SSブログ

レポート&感想「戦国無双 声優奥義2012秋」*ネタバレあり [戦国無双]

9/1に、ゲーム「戦国無双」シリーズのファンイベント
「声優奥義2012秋」の昼の部に参加してきました!
会場は中野サンプラザです!

ライブビデオ 戦国無双 声優奥義 2012秋 [DVD]

ライブビデオ 戦国無双 声優奥義 2012秋 [DVD]

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモウェーブ
  • メディア: DVD

遅ればせながら、今年2012年の1月から
やっと「せんむそ」シリーズを遊び始めた私にとって、
実はこれが初めてのファンイベントでした!
凄く凄く楽しかったです〜♪

出演者はこちら。
真田幸村 役:草尾毅さん
明智光秀 役:緑川光さん
石田三成 役:竹本英史さん
島左近 役:山田真一さん
直江兼続/黒田官兵衛 役:高塚正也さん
長宗我部元親 役:置鮎龍太郎さん
竹中半兵衛/綾御前 役:庄司宇芽香さん

藤堂高虎 役:松風雅也さん
井伊直虎 役:斉藤佑圭さん

鯉沼久史プロデューサー
*竹本さんは柴田勝家役もなされていますが、
今回は勝家として喋ることはありませんでした。


以下はその簡単なレポートと感想です。
ネタバレがあります。
周囲の方にご迷惑を掛けない程度のメモを元にしていますので、
覚え違いや勘違いなどがあると思います。
詳細を正しく知りたい方は
他の方のブログやDVDをご覧になって下さい。


────

まずは物販から。
上記の通り、私は無双イベントに初参戦ということで、
混み具合の見当がつかなかったことから、
販売開始時間の三十分前を目安にして家を出ました。
その通り、午前九時半に到着しますと……
やはりその時には結構な長さの列ができていました。

日差しが強いのは覚悟していましたので、
タオルや日焼け止め、日傘を持ってきていたのですが、
サンプラザの建物の前(敷地内)って
大理石のような白い石が敷き詰められているんですよ。
なので、照り返しが凄かったですww

でも、嬉しい予想の的中がありました。
私も大好きなソフト「戦国無双クロニクル」の続編が
この日の約二週間後に発売されるとあって、
皆さんと「1」ですれ違えるかな〜と期待していったら、
もう入れ食い状態でした!!
無双でこんなにすれ違えたことは今までになかったので、
ついつい興奮してしまいました。
(それまで勝敗合計しても100には届かなかったのに
イベントの後にはこの通り330まで一気に増えたので、
どれだけ多かったかがお分かり頂けると思います)
01.jpg

私が実際に商品を買えたのは、正午少し前ぐらいでした。
でも、その時間帯に並ばれた方はご存知のように、
午前11時を過ぎたぐらいから空の様子が怪しくなって、
短い時間だったとはいえ、
シャワーのような雨が横なぐりで降ってくるという
辛いこともありました。
私は幸い、その時には、
外の待機列でも一番手前(サンプラザの軒下)におりましたので、
ほとんど濡れずに済みましたが、本当に大変でした。
その時に、高塚さん(兼続/官兵衛)が
雨男で有名であることを知りましたww

それから軽くご飯を食べ、
中野ブロードウェイにあるまんだらけを軽く見た後は、
再び中野サンプラザに戻りました。
入場し、ロビー花の凄さに感嘆した後は(後述します)
席に着きました。
今回は、一般発売前の優先予約に外れまくりだったので
もう駄目かと諦めていたのですが、
何とか、二階前方の上手側のチケットを取ることができました。

開演五分前になると、
光秀(緑川さん)と元親(置鮎さん)による影アナが。
光秀は元親に、今日は声が華やいでいるとからかわれていました。
すると光秀が、
ガラシャにもそう言われたと返事をするのですが……
ここで彼がガラシャの口調を真似していたので、客席は爆笑。
一部分ですが、元親もガラシャの口真似をしていました。

