SSブログ

感想@BLCD「その唇に夜の露」*ネタバレあり [BLCD感想]

BLCD「その唇に夜の露」の感想です。

1.jpg

キャストは
和田琢紀:遊佐浩二さん
若江恭一:森川智之さん
若江恭一(中学生時代):梶裕貴さん  です。

下記の感想にはネタバレを含みます。
また、ボーイズラブというジャンルの作品である以上、
感想にもそういった単語・表現があります。
原作の漫画は未読です。


BLCDの感想記事のURLは、他作品も含めて
こちらの一覧ページでまとめています。
BLCD感想一覧


────

BL作品についての私の嗜好をまとめてあります。
個人的嗜好のせいで、感想=正しい評価とならない時もありますので
その目安にして下さい。
【初めにお読み下さい*BLCD感想について】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-04-08-2



な……生々しかったです。
そしてエロ!!
森川さん×遊佐さんという表記を見ただけで
安心して聴けましたが
やっぱりエロかった。ドキドキしました。

メインである青年時代のセックスも濃厚ですが
少年時代も凄いですねー。
というか、痛がり方が半端ないので、
聴いていて申し訳ない気分になりそうでした。



フリートークも含めて作品を聴き終えた後、
納得したんですが
原作は深井結己さんの漫画だったんですね。
この作品の漫画は読んでないのですが、
私の家には、この作家さんの単行本が数冊あります。
「祈る人」のシリーズが好きだったなぁ。
BL作品において
心に傷を負っているキャラクターはいっぱいいますが、
深井先生は、その関係性に痛みを伴わせるのがお上手な作家さんだと
思います。



会う回数が増える度に
(それに比例してセックスの回数も増える度に)
二人の関係性が歪んでいきます。
一応、期間限定であるのが最初に提示されているとはいえ、
その日が来た方が良いのか、いっそ来ない方が良いのか、
二人とも分からなくなっていたんだと思います。
そういう意味では、琢紀が喀血して倒れた点は
二人の関係改善の大きなきっかけになっていました。
物語を作る上で、ハプニングの到来は話を進める上で必須事項ですが
これがなかったら、琢紀も恭一も本当の思いを告げないまま、
胸にしこりを残して別れていたはずなので
本当、効果的な出来事だったと思います。

たまに出てくる方言は、聴いただけでは分かりませんでしたが、
岡山弁なんですね。
引き込み線での出来事というのも、
強姦した後で関係が途絶えていたのも、
二人にとっては鮮烈だったと思います。
忘れられない、ある種の呪いのような記憶だったはず。
それが、二人が本当の意味で結ばれた事で
幸福の記憶に変わったのは良かったです。
ラブラブではないけれど、
二人がしっかりと強い絆で結ばれているのが
伝わってきました。



これも、職業もののBLに入るんでしょうか。
バスは……
深夜の長距離バスの車内でえっち★という展開はよく見かけますが、
普通の路線バスの中でというのは、私は初めて見ました。
合間合間に入る琢紀のアナウンスに
吹き出しそうになりました。
私はバスには滅多に乗らないのですが
(出掛けた先でしか乗らない)
もし乗ったら、これを思い出して笑ってしまうかもしれません。

色んな意味で“濃い”作品でした。





────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


2009-04-17 01:09  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。