SSブログ

感想:機動戦士ガンダム00セカンドシーズン第19話「イノベイターの影」再放送*ネタバレあり [ガンダム00:アニメ感想]

ガンダム00セカンドシーズン再放送の感想です。
今回は、第19話「イノベイターの影」の簡単な雑記&感想です。
ネタバレを含みます。


*日曜午後5時の本放送時も感想を書いていました。
その時の感想はこちら(非常に長文です)
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-02-15

前回の第18話「交錯する思い*再放送」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-07-30-1


ガンダム00のアニメ感想記事のURLは
ドラマCDやゲーム等の感想記事と合わせて
こちらの一覧ページでまとめています。
機動戦士ガンダム00:アニメ・CD・ゲーム感想一覧



────

今回は、戦闘+精神世界での沙慈とルイスの対峙という
二本立てになっています。



まずは戦闘。
私は、トレミー組の目線で物語を見ているので、
今回の戦闘はとても好きです。
ガンダムが優位に立てている戦闘は
やっぱり見ていて楽なので……。
各機体にしても、
・ダブルオー:ヒリング機を圧倒
・アリオス:ハレルヤ登場
・ケルディム:シールドビット
・セラヴィー:隠し手&セラフィム起動
と、それぞれに見所が与えられています。
特にセラヴィーは、
バズーカの口をガデッサと向けあって攻撃するという
非常に面白い事をやっています。

確か、セラフィム起動時は、
ティエリアはセラフィムを操縦するんですよね。
残されたセラヴィーがちょっと間抜けなのもかわいい。
そしてそして、GNまりも状態でのトランザム
+ビームサーベル六本での攻撃は、格好良いなぁ。
ギミックが豊富にあるので
セラヴィーの戦いは見ていて飽きないです。
同様に、ケルディムのビットもいい……!
シールドビットには浪漫を感じますw



そして、沙慈とルイス。
ここで沙慈がルイスを取り戻すのは、
状況的に、どう考えても難しいので、
本放送時はちょっともどかしい思いをしたのですが、
最後まで見た後でこの回を振り返ってみると、
その時に思っていたよりもこの回には深い意味があるなと
今さら気付きました。

ご存知のようにこの回では、
沙慈もルイスも、自分の望みを口にします。
そしてその望みは、お互いに
相手の望みを否定する内容になっています。
(沙慈はルイスを連れていきたいけれど、彼女に断わられている。
ルイスはこのまま戦いたいけれど、沙慈に止められている)
その上で、先に一歩近寄った沙慈がルイスの銃口を塞いで
彼女を抱き締めます。
銃口を、反論するルイスの口や、彼女の攻撃心に喩えると、
このシーンでの沙慈の行動の通り、
彼がそれを押さえている事になっているのが面白いです。
そして、あとちょっとで沙慈がルイスの心を開けるかもしれない
──という時に、小熊もといアンドレイの邪魔が入るのですが、
それまでに一応の会話が成立しているからこそ、
第24話で実際に会えた際に、
あれこれと会話を交わさずに済むようになっています。

このセカンドシーズンの終盤では、
生き残ったキャラクターが多いせいで、非常に目まぐるしく、
数秒経ったら次のキャラというシーンも珍しくないです。
そうした中で、沙慈とルイスの再会劇をちんたら行なっていると、
話の流れが悪くなるので、
そうした“長くなりそうな重要な事”を
この段階で終わらせておくのは大きいと思いました。

一応、第24話も念のために見直してみたら、
本当に再会できた際は
本能でぶつかり会ってるんですね、この二人……。
ルイスは金目ちゃんになっていて
沙慈の首をいきなり締めています。
普通の話なら、こうして直接会った際に
帰ろう/帰らないといった会話を交わすでしょうが、
沙慈とルイスの場合は、
この第19話で抱き締めた後の事を沙慈がするだけ
──という状況になっています。
話の組み立て方が、さすがにお上手でした。



そして、Bパートの終わりでは
セラフィムに捕まったリヴァイブが出てきます。
ヘルメットを取った時から
リヴァイヴは金目バリバリの状態なので、
この時は既に、操縦席にいるアニューに
脳量子派を送っているんですよね……。
ライルには宜しくない予感があったとはいえ、
考えたくない未来がこんなにも間近に迫っていたとは
彼も思ってなかったと思います。
次回は、
ここからの話をライルは一生忘れないんだろうなと思いながら
視聴しようと思います。



Cパートでの王留美の死亡?シーンは、
「あぁ、初めて見た時は大騒ぎしたなぁ」と
懐かしく思いながら見ました。
唐突にこのシーンがあったので、初見の時はびっくりしました!!!
この時の王留美には
トレミー組にヴェーダの所在位置を知らせるという
重要な役目があるので
ここで彼女が死んだら面倒臭い事になるのですが、
彼女+紅龍だけに焦点を絞ったら
ここで二人とも亡くなった方が
話はきれいにまとまったかなと思いました。





────
感想は以上です。
ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


続きの第20話「アニュー・リターン」*再放送の感想も書きました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-08-19-1

宜しければ、合わせてどうぞ。


2009-08-06 03:57  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。