舞台は、漢字の「八」の字のように、
奥から手前に向けて広がるように赤い布が敷かれていました。
再奥の壁上部には大きなスクリーンがある他、
これは本編が始まってから分かったのですが、
小さな炎が上がる特効も幾つか仕掛けられていました。



【ライブ・仰ぎて天に愧じず】
真田幸村(草尾さん)・直江兼続(高塚さん)・石田三成(竹本さん)
義トリオの熱唱からスタートしました。
アイドルのような振り・動きがあり、
言葉は悪いですが中年の少年隊のようだなぁと思えました
(本家の少年隊さんもいいおじさんですが……)。
かっこいいというより、
格好良く見せようとしている姿が微笑ましかったです。

続いて出演者のお披露目。
一人ずつ舞台上に登場しました。
順番は、緑川さん(光秀)→山田さん(左近)→置鮎さん(元親)
→庄司さん(半兵衛・綾御前)→高塚さん(兼続・官兵衛)
→竹本さん(三成)→草尾さん(幸村)でした。

ここで私が「お!」と思ったのは、庄司さんでした。
というのも、山田さん以外の皆さんは普通の私服だったのですが
(山田さんは明らかに舞台を意識された服でした。
背中に羽が生えてた!
あと、袴っぽい幅広のズボンだったように見えました)、
庄司さんは白の帽子に白のだぶだぶのシャツで、
どう見ても半兵衛っぽい格好だったんです。
コスプレとまではいきませんが、
キャラをちゃんと立ててもらえたことが嬉しかったです。
逆にコスプレですと、
似てる似てないをどうしても考えてしまうので、
この程度で良かったと思います。

台詞は、
山田さん(左近)「ほう、お手柔らかにお願いしますよーん」
竹本さん(三成)「貴様ごときに邪魔はさせんよ」
草尾さん(幸村)「もののふの生き様、ここに示さん」
でした。
あと、メモは取らなかったのでうろ覚えですが、
置鮎さん(元親)がお決まりの……というか、
これしかない「上等!」だったと思います。
違っていたらすみません。
その後、出演者全員で
「声優奥義2012秋、いざ開演!」と発していました。



【ドラマ・ネギが目に沁みる】
長曾我部元親(置鮎さん)・明智光秀(緑川さん)・竹中半兵衛(庄司さん)・黒田官兵衛(高塚さん)

元親さんは青いもふもふマフラーを巻いての登場。
そして開口一番「……モフモフが暑い」。
「どうしたの」と心配する半兵衛に、
光秀が呆れたように「いつものことです」と返答。
元親はひたすら暑がっています。
それらを受けて、半兵衛が「夏風邪だよ!」と言ったところ、
官兵衛が「死なねば治らんのではないか」と茶化します。
「不治の病……?」と本気で心配してしまう光秀。
その後、半兵衛による
「おでこに梅干しを貼ればいいって聞いたことがある」との提案に対し、
光秀は「そのような民間療法、もしものことがあったら……」と
元親を心配します。
半兵衛「じゃあ、官兵衛殿で試してみては?」鬼ですww
この半兵衛の言葉をきっかけに、皆に頼まれる官兵衛。
中でも元親は凄絶に大袈裟でした。
根負けしたらしい官兵衛が「好きにするが良かろう」と言うと、
調子に乗り始めた半兵衛が
「じゃあ、いろいろ実験してみよう!」と張り切ります。

官兵衛は地面に埋められたらしいです。
半兵衛「砂風呂だよ!」
首だけを出した状態の官兵衛の顔に、梅干しを凄絶に貼る元親。
半兵衛「顔色がよくなったんじゃない?」
そしてネギをギュギュッと首に巻かれる官兵衛。
半兵衛「ねぇ、どんな気持ち?」
官兵衛「お花畑が見えた」

続いて、元親「ネギは鼻の穴に入れてこそなのだな、光秀」
→官兵衛の鼻にネギがつっこまれる
光秀「官兵衛殿、なんとおいたわしいお姿で……」
半兵衛「なんか足りないんだよね」やはり鬼ですww
光秀「(おろおろとした感じで)もう止めにしませんか」
しかし半兵衛が、
元親の幼い頃の二つ名が「姫若子」だったのを受けて、
官兵衛に女装をさせようと思いついたところ(無病息災の祈願)
彼の怒りが頂点に達します。

