SSブログ

感想@アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIRT」第56話:大総統の帰還*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIRT」の感想です。
今回は第56話「大総統の帰還」です。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 15(完全生産限定版) [Blu-ray]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 15(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の漫画を読んでますので、
まだアニメ化されてない部分に記事で触れている場合があります。


前回の感想はこちら。
第55話「大人たちの生き様」

各回の感想は、下記の一覧ページにてURLをまとめています。
アニメ感想記事 一覧:鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIRT


────

サブタイトルの通り、今回は
大総統──キング・ブラッドレイのターン!でした。
戦闘シーンには迫力があって、大変、見応えもありましたが、
全体的なテンポは一時期より遅くなったように思えます。
やはり、アニメが原作に追い付いてしまったからでしょうか。
もう次回〜次々回ぐらいから、
単行本の最新刊(第25巻)の内容になりますよね。
この分だと、
6月で原作の連載が終了→7月に当アニメが終了
→秋冬に単行本の最終巻が発売
……という流れになるのかな。

Aパートのホーエンハイム対お父様の戦いも
とても面白かったです。
お父様が、
皮袋(人間の身体)を無くしても生きていられるようになってるなんて
反則技ですよね。



さて、列車爆破事故から生還してきた
キング・ブラッドレイ(ラース)。
反乱軍は、ブラッドレイ大総統に対して
「あわよくば死んでいてくれ」と思っていた上で、
自分たちは彼側の人間だと表して戦ってきましたから、
マリア・ロス達が秘かに話していたように
非常にヤバい立場になっています。
大総統夫人が、夫の無事を知って心の底から安堵し、
息子のセリムの心配までしている様が
真相を知らない人々の象徴のようで、
おかしく思えた反面、
これが大多数の民衆の現実なんだよなぁと、
私は見ていて少し虚しくなりました。

しかも、ブラッドレイ大総統が帰ってきただけで
一気に戦況が変わってしまいました……。
今回、途中からグリードが参戦しましたが
もし彼がいなかったら
あっという間に正門が制圧されていたはずです。



終盤に助っ人として登場したフ−は
いつになく格好良かったなぁ。
グリードさんとの遠慮のないやり取りも
見ていて微笑ましくなりました。
だからこそ、次週の放送において、
フ−とバッカニア大尉が亡くなるのを思うと
残念で残念でたまりません。
また、バッカニア大尉の死そのものも悲しいですが、
その後において、
この一報を知った時のアームストロング少将(オリヴィエ)の反応が
強く淋しいものでしたので、
それをアニメで見るのかと思うと辛くなります。

そして、ここまで来たという事は、
マスタング大佐の失明まであと少し!なんですね……。
こちらは、原作の漫画の展開において、
ここ数年で一番、私が驚かされた内容なので
楽しみ──でありつつ、
やはりアニメで見たら
深いショックを受けてしまうんだろうなと思っています。



全然関係ない話ですが、
私はBASARA2のファンで、豊臣軍が大好きなので、
ハガレンが終わった直後にBASARAのCMをまた見られて
嬉しかったです。
ζ・×・ζ人ミ`・ω・´ミ ぽよとみ軍バンザーイ!





────
感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第57話「永遠の暇(いとま)」

宜しければ、合わせてご覧下さい。


2010-05-10 23:56  nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。