SSブログ

感想@アニメ「閃光のナイトレイド」第4話:カメラと包子(パオズ)と野良猫と*ネタバレあり [アニメ感想]

テレビ東京の“アニメノチカラ”プロジェクト第2弾
アニメ「閃光のナイトレイド」の感想です。
今回は第4話「カメラと包子(パオズ)と野良猫と」です。
以下の記述にはネタバレがあります。


前回の感想はこちら。
第3話:ビッグフォーに影は落ちる(狙われたビッグフォー)

各話の感想記事のURLは、他作品と共に
こちらの一覧(インデックス)ページでまとめていきます。
感想記事 一覧:2010年4月 開始作品

────

ううん……今回はビミョーだったかなぁ。
つまらなくはなかった──けれど、
紛失物(フィルム入りのバッグ)に野良猫が絡むのは
サブタイトルでネタバレしていますしね。
こちらの作品は
Bパートの終わり(EDの直前)にサブタイトルが出ますが、
前回放送の次回予告の時点で
この題名もばっちり出ている事から、
“見ないようにする”のは難しいですし……。

猫に振り回されるドタバタ劇は
短かったけれど面白かったですし、
最後の猫の写真も良かったけれど、
全体的に作画があまり宜しくなかったのと、
Aパート前半の撮影大会がビミョーだったのと
今回は中国娘・風蘭の台詞がやたら多くて
聞いていて耳と脳が疲れたのを差し引くと、
プラスマイナスゼロか、
面白かった方に評価の数字が少し残るかなぁという感じです。
写真大会と苑樹雪菜の尺をもっと減らして
猫の追跡劇をもっと長くすれば
更に盛り上がったのになぁと思いました。
他のシリアス回と比べると
確かに今回はギャグ回なのでしょうが、
「ギャグ回です」と胸を張って言えるほどは
面白くなかった気がします。

でも、思わせぶりな台詞やエピソードが無かったので、
以前の回よりも、見ていて気楽でした。
もう、雪菜のお兄さん関係はどうでもいいから
毎回ずっと、こういう些末な事件を
四人の特殊能力でもって
解決するお話でもいいかなと思いました。



猫の通る道を追うのも、猫の考えを読むのも、
普通の人はまずできないのに
三好葵と伊波葛はそれぞれやってのけちゃったのが
おかしかったです。
それと、最後に猫の写真を持ってきたのが葛だったのも。
どちらかというと
ああいう被写体は葵の方が選びそうだと
私は勝手に思っていたので、
葛だったのは意外に思えました。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第5話:夏の陰画

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-04-27 23:45  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。