結果、元親の体は地面に埋められ、顔中に梅干しを貼られ、
首にネギを巻かれただけでなく、鼻の穴にもつっこまれました。
光秀や半兵衛も同様です
(声優さんたちは、手で鼻を押さえて
そこが詰まった状態で台詞を発していました)
半兵衛「官兵衛殿、許して〜」
官兵衛「嫌だ」
……で終了。



【ライブ・風と雲の掟】
黒田官兵衛(高塚さん)・竹中半兵衛(庄司さん)
終わった直後に
半兵衛「リベンジ成功だね!」
官兵衛「どや!」
と言っていました。
私は知らないのですが、前回失敗していたんでしょうか?

【ライブ・暁更之光】
明智光秀(緑川さん)
こちらも終わった後に
「ちょっとは上手く歌えたかな」という言葉がありました。

【ライブ・風雨同舟】
島左近(山田さん)
間奏で、小さな赤い杯を実際に持った山田さんが、
くいっとお酒を呑む真似をしていたのが印象的でした。



【戦国無双関連CDの宣伝】
会場限定発売だった藤堂高虎と直江兼続のCDの他、
クロニクル2ndの発売に合わせた音楽CDや、
OROCHIのバラエティCDなどが簡単に紹介されました。



【トーク・よろず天下一決定戦】
出演者を二つに分け、
戦国無双のキャラクターを対象とする質問で
ファンの答えが多かったものをそれぞれ当てていき、
獲得したポイントがより高かった方が勝ちというゲーム。
(質問と回答は事前になされたものです)
但し、答えの中には「ドボン」とされるものがあり、
それを当ててしまうと、得たポイントが0になるという
どんでん返し要素もあります。
置鮎さんが司会を務めました。

舞台下手側には、東軍チーム(草尾さん、庄司さん、高塚さん)。
上手側には、西軍チーム(緑川さん、山田さん、竹本さん)。

第一問「一緒に呑みに行きたいキャラは?」
まずじゃんけんで、先攻後攻を決めました。
先攻は西軍チーム。
西:緑川さん「前田慶次」4位→東:草尾さん「北条氏康」7位でドボン
→西:山田さん「島左近」1位→東:庄司さん「石田三成」6位
→西:竹本さん「明智光秀」9位→東:高塚さん「真田幸村」8位

竹本さんが「光秀」と挙げたら、
光秀役の緑川さんが「ないない」と即座に否定していたのが
とても面白かったです。
案の定、9位(最下位)で0点だったというオチまでつきました。
また、高塚さんは「面倒臭そうな人しか残っていない」と言って、
笑いを取っていました。

この時点で西軍チームが既に大きくリードしていました。


第二問「親友にしたいキャラは?」
前回が西軍からでしたので、今回は東軍から。
東:草尾さん「真田幸村」2位でドボン
→西:緑川さん「長曾我部元親」8位
→東:庄司さん「甲斐姫」1位→西:山田さん「ガラシャ」3位
→東:高塚さん「竹中半兵衛」4位→西:竹本さん「石田三成」6位

草尾さんが「後半に取っておいて0点だと癪だから」と言って
自身のキャラ・幸村を挙げたものの、
ドボンで得点をゼロにしてしまったのが凄かったです。
でも幸村そのものの順位は2位なので、
ドボン対象でなかったなら素晴らしかったのですが……w

山田さんが「ガラシャなのじゃ」と物真似をしてウケた後、
請われて「ほむ!」ともやっていました。
影アナといい、この時といい、
ガラシャは物真似されやすいキャラだなと思えました。
(言葉に特徴があるのでやりやすいんでしょうね)
また、三位という結果を受けて
「お父さん良かったね」と言われた緑川さん(光秀役)が
「(よよよ……といった調子で)好かれていて良かった……」と
アドリブをかましていたのがおかしかったです。

