SSブログ

感想@ドラマ「警部補 矢部謙三」第1話:史上最凶のテロリスト 救え!1200万の命*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

人気ドラマ「トリック」シリーズのスピンオフ作品
「警部補 矢部謙三」の感想です。
今回は初回の第1話(エピソード1)
「史上最凶のテロリスト 救え!1200万の命」です。

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は、「トリック」シリーズを一通り見ています。


各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめていきます。
テレビドラマ感想一覧:2010年春 放送開始作品

────

こちらは、人気ドラマ「トリック」のスピンオフ作品という事で、
登場人物の一部が本編とかぶっているのは勿論の事、
演出や使用される音楽(BGM・効果音)まで一緒でしたので
見ていると、お話そのものを楽しむ事以上に、
いかにこちらが「トリック」本編と繋がっているかを味ったり、
懐かしさを噛み締める方が強かったです。

かつては矢部謙三(生瀬勝久さん)の部下だった
菊池愛介(姜暢雄さん)が、
今や立派になって……いえ、少しも立派じゃなかったですが
とりあえずキャリア組らしく出世し、
警察での立場としては、完全に矢部の上になっていたのが
シリーズものの醍醐味だなぁと思いました。

「トリック」の主人公・山田奈緒子が住むアパートの
大家さんとジャーミー君が出ていたり、
相変わらず、小道具大道具の文字ネタ
(看板やら貼り紙など)が変だったり、
そして、矢部警部補が登場するなら絶対に外せない
ヅラネタが満載だったり……と
「トリック」ファンの心はぐっと掴んでいたと思います。



ただ、「トリック」以上にネタドラマな感じがしたのは
否めませんでした。
また、お話の要所は、タイトルロールの主人公らしく
矢部がオイシイところを持っていきましたが、
捜査などでは
庶務課の桂美晴(貫地谷しほりさん)の出番・活躍が多く、
これではダブル主人公のようだなと思えてしまいました。
矢部が適確な捜査をしないのも
(遊びながら電話での報告を受けるシーンがあるのも)
ドラマ「トリック」ならではだと言えなくもないですが
もう少し、捜査の面で矢部の活躍を見たかったです。

それと、ミステリの部分がなんだかなぁと
思えてしまいました。
小ネタを見つけて楽しんでいたら本筋が終わってしまった
……というぐらい、お話の根幹が希薄だった気がします。
小ネタ以外の部分で、意外性や興奮を
もう少し味わいたかったです。
(とはいえ、「トリック」本編の強引な展開にも無理があるので、
お話が「トリック」化するのは避けて頂きたいです)
こちらは、特に“ミステリ”とは謳ってませんので、
タイトル通り、矢部の行動が見られれば良いのかもしれませんが、
死体が登場して、それにまつわる話である以上、
ミステリでの面白さを強化してもらえたら有難いなと思いました。



ところで、旅館の入口が
山田奈緒子の母親の家の玄関と似てた気がするんですが
思い違いでしょうか?
使い回ししていたら面白いなぁと思いながら
見ました。





────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


2010-04-11 21:23  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。