SSブログ

感想@ドラマ「王様のレストラン」第7話:笑わない客*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

ドラマ「王様のレストラン」の感想です。
今回は第7話「笑わない客」です。

以下の記述にはネタバレがあります。
今回のフジテレビの再放送にあたり
ほぼ初見状態で視聴しました。


前回の感想はこちら。
第6話:一晩だけの支配人

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめていきます。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴

────

最後の二つのオチ(SP予約とマーシーの表紙)が
物凄く効いているお話でした。
それでなくても、中盤までの不満が
マーシーの一言(なにげに赤ちゃんプレイww)を機に、
終盤で昇華する展開ですので、
見ていてニヤニヤしちゃいます。

だからこそ
終盤での千石武さん(松本幸四郎さん)のキメ台詞
「とんでもございません」は、
正しく「とんでもないことでございます」と
言ってほしかったなぁ。
他の回でも千石さんはこう言っていたので
三谷さんの誤用なのでしょうが、
他の登場人物ならともかく、
マナーに人一倍煩い千石さんだからこそ
(そして、ここでこう言うのが見せ場だからこそ)
正しい日本語を使ってほしかったです。



それと、料理があんまり美味しそうじゃないのが
気になりました。
最初の皿(と、もう一度作り直した皿)は
舌平目のクリームソース煮っぽい感じでしたが、
周りに浮かべた星★☆の飾りには
失笑してしまいました。
ファミレスや、
一皿千円代ぐらいのお手頃価格のビストロならともかく
普通のフレンチレストランでこの盛り付けが出たら
客を馬鹿にしているのかと言って
怒ってもいいレベルじゃないかと……。
デザートのソルベも、やたら安っぽかったなぁ。
尤も、デザートは、
パティシエの稲毛成志(梶原善曰さん)曰く
「オレはしずかと違って凡人」だそうなので、
凡人臭さが出ているという点では、成功していたのかもしれません。
フランス料理にも、一応、流行りみたいのがありますが、
この盛り付けは、このドラマが放送された当時も
“なかった”だろうなと、思ってしまいました。



でも今回、マーシーもとい三条政子さん(鈴木京香さん)が
ビシッと言ってやった事で、
磯野しずか(山口智子さん)が「お……!」という感じで、
彼女を見直すようなシーンがあったのが、大変良かったです。
以前の、梅干のカクテルの話もそうでしたが
犬猿の仲だった二人が徐々に近づいていくのを見るのは
とても楽しいです。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第8話:恋をしたシェフ

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-04-14 18:05  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。