SSブログ

感想@アニメ「東のエデン」第9話:ハカナ過ギタ男*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「東のエデン」第9話「ハカナ過ギタ男」の感想です。
ネタバレを含みます。

東のエデン 第5巻 (初回限定生産版) [Blu-ray]

東のエデン 第5巻 (初回限定生産版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: Blu-ray


前回の第8話「あらかじめ失われた道程をさがして」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-29

各回の感想記事は、他作品と共に
下記の一覧ページにてURLをまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-31-6


────

今回もタイトルが駄洒落でした。
「儚い」と「(ズボンを)履かない」が引っ掛けてられていました。
タイトルと一緒に出た絵は、私の見間違えでなければ、
人魚の格好をしたパンツ君でした……。
ちょっとどころか、かなりきつかったです。



さて、アバン。
前回の放送で、パンツくんは、
自宅から出ない理由としてズボンの紛失を挙げてましたが、
本当にそうだったとは。
ただ、都合良く現われた理由を挙げて行動しないのは、
それがその人にとって本当にやりたくない事である証です。
パンツくんは、本当にあの家を出たくなかったんだなぁ。
滝沢に電話を掛けようとして家を出た際も、
相当迷った末……というか、
彼は心の中の自分に踏ん切りをつけた上で、出ていきましたよね。



「ノブリス・オブリージ」という単語が出てきました。
これまでにも何度となく放送内で出てきた言葉ですが、
「持てる者の義務」という訳を聞くと、本当、
それが重い責務なんだなぁと実感します。
これは作品の造語ではなく
元からある言葉なんですね。
ウィキペディアのURLを貼っておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5



パンツくんの協力で
ノブレス携帯の過去のデータを見ていった滝沢。
その前にあったセレソン同士の電話も含めて、
日本にミサイルが撃たれたのはセレソンの一人の仕業だと判明しました。
滝沢がどうやら英雄だったらしいのが分かったのは、大きな収穫でしたが
パンツ君が外に出てまで滝沢に伝えたかった事ってなんでしょうか。

……パンツ君の死は、とてもショックでした。
滝沢達が去った後、不穏なカット&音楽がずっと続いていたので、
「死にそう死にそう」と思っていましたが
本当に亡くなってしまうとは。
真実に近付き過ぎた部外者が排除されるのは、話の定番ですが……。
ノブレス携帯の解析を見て興奮するパンツ君の様子は、
その後に起こるであろう悲劇を予兆させていたので、
見ていて辛かったです。
また、車に轢かれたパンツ君が水路に身体がハマってしまってからも
口をぱくぱくと動かせる程度にまだ生きていた描写が非常に生々しくて、
私は見ていて顔を歪ませてしまいました。

パンツ君の最期に身体の上に落ちてきた花は、椿でした。
椿は花がああやってポトッと落ちる事から
頭がもげる(首が取れる)=死を連想させる花です。
パンツ君が動かなくなった事で、彼が死を迎えたのは明白でしたが、
あの演出が加えられているのは上手いなぁと思いました。

タイトルの「はかない」が表わしていたものは、
パンツ君の命の儚さであり、
パンツ一丁だったせいで履かなかったズボンだったんですね……。



「ニート=一人一人が自発的に行なったテロ行為」という
滝沢の言葉が印象的でした。
以前の回でもそうでしたが
この作品ではニートを好意的に描こうとしているようです。
でも、ニートの定義がそもそも違っていたり、
上っ面でニートと言っているだけのような気がしたりするので
(“ニート”を題材に扱いたかっただけではないか、のような感じ)
この作品でこの単語が使われる度に
私は奇妙な違和感を覚えています。



いよいよアニメ版最終回〜その後の映画に向かって
話が転がり出したかなぁという感じでした。
日本に放たれたミサイルの件は、
“何故そうしたか”という重要な部分が明かされてないので、
滝沢が彼らと対峙することで分かるようになるのかなと
期待しています。





────

感想は以上です。
お読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


第10話「誰が滝沢朗を殺したか?」の感想も書きました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-06-12

宜しければ、合わせてどうぞ。


2009-06-05 01:30  nice!(3)  コメント(2) 

nice! 3

コメント 2

kun

え~もう終わるんですね・・・・
全然解決しませんよね、これ?

by kun (2009-06-05 03:23) 

さくら

■kun様
こんにちは。再びのnice!とコメントありがとうございます。

提示されている謎や問題が本当の意味で解決するのは
多分、映画版ですよね。
もしかすると、映画でも全ては解決しないかもしれないですが……。

面白いアニメなので、終わるのが大変惜しいです。
by さくら (2009-06-05 22:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。