SSブログ

感想:ドラマ「曲げられない女」第3話「強情娘とガンコ母の最後の対決」*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

連続ドラマ「曲げられない女」
第3話「強情娘とガンコ母の最後の対決」の感想です。
以下の記述にはネタバレを含みます。

前回の感想はこちら。
第2話「女の本音…お金は欲しいわよ!」

各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:2010年冬 放送開始作品(1月〜)


────

今回は、荻原早紀の母親を
無理に病院から連れ出して、
学校の教壇に立たせようとするドタバタが
メインだったので、
その後の結果や、「我死すともいいとも」の解釈も含めて
どうかと思っていたのですが……
さすがに最後の展開にはホロリときました。

早紀のお母さんが、娘にお別れを言うのではなく、
藍田光輝と長部璃子に娘を頼んだのが、良かったなぁ。
なので、藍田署長もお葬式の時にガツンと言ってましたが、
元カレである坂本正登が
早紀が一番大変だった時には来ないで、
こういう時だけ来て──皆の前で婚約者面をしたのには
さすがにムッとしました。
あそこで藍田署長がちゃんと怒ってくれて良かった!
その後のビミョーな変化
(恋人とのセックスで勃たなかった??)は
まだ恋かどうかが確定してないので
その後のお話待ちですが、
これで、私の中で藍田署長の株がグッと上がりました。



藍田署長は、キャリア組らしく
お父さんが省内でも偉い人なんですね。
お荷物扱いになってて笑いました
……というか、あっさり新潟に来ちゃって凄いww



そして、未だに早紀に見栄を張っている長部璃子ですが……
新潟から帰ってきてからの会話を見る限り、
義母は、明らかにわざと子供を奪ってますよね。
「こんなに早く帰ってきたの」って凄い嫌味だ。
酷過ぎるww
私が彼女と同じ立場だったら、
やっぱり義母を「クソババア」と思うと思います。

でも、気になったのが娘の反応です。
嫁と姑の確執を知らないであろう子供達は、
長部璃子に対してちゃんと懐いてもおかしくないのに、
ああやって義母だけに懐いているのを見ると……
彼女なりに淋しさを抱えている反動なのか、
それとも、義母に余計な事を吹き込まれているのかなと
思いました。
長部璃子が、彼女なりに頑張っているのに
家族の誰もが応えてなくて、かわいそうでした。
あの、メールの着信がどちらからも無いのは
見ていて辛かったです。
義母はともかく、夫には文句を言っても良いと思います。



元カレとはビミョーな関係だし、
なんだかんだいって心の拠り所だった母親を亡くすし……と
踏んだり蹴ったりの早紀ですが、
そうなる前に良い友達が二人もできていて、
今さらですが、良かったなぁと思っています。

そして毎回毎回、早紀がチーズを我慢していますが、
司法試験に落ちた回数を踏まえると、
彼女は大好物のチーズを
9年以上は我慢しているかもしれませんよね。
大変です。







────
感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


続きの感想はこちら。
第4話「殴る女…一人ぼっち同士の友情」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-01-27 23:22  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。