SSブログ

感想@アニメ「黒執事 Book of Circus」第7話:その執事、撫養*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「黒執事 Book of Circus」の感想です。
今回は第7話の「その執事、撫養」についてです。


私は原作の漫画を読んでいません。
以下の記述にはネタバレを含みます。


前回の感想はこちら。
【第6話:その執事、交渉*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-01-30-7

アニメ「黒執事」シリーズの感想記事のURLは一覧でまとめています。
【アニメ感想記事 一覧:黒執事】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/shitsuji


————

セバスチャンを伴ったシエルが先手を打ち、
黒幕らしいケルヴィン男爵邸を訪れました。

その前のジョーカーとの会話も含めて、
もう気分が悪くて悪くて、見るのが辛かったです。
サーカスの団員たちが
ケルヴィン男爵と撮った写真を大事に持っていたのは、
かつて受けた彼からの恩を大事に思っているのと共に、
あの瞬間を、もう二度と戻ってこない幸福の象徴に
しているからですよね。
写真を撮る時に笑顔を強いられるジョーカーの辛さを踏まえると、
私も「なんでこんなことになったんだ」と
やりきれない思いに駆られます。



ケルヴィン男爵の言動がミョーに子供っぽいのは、
彼がおかしくなってからなんでしょうか。
攫ってきた子供たちにサーカスの芸を強いるところは、
自慢のおもちゃを友達に見せる子供そのもので、
外見(どう見てもおっさん)とちぐはぐな感じが無気味でした。
シエルが、家の中に入っているにもかかわらず、
また、一応、晩餐の席についたにもかかわらず、
帽子やマントを取らないのは、
「彼のもてなしを受けるつもりはない」という
シエルなりの強い拒絶の意味でしょうが、
同時に、彼は自身の心をそうして防衛しているのかなとも
受け取れました。



それにしても、
シエルに対するケルヴィン男爵の歪んだ執着が凄まじいです。
あの部屋を見せられて、よくシエルは卒倒しなかったなぁ。
誘拐された子たちを人とも思わない残虐性も、
ただただ気持ち悪いです。
だからこそ、ああいう狂気を孕んだ行動に出られるのでしょうが、
それに無理矢理付き合わされているジョーカーが
実にしのびない……。


続きの感想はこちら
【感想@アニメ「黒執事 Book of Circus」第8話:その執事、嘲笑*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-01-31

宜しければ合わせてご覧ください。



【Amazon.co.jp限定】黒執事 Book of Circus I(完全生産限定版)(クリアブックマーカー付き) [Blu-ray]「黒執事 Book of Circus/Murder」New Year's Party ~その執事、賀正~ [Blu-ray]黒執事 Book of Murder 上巻 【完全生産限定版】 [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】黒執事 Book of Murder 下巻 (完全生産限定版)(クリアブックマーカー付) [Blu-ray]ミュージカル黒執事-地に燃えるリコリス-(初回仕様限定版) [DVD]「黒執事」Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)【応募者全員ご招待イベント応募券付】




2015-01-30 17:56  nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0