竹本さんは自身の三成を挙げた直後に、
隣の山田さん(左近役)と
「左近、どうだろう」
「殿のやる事なら間違いないです」
という会話を聞かせてくれました!!
また、確か山田さんが
「この得点のみ、三倍にしてもらえませんかね」と言った後、
そういうわけにはいかないとして否定されましたが、
六位と結果が低く、点数も大したことがなかったことから、
東軍から大笑いで「三倍でいいよ」と茶化されていました。


第三問「正直、敵にまわしたくないキャラは?」
再びじゃんけんをして、西軍が先攻。
西:緑川さん「本多忠勝」8位→東:高塚さん「綾御前」1位
→西:山田さん「石田三成」7位でドボン
→東:庄司さん「毛利元就」6位→西:竹本さん「織田信長」2位でドボン
→東:草尾さん「直江兼続」5位

この辺になってくると、声優さんたちもかなり気合いが入っていて、
もう用意された椅子に座らなくなっている
(立ったままチーム内で相談する)ようになっていました。
また、高塚さんの方を向いて相談する庄司さんに対して、
草尾さんが「こっち見てねぇし」とのツッコミを
何度も入れていました。
(文字として見ると言葉がきついですが、
実際にはそのようなことはなかったです)

綾御前と答えた高塚さん。
「兼続を見ればわかるじゃないですか」に、会場爆笑。

ドボンを当ててしまった竹本さんが、ショックで
わざと上手袖に引っ込もうとしていました。


途中までは西軍の圧倒的な優勢でしたが、
上記の通り、最後の問題で二度もドボンを出してしまったことで
東軍が勝ちをおさめました。
賞品は戦国無双のクリアファイル。
緑川さんが「ほむ、かわいいのじゃ」と言っていましたww



【ドラマ・大河の一滴】
明智光秀(緑川さん)・長曾我部元親(置鮎さん)・石田三成(竹本さん)・島左近(山田さん)・綾御前(庄司さん)・兼続(高塚さん)

光秀の視点で戦国時代が語られました。

まずは、元親との友情。
山崎の戦いにて、天王山を取られた後、
別動隊を囮として奪取するしかないと決めますが、
その役目を元親に負わせてしまったことで光秀が苦しみます。
(元親が進んでそれを担った)
しかしその作戦は敵に読まれており、
元親は命からがら光秀の元に戻ってきましたが、
彼が負った傷は多く、亡くなってしまいます。

次いで関ヶ原。
別の者が、自分たち(光秀と元親)と同じように
今生の別れを味わったとして、三成と左近が登場します。
小早川秀秋が寝返り、西軍の大敗が確定した今、
三成だけは何とか逃がそうとし、彼への説得を試みる左近。
その結果、後ろ髪をひかれながらも
しんがりを務める左近の為に逃げる
(これは彼が生かそうとしてくれた命だから逃げる)三成。
また、実は戦いの序盤で銃弾を受けたことが重く響いており、
左近が三成の前では必死に平然そうに振る舞っていたと判明します。

最後に大坂。
幸村が綾御前と会話をし、戦います。
そこへ兼続が登場。
また、名を捨てて隠遁生活を送っていた光秀の元に
徳川家康が現れたことにより、再びいくさ場に立った彼は
最後の決戦に挑もうとしている幸村と対峙します。
勝った幸村は「御免」と言い残し、家康の元に向かいます。

最後は、幸村が徳川軍に単騎で突入していく
ゲームのムービーが流れて締められました。

綾御前役として登場された庄司さんが、
ちゃんと服装(と髪型も?)を変えていたのが
(前は半兵衛を意識したけれど、今度は綾御前に合わせていた)
大変素晴らしかったです。



【戦国無双クロニクル2ndの紹介】
9/13に発売される3DSソフト「戦国無双クロニクル2nd」の宣伝。
まずは、確か公式サイトでも見られるムービーが流れました。
ねねコンがひどい加藤清正の「おねね様一筋だ」の台詞に、
会場中がどっと沸きました。

