧(インデックス)ページでまとめています。
感想記事 一覧:2010年4月 開始作品


────

マリオ(水上真理雄/小栗旬さん)と話していた看護婦さん
──小池節子って、
女優の貫地谷しほりさんが声を当ててるんですね。
小栗旬さんといい、貫地谷しほりさんといい、
よりにもよって
こんな作品で声優さんとしてのお仕事をするなんて
チャレンジャーだなぁ……。
でも、このアニメはとても面白いですし、
声も合っているので、
結果的には成功した(プラスになった仕事)と言えると思います。



さて、以前から死にフラグが立っていた熊谷看守が
亡くなったと、新聞にありました。
飲酒した上で水死って…… orz
見た瞬間に、私にも、
彼はまず間違いなく殺されたと分かりました。
無理に酒を飲まされた上で、
車の運転席に座らされたのでしょうか。
石原看守が熊谷さんをこんなに簡単に殺せたのに、
アンチャン(桜木六郎太 )を殺せないのが、ちょっと不思議です。
それだけ怨みが強い
=簡単には殺してやらないというつもりだったのでしょうか。

そして、今回の放送に限っては、
石原より佐々木の方が、立場が上っぽかったのが
ちょっと意外でした。
私は、てっきり二人は対等の関係だと思っていましたので……。
なさけない石原の顔を見られたのは、嬉しかったですが、
アンチャンの状況が相変わらず最悪なままなのが
物凄く不安です。
佐々木が言っていたように、あれじゃ、
アンチャンの意識はほとんどないでしょう。

それにしても、節子は、
あんな病院、とっとと辞めた方が良いですよね。
まず大丈夫でしょうが、
なんだか節子まで変な事に巻き込まれそうで、
見ていてヒヤヒヤします。
怖いです。


最後、一本の煙草を
二舎六房に残された六人が回して吸っていたシーンは
良かったなぁ。
でも相変わらず、アンチャンは死にそうで、
バレモトの作戦は上手くいっても、
最後の最後で駄目になる気がします。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第8話:Freedom

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-05-20 03:24  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。