SSブログ

感想@アニメ「リストランテ・パラディーゾ」第6話:ある夫婦*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「リストランテ・パラディーゾ(リスパラ)」の感想です。
今回は第6話「ある夫婦」の感想です。
ネタバレを含みます。
原作の漫画は未読です。

前回の第5話「オルシーニの味」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-14

各回の感想は、下記の一覧ページにてURLをまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-31-6


────

フリオのお料理教室が楽しそうで、めちゃくちゃ羨ましかったです。
私も習いたかった!
そして、常連さん達と同様、
ニコレッタに対して「ズルい!」と思いました。



ルチーア夫婦の最後のオチ(仲直りの食事)に繋がる展開は
お見事だったと思います。
ルチーアとジジの食事も、彼女の好みを探る点で有効的になってましたし、
何より、偶然にバーで出会った皆が
彼ら夫婦の仲直りの場を提供するというのが、見ていて爽快でした。
素敵だなぁと思いました。
好きな人と美味しいものを食べたら幸せになれるのは確実ですが、
選んだお店があのレストランなら、
余計にそうなれるんだろうなと想像してしまいました。

そのルチーア。
旦那さんの浮気をねちねちと責める為に挙げたたとえ話が、
聞いていてめちゃくちゃ怖かったです。
あのタイミングでワインを割ったのは凄いと思います。
見ていた私もビビりました。
あの後、いくら「欠片は入ってないわよ」と笑顔で言われても
あのパスタを平然とは食べられないですよね。
そういう、小心者・素直っぽい点も含めて、
ルチーアはあの旦那さんを憎めないでいたのかもしれません。
本気で嫌がっていたら離婚も視野に入れていたでしょうが、
あの様子ではどう見ても、
そこまではしたくない感じでした。
それは、ルチーアが旦那さんを心から愛している事と
旦那さんも(浮気はするけれど)
自分を一番愛しているはずだとの自信があったからだと思います。



タイトルに“夫婦”とありますが、
私には、情に厚いイタリア男の様を描いた回だったように思えます。
女性に対しては絶対に無碍な態度を取らない
──愛想良く立ち振る舞う点に対して、
ルチーアの旦那さんもヴィートも同じですが、
妻を軽んじている前者に対して、
後者は妻を大事にしている事すらに女性受けていたところが
面白いなぁと思いました。

そりゃ、女の視点で男を見れば、同じ妻帯者なら
浮気をしまくった結果、奥さんを蔑ろにする旦那さんより、
「奥さんが一番」と公言しまくる旦那さんの方が魅力的に見えますもんね。
そこがヴィートのモテる理由になっていたのも、
お話として好ましかったです。



次回は、全然進展が無かったニコレッタの恋?に
ちょっとだけ動きがあるみたいです。
クラウディオは紳士ですから
ニコレッタがどんなふうにエスコートされるのかが楽しみです。



────

感想は以上です。

────
続きの第7話「特別な一日」の感想も書きました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-28

宜しければ、合わせてどうぞ。


2009-05-21 02:46  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。