鯉沼プロデューサー(以下、鯉沼P)に続いて、
新キャラクター三人の内から二人、
藤堂高虎役の松風雅也さんと井伊直虎役の斉藤佑圭さんも登場。
クロニクル2ndへの出演が決まった時の話として
松風さん「『きた!』と思った。しっかりとやらねば」
斉藤さん「(シリーズを)1からやっているので本当に好きです」
とのこと。
お二人は、体験版でなく実機を遊ばれたそうです。

また、まだネットなどで公開していない情報として
・高虎:浅井長政と繋がりがある。
「鐘ヶ崎撤退戦」で活躍する
(から、浅井軍のシナリオを進めていけば会いやすい)
・直虎:今川軍シナリオがある(から、割と序盤から登場する)
・柳生宗矩:関ヶ原の戦い前後に活躍する
・四万十川の戦いがある
という鯉沼Pからの発表がありました。

松風さんは、「長政さま」と何度も言わされたのに、
それがとても言いにくかったようで
収録では噛んでしまった時もあったらしいです。
(「収録されたものでは噛んでませんから!」と
当たり前のことを言って、会場を笑わせていました)

その後、とあるシーンの高虎と直虎の台詞を
松風さんと斉藤さんがそれぞれ目の前で発してくれるという
サービスがありました。

そして、会場限定発売のCDに収められた高虎のキャラソン
「功名が道」を松風さんが披露。

ツイッターキャンぺーンの受賞作品の結果発表が
声優さんの声つきで発表された後は、
松風さんと斉藤さんが一言ずつ言って退場しました。
松風さん
「CDを買わないと(この会場の)サンプラザのドアが開かない」
「CDを買わないと正也反省会がある(正也=高塚さん)」
斉藤さん「直虎は意外にリーチが長くて使いやすい」
鯉沼P「新キャラは皆、使いやすい」
とのことでした。
勿論、皆さんの言葉には、最後に
「〜ので、宜しくお願いします」という言葉が含まれています。



【トーク・戦国リアクション王決定戦】
真田幸村に対してどうリアクションをするのかを
各声優さんが担当キャラとして挑戦し、その優劣を競うゲーム。
司会は幸村役の草尾さんです。

お題となった幸村の台詞はこちら。
「この期に及んで抜け駆けとは……剛毅なあなたらしい」
*各回答は、声優さんがフリップに書いたものを読み上げる形で
発表されました。
急いでメモを取っていたので、
ひらがな・漢字表記はフリップのそれとは合っていないです。

竹本さん(三成)
「フン、クズが。きさまには負けんよ……すまん、言い過ぎた」
高塚さん(官兵衛)
「フッ……下らぬ!」*官兵衛のイラストつき
庄司さん(半兵衛)
「抜けがけじゃないよ、息抜きだよ」*半兵衛のイラストつき
山田さん(左近)
「ええ。先着5名様に抱き枕〜(云々)」
*山田さんのは異様に長すぎて、メモを取れませんでした。
どうやら、三成の抱き枕を買おうとしたのに駄目だったのか
(ちょっとうろ覚えです。違っているかも)
「これは涙じゃなく心の汗ですよ」と言っていました。
また、上記の三成の答えを受けて、最後に
「ふん、クズが!……すまん、言い過ぎた」と付け足していました。

置鮎さん(元親)
「上等!」
緑川さん(光秀)
「ちょ……てれます」*光秀?っぽいイラストつき

全員の答えが発表された後、
司会の草尾さんの独断で一番優秀であるものを発表
→ドラムロールが流れた後「草尾毅さーん!」全員苦笑
→再ドラムロールの後、緑川さんの名が挙げられました。

実は、高塚さんと庄司さんの間に
「緑川さんは……企んでいそうなんで、後回しにする」
という草尾さんの発言があり、本当にトリでした。
で、緑川さんの絵が失礼ながらビミョーな感じなのと、
光秀らしくない「ちょ……」という言葉がウケていました。
また、
草尾さん「(ちゃんと)オチてたし」
緑川さん「いや、これ、オチじゃないんで……」
という会話が何度かありましたww



