So-net無料ブログ作成

感想@CD「官能昔話」*ネタバレあり [ドラマCD・声優CD感想]

CD「官能昔話」の感想です。

6.jpg

内容は
・一寸法師:鈴木達央さん
・竹取物語:神谷浩史さん
・鶴の恩返し:井上和彦さん
・さるかに合戦:(総出演)  です。
井上さんは、プロローグの他、全体の進行役も務められています。

下記の感想にはネタバレを含みます。


BL以外のドラマCD/ラジオCD/声優さんの企画CDの感想記事は
こちらの一覧ページでまとめています。
感想一覧:ドラマCD・声優CD
(BLCDに対する感想記事の一覧はこちら【感想一覧:BLCD】)


────

タイトルだけ見ると、いやらしい昔話(笑)に思えたので、
原作をエロく改変したものかと想像していたのですが、
この作品を聴かせて下さった友達の鳥皮ゆん先生(仮名)の仰る通り、
「違った方向の」官能でした。



いやー……
初っ端のヘッドフォン(イヤホン)のくだりから、大爆笑でした。
なんか、自分が
何でも淫猥なものに変換して喜ぶ子供のように扱われている気分に
なりました。

しかも、3Dダミーヘッドマイクが使用されているのと
井上さんが美声なのが悪い方に働いて
萌えるどころでなく、もうおかしくておかしくて……!
このおかしいも、面白いというより失笑でした。

出演してらっしゃる声優さんのファンなら、
好きな人のいやらしい囁きを耳元で聴く気分を味わえるので
(言葉そのものは普通なのですが、
いやらしいものをわざと連想させるような仕様になっている)
萌えられるかもしれませんが、
声優さんに興味のない私は、失笑後、ちょっと引きました。
ドン引きまではいかないですが「ええええ」と思いました。
作り手側は洒落を利かせたつもりかもしれません。
でも、私は駄目でした。
もう笑っちゃって笑っちゃって。
その後、笑ったリバウンドが出たみたいに、呆れてしまいました。



お一人ずつ出演される3作品の内、
一番いやらしかったのは、一寸法師だったと思います。
どういう“官能”を聴けるかは
冒頭の井上さんのプロローグで分かってましたので
覚悟をしてましたが
一寸法師でその場面が来た時はもうどうしようかと思いました。
思わず「勘弁して……」と呟きたくなりました。
一寸法師=鈴木達央さん、ヒロイン=聴いている人(つまり私)
という状況なので、余計にこう思いました。

あ、でも、「鶴の恩返し」は普通に良かったです。
主人公である夫が駄目男になるだなんて忘れてたので、
新鮮味もありました。
鶴の哀れさがよく出ていたと思います。



最後の「さるかに合戦」はBL風味でした……。
神谷さんのショタ蟹!!
“かにみそ”のくだりでは、
「あなた、皆にかにみそを啜らせてたの?」と
ツッコミを入れたくなりました。
同じエロといっても、男女のそれとBLのそれは、
通常、嗜好として全然違う括りをされるので、
いきなりこれが来たのにはびっくりしました。
面白かったですが……他の作品同様、
話そのものじゃなく、くだらないエロに失笑しただけなので
評価としてあまり良い点は出せないです。



なんというか、上手く言えないのですが
全般的に“冗談”が効いている作品です。
その“冗談”を受け入れられ、萌えられたかどうかで、
この作品に対する評価が変わります。
声優さんのファンなら、このCDを買った甲斐も持てるのでしょうが、
私のようにそうでない人間で、しかもその“冗談”を受け入れられないと
終始、爆笑で終わってしまいます。
声から感じられる艶っぽさ、色気ですら、笑いに変わってしまいます。
また、耐えられない人は、本当、駄目だと思います。
最悪、「何、このCD」と叫んで怒るかもしれません。
3Dダミーヘッドマイクは確かに凄いので、
一度聴いてみれば、今後の良い話の種になるかもしれませんが、
こういうCDを買う人のほとんどが爆笑する為ではないと思うので、
好みが合わないと、ちょっと勿体ない気がします。

これから買おうとされている方がいやらしさを求めるなら、
このCDではなく、
その声優さんが出演されているBLCDを買った方がいいと思います。






────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


官能昔話2 アンデルセン童話
(井上和彦/宮野真守/遊佐浩二/櫻井孝宏)の感想も書きました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-09-05-3


2009-04-08 21:26  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。