SSブログ

感想:ドラマ「曲げられない女」第2話「女の本音…お金は欲しいわよ!」*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

連続ドラマ「曲げられない女」
第2話「女の本音…お金は欲しいわよ!」」の感想です。
以下の記述にはネタバレを含みます。

前回の感想はこちら。
第1話「男?仕事?夢?貫く私の究極の選択! 絶対幸せになる」

各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:2010年冬 放送開始作品(1月〜)


────

今回も面白かったです。
一時間の放送があっという間だったなぁ。

まずは主人公の荻原早紀(おぎわらさき)について。
電話で母親と会話をしながら
コンセントを引っこ抜いたり、保存食用のタッパーを触っていたりと
二人がほぼ同時に同じ事をしていたのが面白かったです。
曲がった事が嫌いな早紀の性格は
これまでの人生において
彼女自身が培ってきた事とはいえ、
生活の根本的な事では、
“この母がいてこの娘がいる”事が強調されていて
良いシーンだと思いました。

弁護士のドラマにおいて、
依頼人を守る事が必ずしも正義にならない話や、
今回のように、悪に飲み込まれてしまう話が入るのは
もはや定番ですので
これと言って珍しいとは思いませんでしたが、
会社を辞めた主人公が経済的に恵まれておらず、
その後、会社に復帰しなかったのは、目新しかったです。
冗談抜きで、早紀は収入が無いのに
この先どうするんだろうと思ってしまいます。
まぁ、マンションのお家賃も相場より安い事ですし
他のアルバイトで頑張って稼ぐのでしょうが、
仕事をしながら学べるパラリーガルと違い、
仕事で生活が押しつぶされそうな気がします。
早紀には、この危機を何とか乗りこえてほしいのですが
どうなるのかが想像できないのが
逆に面白いです。

でも、あの事務所の所長と早紀は
前回のやり取りも含めると、
どう考えてもウマが合わないので、
いつか来る話が今回来たと考えられなくもないです。
また、恋人の弁護士とは
これで本当に終わったかなぁと思いました。
なんていうか、人間的に相手を尊敬できなくなったら
恋愛感情も冷めますよね。



さて、長部璃子。
私の大好きな永作博美さんが演じられているので、
彼女にはついつい注目してしまいます。

璃子自身が本当は器用に生きられないからか、
自宅での居場所をすっかり奪われちゃっているのが
かわいそうでした。
本当は、ちゃんとできなくても家事をしたいし、
子供の面倒も見たい、
旦那に愛されたい&旦那を愛している人なんですよね。
でも、家に居場所がないから
したくもない買い物をして、
自宅のクローゼットの中を、
開封すらしない商品で埋めているんですね。
そんな璃子には、
弱いところをいっぱい抱えている早紀にちょっかいを出す事が
良い暇つぶしになっているようで……。
根本的な解決になっていない以上、
早紀に対する璃子の干渉は、
不毛な行動でしかないのですが、
当面はこのまま、憂さ晴らし&暇つぶしとして
利用し続けるんでしょうね。
今のところは、早紀の頑なシャッターを開ける一因として
璃子も彼女の役に立っている……?という状況が
続くのかなぁと思います。

でも最終的には、絶対、
璃子も早紀に助けてもらって
自分の問題を直視する&戦うんだろうなと、予想しています。
いつか、「お義母さん、この子達の母親は……私です」の先の言葉を
ちゃんと言えるようになると良いですね。
今回は、早紀もそうですが璃子も痛々しかったなぁ。
問題は分かっているのに解決できない辛さが
お話からよく伝わってきました。



藍田さんに対して、私は、
「もっと仕事しなよww」と思っていたので、
彼の制服姿を二回も見られて良かったです。
やはり谷原さんが演じられているだけあって
イケメンさんですね。
凄く格好良くてステキでした。
見愡れました。
コスプレ風とも思わないでもなかったですが、
もっと見たかったです。



次回は三人で、早紀の故郷に帰るんでしょうか。
あ、でも、璃子と早紀は同窓生だから
女二人にとっては帰省になるのかな。
藍田さんが、一体どんな理由をつけて
この二人にくっついていくのかが、今から楽しみです。







────
感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


続きの感想はこちら。
第3話「強情娘とガンコ母の最後の対決」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-01-21 09:16  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。