SSブログ

感想@コードギアス 反逆のルルーシュR2 第18話 [アニメ感想]

テレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュR2」
第18話の感想です。

ネタバレがありますので、これから見られる方はご注意を。



────
後半、午後五時二十分辺りから涙ぐんでしまいました。

スザクが 戦場に出る際に
フレイヤを打つ・打たないという会話が出ていたので
今回は打つんだろうなぁという予想はほんのりとありましたが
まさか本当に打つとは。
しかもスザクは、ルルーシュがかけた「死ぬな」というギアスのせいで
無意識にフレイヤのボタンを押した(大量殺戮を犯した)
ことになるので、
スザク自身が背負い込むものも更に大きくなるけれど、
彼のルルーシュに対する責任感(「ルルーシュをどうにかしなきゃ」とか)や
憎悪も強くなったような気がします。



フレイヤは、
以前の実験での描写や、キャラクターの会話での匂わせ方から
核爆弾を暗に示しているのかと思っていたのですが、
今回の放送を見た限りでは、
多くの人々を一斉に殺してしまう点では同じですが、
核のようにじわじわと広がっていったり
放射能といった二次被害もないみたいですね。
効果が届く範囲内のものをきっちりと削り取る(消滅させる)爆弾
──という感じでしょうか。
戦場でさえも人を殺すことに躊躇いを覚えていたスザクが
結果的に多くの人を……しかも民間人までを殺す羽目になったとは
何とも皮肉な話です。

……というか、惨過ぎる。
スザクがかわいそうだ。
どこまで彼は業を背負い込めば許されるんでしょうか。
このコードギアスという作品の着地点もそうですが、
一体何を狙って話が作られているのかが、私にはさっぱり分かりません。
単なる娯楽と切り捨てるには、
キャラの扱いに悲しいものを感じます。
勿論、こう感じる理由には
ユフィやシャーリーの死を含んでいます。



凄く好きだったギルフォード卿が亡くなったのも
私にはショックが大きかったです。
ただ、最期までルルーシュを「姫様」と間違っていたことから
大好きなコーネリア姫を守り切れたことでホッとしてるのかもしれません。
あの、通信エラーになるシーンは泣けました。

そして、朝比奈さんも亡くなりましたね……。
是非、ルルーシュの秘密を暴いて藤堂さんに進言してほしかったのに。



ナナリーは「死んだ」とされてますが、どうなんでしょうか。
話の作り方から言えば、
ナナリーはルルーシュの行動動機である存在なので、
最終的に死んでしまうとしても、そうなるのはまだ早い気がします。
ナナリーが生きていれば、サヨコさんも生きているのかな……と
一縷の望みに掛けます。
でも、マリアンヌ殺害事件以降、目を開けてないらしいナナリーが、
瞼を開けたら実はギアス能力者だった……という展開は嫌です。
そのギアスのお陰でナナリーやサヨコさんが生きていたとしても、
それが理由なら喜べません。
物語がこれ以上なく破綻してしまうので。
寧ろ、サヨコさんがオレンジと対決した際に見せたような
体術やら忍術やらを不思議な感じで発揮して
彼女自身とナナリーを守ってくれたら良いのに。

ロロは生き残ってましたね。不思議だ。
どうして生きているのかが分かれば
ナナリーたちが生存している可能性が強くなるのですが。
ロロは、最後はきっちりと、ルルーシュの本心を知った上で、
死んでしまうような気がします。
確か、ギアスを使う度にいつ死んでもおかしくないと
研究施設でVVに言われてましたよね。



今回からカレンが戦線に復帰して、
改造から更にパワーアップした紅蓮に乗るようになりましたけど、
彼女の捕縛が新たな紅蓮に乗る為だったのなら、
他のエピソードでそうなるようにして、
カレンを囚われの身にしなくても良かったのではないかと
思えてなりません。
中華連邦?のエピソードといい、話に無駄があるような……。



なんだかんだ言っても、話の続きが気になりますので
来週も間違いなく見ますけれど、
暫くはもやもやとしてしまいそうです。


2008-08-10 18:21  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。