【ドラマ・夏の終わりに咲いた花】
真田幸村(草尾さん)・石田三成(竹本さん)・島左近(山田さん)

幸村の提案で、それぞれが花火を持ち寄って楽しもうという夜。
ひねくれた言葉を幸村に放つ三成に、
実は眠れないほど楽しみにしていたらしいとの真相を明かす左近。
三成も「俺は寝不足なのだ」と言っていたので
眠れなかったのは本当らしいです。

まずは幸村の線香花火。
しかし火玉が左近の足の上に落ちるというトラブルが。
それを三成が馬鹿にしていると、
幸村の火玉が三成の足の上に落ちます。
謝る幸村に対し、
熱がりながらも何とか平気な振りをして水に流そうとする三成。
三成の不運をあからさまに喜ぶ左近。
しかし、犬に吠えられたり、
何故か聞こえてきた兼続の熱唱に驚かされたりしたせいで
幸村が二度、三度と、三成の足の上に火玉を落としてしまいます。
左近はその度に笑い、三成を冷やかします。

次は三成の花火。
何故か幸村だけを遠ざけます(左近はそのまま)。
そして特殊技を放つ三成(ゲームでいうピノ??)。
偉そうに「美しい『火花』だろう」と薄く笑う三成。
驚き、嫌がる左近に対し、ここぞとばかりに三成は仕返しをします。
一人で感嘆する幸村。

最後は左近の花火。
彼が合図を送ると、たくさんの打ち上げ花火が夜空を飾ります。
大筒に細工をしたらしいです。
「左近といえば大筒、大筒と言えば左近」との台詞あり。
また、「北の地にいる兼続殿もこれを見ているのでしょうか」
と言う幸村に対して
(さっき兼続の熱唱に驚かされたばかりなので)
三成が「兼続は北にいるのか?」とツッコミを入れていました。



【ライブ・日輪に誓う〜愛と義の太陽!〜】
直江兼続(高塚さん)
直前のドラマの内容を受けて、
冒頭で「三成、幸村、左近、私はここにいる!」と言っていました。

【ライブ・明鏡止水】
真田幸村(草尾さん)

【ライブ・刻〜意思して候〜】
長曾我部元親(置鮎さん)
「コスプレ上等!」との発言通り、
元親のコスプレを披露していました。

【ライブ・天晴!】
真田幸村(草尾さん)・直江兼続(高塚さん)・石田三成(竹本さん)
三人はオレンジ色のお揃いのTシャツで客席から登場。
Tシャツの表には、白文字でそれぞれ「天」「晴」「!」とあり、
裏には縦書きで「義トリオ」とありました。



【締めの挨拶】
出演者全員が舞台上で一言ずつ喋りました。
以下、印象に残ったところだけを抜粋。

庄司さん「二年振りに帰ってきました。
前回は客席から見たんですけれども〜云々」

置鮎さん「初めてコスプレというものをさせて頂きました」

山田さん「卒業するつもりの気持ちで頑張りました」
→会場「えー?!」

緑川さん「信長様がいなくて淋しかったんですけど〜云々」
「リアクション王を頂けて……名を刻んでください」
「僕らはリハをしていて知らなかったんですけど、
雨が降ったそうじゃないですか」と言って高塚さんに触れて
「(その原因は)僕が二割、高塚さんが八割です」

高塚さん「(苦笑しながら)本日はお足元の悪い中〜」
「なんで(雨が)続くんでしょうね」
「これからも雨を降らしていいかな」→会場「いいともー!」
「これからは(雨を)加減して〜云々」

竹本さん「三人ではっちゃけてしまいました。如何でしたでしょうか」
「これからも我ら三人、はっちゃけてもいいかな〜」
→会場「いいともー!」→「夜もはっちゃけます」

