So-net無料ブログ作成

プレイ日記&感想「戦国BASARA3」その86(毛利:赤ルート「背水防衛戦/烏城の戦い/月山富田城砂丘戦/雑賀荘の戦い/関ヶ原の戦い 集結〜エンディング」)*ネタバレあり [戦国BASARA3:プレイ日記]

Wii/PS3ゲーム「戦国BASARA3」のプレイ日記&感想です。
今回は戦国ドラマ絵巻の毛利元就の赤ルート
「背水防衛戦/烏城の戦い/月山富田城砂丘戦/
雑賀荘の戦い/関ヶ原の戦い 集結〜エンディング」の攻略です。

戦国BASARA3

戦国BASARA3

  • 出版社/メーカー: カプコン
  • メディア: Video Game

以下の内容にはネタバレを含みます。


前回の感想はこちら。
その85(毛利:赤ルート「戸次川の戦い 思い出編」)

プレイ日記&感想記事のURLは、こちらのページでまとめています。
プレイ日記&感想記事 一覧:戦国BASARA3

────

毛利元就の赤ルートの中盤〜最終戦です。
大谷吉継との密約→同盟を結んだ事から
石田軍とは別に、毛利軍が快進撃をするお話でした。
ただ、各合戦では特筆する事がなかったので、
記述は省きます。

この中で印象に残ったのは
“月山富田城砂丘戦”の後に聞く事ができた
大谷さんとの会話です。
何の為に戦っているかとの問いに
大谷さんがいつもの調子でイミシンな感じで
「義のため、三成を生かすため」と言っていたのが
興味深かったです。
元就は、自分の領地である中国の安泰を望むとして
ずっと変わっていませんが、
大谷さんは、彼の赤ルートのエンディングや
この後の毛利青ルートでの“大坂・冬の陣”を見る限りでは
彼自身も知らぬまま(?)変わっていったようで。
大谷さんの心境の変化は面白かったので
彼のことがもう少し分かったら小説に書きたいなと
思っています。


さて、最終戦の“関ヶ原の戦い 集結”。
戦闘そのものはいつもと変わりませんので
上記と同様に、特筆すべき点はありませんでした。
ただ、ボス戦直前
──徳川家康との戦いの直前に独自のCGム−ビ−が入りましたので
それについての感想を記述しておきます。

元就よりも先に東軍の本陣に着き、
総大将である家康と戦ったらしい大谷さんが、
彼と膝を突き合わせるかたちで待っていましたが
(なんか、二人が今にも将棋でも指しそうな図だったので
私は笑ってしまいました)
ここで、元就が大谷さんを裏切るような言動をします。
とはいえ、元就は最初から一貫してそう言っていたので、
裏切られたと思った大谷さんは、結局、
彼に僅かでも期待してしまったのが誤りだったという
オチなのですが……。

ここ、大谷さんの悔しい心情がよく見えるので、
私も、「毛利ww」と
彼にツッコミを入れずにはいられませんでしたが、
もし仮に、彼ら二人が逆だった場合を考えてみると、
今にも死にそうな元就が、中国の安寧を大谷さんに託そうとしても、
彼からは一蹴されて終わるであろう事が自然に思い浮かびますので、
元就だけが悪いのでなく、
元からそういう人々が一時的に組んだだけの話なんだと
改めて思いました。
他の──たとえば、それこそ家康が結んだ同盟なら、
その時点で絆が自然に生まれていて、
彼らは、同盟相手の死に際の願いも喜んで聞くはずです。
この辺は、裏切る/裏切られたというより、
同盟を結んだ双方の人間性に左右されるものなんですね……。


戦国BASARA3戦国BASARA Best Price戦国BASARA 2 Best Price!戦国BASARA2 英雄外伝 PlayStation 2 the Best戦国BASARA バトルヒーローズ PSP the Best戦国BASARA X(クロス) Best Price!戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]

────
ランキングに参加中です。記事がお気に召しましたらクリックしてやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村
上記でエラーが出る方はこちら【にほんブログ村】からお願いします。

続きのプレイ日記&感想を書きました。
その87(毛利:青ルート)

宜しければ、合わせてご覧下さい。


2011-02-01 23:02  nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0