So-net無料ブログ作成

プレイ日記&感想「戦国BASARA3」その87(毛利:青ルート)*ネタバレあり [戦国BASARA3:プレイ日記]

Wii/PS3ゲーム「戦国BASARA3」のプレイ日記&感想です。
今回は戦国ドラマ絵巻の毛利元就の青ルート
「全ては我が仕組んだ戦よ」の攻略です。

戦国BASARA3

戦国BASARA3

  • 出版社/メーカー: カプコン
  • メディア: Video Game

以下の内容にはネタバレを含みます。


前回の感想はこちら。
その86(毛利:赤ルート「背水防衛戦/烏城の戦い/月山富田城砂丘戦/雑賀荘の戦い/関ヶ原の戦い 集結〜エンディング」)

プレイ日記&感想記事のURLは、こちらのページでまとめています。
プレイ日記&感想記事 一覧:戦国BASARA3

────

毛利元就の青ルートです。
赤ルートを終えた後、続けて行ないました。


合戦の順番は以下の通りです。
金ヶ崎睡夢戦
 ↓
上田城水攻戦
 ↓
小田原城再建戦
 ↓
奥州走竜戦
 ↓
恐山冥府戦
 ↓
大坂・冬の陣
 ↓
中富川海砦戦〜エンディング


毛利元就は、陰謀渦巻く(笑)西軍の要とあって
赤ルートでは冷酷な人間として描かれていましたが、
この青ルートでは、彼の非道さが誇張されていた気がします。
ただ、天下を二分する戦いに協力すると見せかけて、
実は自分だけが一人勝ちをしようと狙っているとの考え方をするのは
あの状況では決して不自然ではないと思うので、
「毛利ww」と笑って冷やかす事はあっても
「酷い……」と批判する気持ちは生まれませんでした。
野心あふれる武将達は、
きっと、皆がそうしたかったでしょうが、
状況的にできなかった、無理だった
──でも毛利には、そうしようという意思も、実行できる兵力も、
他の武将が天下分け目の戦いに気を取られているという偶然も……と、
可能な状況が揃っていたのが有利だったなぁと思いました。

何度となくなされた石田軍からの援軍要請を、
あれこれと理由をつけて断わる元就が
とてもおかしかったです。
この時点で、石田軍の軍師である大谷吉継は
元就への警戒を強めなきゃいけなかったですよね。


個人的にびっくりしたのが、
“大坂・冬の陣”と最後の“中富川海砦戦”。
孤高の人・石田三成が、実は愛されキャラだったという事が
立て続けに判明して、
遊びながらリアルに「ええええ」と声を出してしまいました。

まずは“大坂・冬の陣”。大谷さんとの戦闘です。
大谷さんが、
元就が西軍の同盟を破った事についてはどうでもよいとした代わりに、
彼が三成を裏切った事に対して、心底、激怒していて、
「あいつの心はお前に殺されたのだ」云々と言っていたのが
私には驚きでした。
いやぁ……ここまでBASARA3を遊んでくれば、
人として生きるのに不器用過ぎる三成を
大谷さんがあれこれと補佐しているのは
嫌というほど感じられましたので、
彼が、自分の本懐を遂げる為に三成を利用しようとした結果、
いつの間にか彼への情にほだされちゃって、
考え方を改める事はありそうだなと思っていましたが
(↑大谷さんの赤ルートの最後はまさにそうだと思うので)
まさかここまで、大谷さんが三成を大事に思っているとは!!!
大谷さんは、他の関ヶ原の戦いでも、
たとえば、金吾(小早川秀秋)の裏切りに対して
呪いの言葉を吐くほど怒っていますが、
その怒りと、この元就への怒りでは
質が全然違うと思いました。

そして最終戦“中富川海砦戦”。
長曾我部軍壊滅の真相を知った長曾我部元親が、
誤解が元で倒してしまった徳川家康に泣いて詫びるというのは
私も想像していましたが、
その前に、元就が三成を裏切った点に対して、
元親までもが激しい憤怒の感情を示していて、
これまた私は驚かされました。
元親と三成が同盟を結ぶ際に(その合戦終了後に)
前者が後者に手を伸ばして握手を求めるシーンがありますので、
少なくとも元親は、三成を仲間だと思っているんだなと
実感できていましたが、
こうやって怒るほど、彼が三成を大事にしていたとは
思っていなかったです……。

で、これまで、三成ルートで彼が本懐を遂げても、
結局、彼の孤独な魂は救われない事について、
私は淋しさを強く感じていましたが、
こうして、戦いの中で彼なりに絆を作っていたと思うと、
(三成自身がそれに気付いてないのがポイントですが)
ちょっとは良かった点もあったんだなと初めて思えました。
ここら辺も、自分の中で整理できたら
短い話で小説を書きたいなと思えました。
やっぱり三成はかわいい……。


さて、かつては同盟相手だった石田軍を倒し、
宿敵だった長曾我部元親を倒して、
見事、中国の安泰だけでなく
日ノ本の全てを掌握できた元就。
この青ルートでの元就には
三成以上に孤独さを感じてしまいましたが、
彼はそれを気に病んでないから、別にいいのかな。
でも、やっぱり淋しい事だなと思わずにはいられなかったです。


戦国BASARA3戦国BASARA Best Price戦国BASARA 2 Best Price!戦国BASARA2 英雄外伝 PlayStation 2 the Best戦国BASARA バトルヒーローズ PSP the Best戦国BASARA X(クロス) Best Price!戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]

────
ランキングに参加中です。記事がお気に召しましたらクリックしてやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村
上記でエラーが出る方はこちら【にほんブログ村】からお願いします。

続きのプレイ日記&感想を書きました。
その88(真田:青ルート)

宜しければ、合わせてご覧下さい。


2011-02-01 23:04  nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0