松風さん「僕もこれから、お揃いのTシャツを着たり、
コスプレをしたり、リアクション王の名を頂いたりするのかと……」
これに他の方から(置鮎さん?)
「欲張り」「欲張り王」と言われていました。

斉藤さん「またこういう時があるといいな」

そして草尾さんの「声優奥義2012秋、これにて終演!」で終了。



【カーテンコール】
「何も無いんだけど……」とありながらも、出演者が再登場。
「この後、お帰りになる方も、雨が降るかもしれないので〜」と
笑いを伴った注意がありました。
そして鯉沼Pも登場し、クロニクル2ndの件や
シリーズが今後も続いていく予定である発言があって終幕。

最後の最後に、官兵衛&半兵衛によるアナウンスがありました。
また、高塚さんも庄司さんも
別の役を兼任しているということで、
兼続と綾御前の会話もありました。
綾御前に「反省会をする」と言われて
本気で嫌がっていた兼続が大変面白かったです!



会場の中野サンプラザのロビーに入った時もそうだったのですが、
湿度が高い上に、気温も高くて蒸していたからか、
ロビーでは白くもやが掛かっていましたww

私は昼の部だけの参戦でしたので、これにて帰宅しましたが
イベント内のやりとりを見たところ、
(出演者がお客さんに手を挙げさせていた)
夜の部も参加される方は多かったようで……
せんむそファンの方々の熱さも実感しました!

正直に言えば、私はキャラソンに興味が全く無く、
予習という意味合いがあるからこそ
やっとベスト盤のCDを先日聞いた状態でしたので、
あまり楽しめないかと思っていたのですが、
全然そんなことはなかったです!
もし機会があれば、また行きたいなぁと思いました。
戦国無双 ヴォーカル・ベストCD

戦国無双 ヴォーカル・ベストCD

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: コーエーテクモウェーブ
  • 発売日: 2012/03/28
  • メディア: CD

私が予習に使ったのはこのCDです!
今回はこれ一枚を聴いておけば、とりあえず大丈夫でした。


さて、物販の話に戻ります。
今回買ったのは、私が彦根に行った時にはまだ売られていなかった
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2012-06-01
「MITSUNARI 11(三成イレブン)」のクリアファイルと、
ちびキャラの殿が壮絶可愛いぽち袋と、
義トリオがプリントされたネックストラップです。
02.jpg
このちびキャラの殿は「反則だろー」と叫んでしまうほど
超絶可愛いです。

ネックストラップ、
ミシンで縫い合わされた表裏の合わせが変で、
紐が一カ所どうしても捩れてしまうんですが
他もこの仕様なんでしょうか?


ロビーに飾られていたスタンド花。
たくさんありましたが、変わったものだけご紹介。
03hana01.jpg

04hana02.jpg

05hana03.jpg

06hana04.jpg

07hana05.jpg

08hana06.jpg
どれも、出演者・キャラへの愛にあふれていて
とても素晴らしかったです。



他、ロビーに展示されていたもの。
三成・幸村・政宗の抱き枕ww
09makura01.jpg

10makura02.jpg

11makura03.jpg

12makura04.jpg

二階にあった幸村と高虎のタペストリー。
13p01.jpg

14p02.jpg

新キャラのミニポスター。
15p03.jpg

それと、私は全く知らなかったのですが
「織田のぶニャが」という猫の着ぐるみさんがいました。
http://www.gamecity.ne.jp/nobunyaga/char.html
丁度、お仕事を終えて撤収する(?)ところに出くわしましたので
パシャリ。
16nyan.jpg


レポート&感想は以上です。
ここまでお読みくださり、ありがとうございました。



ライブビデオ 戦国無双 声優奥義 2011秋 [DVD]ライブビデオ 戦国無双 声優奥義 2010秋(初回限定版) [DVD]戦国無双 Chronicle 2nd (初回限定特典 主人公キャラクター用エディットパーツ同梱)戦国無双3 Z(通常版)戦国無双 ヴォーカル・ベストCD戦国無双3 オリジナル・サウンドトラック




2012-09-02 22:44  nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0