SSブログ

LUNA SEA REBOOT! [音楽]

私の最愛のバンドLUNA SEAの東京ドーム復活ライヴに
参戦してきました!!
01.jpg
20101223,1224,1225


12/23〜24が
“LUNA SEA 20th ANNIVERSARY WORLD TOUR REBOOT 〜to the New Moon〜”
ワールドツアーの最終(東京)公演です。
02.jpg
25日が“LUNACY 黒服限定GIG 〜the Holy Night〜”でした。


私は、当初の予定では
12/23〜24も、25日の黒服限定も行けなかったのですが、
様々な人のご厚意で叶いました。
多謝!!!
03.jpg


23日は、ぴあで普通にチケットを取ったせいか、
私がいた周辺(一階スタンド)は、
ブロック全体が初心者さん揃いだった気がします。
何故そう思ったかというと、
ライヴが始まる直前にかかる定番SE“月光”で誰も反応せず、
キャー!と叫んで立ち上がった私一人が馬鹿みたいに浮いていたのと、
最後の“wish”の冒頭のキメである「I Wish」とコールする部分で
誰も手を挙げなかった&飛ばなかったからです……。

や、どんなにコアなファンにも最初のライヴというものがありますし、
私だって、最初のライヴ
(EDENツアーのFINALの武道館/台風で延期した公演ww)では
このwishで飛べなくて淋しい思いをしましたし、
何より、終幕から十年がたったのに
初心者さんが足を運んでくれたと思えるのは
とてもとても嬉しいのですが
(今回、チケ代が九千円なので、
好きじゃなきゃ来ないだろうと必然的に分かる)
ちょっと淋しかったなぁ。
私は、「暴れる」というほどではないですが、
それなりに手を挙げますし、飛びますし、
ヘドバン(頭を振る)もするので、
周辺にそういうノリ方をするファンがいてくれる方が嬉しいです。
ライヴのノリ方なんて、個々の好き好きで、別に決まりなんてなく、
「頭振らないから/手を挙げないから/飛ばないから
盛り上がってない」という事は言えないのですが、
超盛り上がりのスレイヴシートをスタンドから見ていると
(アリーナの前方に隔離された状態で設けられたFC会員の特別席。二万円)
ついつい、「私もあの中に交じりたい!!」と
思わずにはいられなかったです。

最後の手繋ぎでも(最後に全員が手を繋いでジャンプするのが恒例)
私の周囲は皆、ぼーっとして突っ立っていたので、
もどかしかった私は、両隣の人に向かって
「最後は皆で手を繋ぐんですよ」と言って
手を出しちゃいました。

曲は……私はアルバム“STYLE”がめちゃくちゃ好きで、
特に“Forever&Ever”が好きなので、
最後、この曲がかかった時は号泣しました。
アレンジも以前とは少し変わっていて
「今のLUNA SEAが演奏するとこうなるのか!」と
新鮮な気持ちになれました。



24日は、神戸でのカウントダウン公演に行く事が決まったり、
25日のチケット入手の抽選に外れたりした事から、
行けるようになったにも関わらず、
都合で(金銭的な事情で)行かないつもりだったのですが、
耐えられずww 結局、チケットをオークションで落としました。
このチケットがなかなか届かなくてね……やきもきしました。
(もし父の葬儀にかぶるとチケットを受け取れず、
私は23日には出発してしまうので、再配達も頼めない)

この日も、初心者さんっぽい人は多かったですが、
前日よりはましでした。
同じタイミングで手を挙げるスレさん
(SLAVE/LUNA SEAファンの総称)が近くにいて、嬉しかったなぁ。
席も、前日よりかなり前の列で、頭も振りやすかったので、
(スタンドにて席が後ろだと、身体がふらついて危ない)
かなり快適でした。

曲については、
「前日やらなかった曲をやるだろう」との予想をしていたので、
“Jesus”やら“END OF〜”やらを聴けたのは想像通りでしたが、
これらは是非聴きたい曲だったので、凄く幸せでした。
他の国の公演のセットリストで“GENESIS〜”をやったと知って
羨ましかったので、
これも聴けて良かった!!!



25日は、上記の通り、私自身は抽選に漏れてしまったのですが、
優しいスレさんのご厚意でチケットをただで譲って頂き、
参戦する事ができました!!

“黒服限定”との名前の通り、ドレスコードが黒服でしたので、
開演前の会場前は黒い人々でいっぱいww
(開演一時間前の会場入口正面)
04.jpg
外では、アウターや小物は他の色という方も少なくなかったですが、
そういう方も、さすがに中では黒服になりましたので、
Jも言っていましたが凄かったです。
まさに圧巻でした。

何しろタイトルが“LUNACY”ですので、
今日はインディーズのアルバムを頭から演奏して終わりかな?と
思っていたら、
セカンドアルバム“IMAGE”からもかなりの曲が演奏されていて
めちゃくちゃ幸せでした。
この辺の古い曲は、ツアーでの日替りお楽しみ曲として
たま〜に演奏されていたので、
「初めて聴いた!」というのは無かったと思いますが
前回はいつ聴いたのかも分からないほど懐かしいので
めちゃくちゃ幸せでした。

そして、メンバーのコスプレにも笑いました。
失礼ながら「RYUICHIはやればできる子!」とか思いました。
SUGIZOも昔の衣裳で素敵だったなぁ。
細身が美しかったです。
そんな中で、普段とあまり変わらなかったJは彼らしかったww

この日の私の席は、J側アリーナでした。
私の左隣と、その隣は、
同じような年代&同じような楽しみ方をする女性のスレさんで、
三人で頭を振ってましたww
逆の、私の右隣は、これが初めてのライヴだという男子高校生。
ノリ方は全然分かってなかったと言っていたけれど、
シングル曲のサビでは手を挙げてくれていたし、
ちゃんと楽しんでくれていたようなので、
私も嬉しかったです。

いや……だって今回は無料ライヴじゃないですか。
冷やかしで見にくる人がいるのは予想できていましたが、
そのバンドを凄く好きな人間からすれば、
そういう人が近くにいるのは萎えるので、
両隣がそうでなかったのは恵まれていたと思います。
ちなみに、そのブロックの最前列だったのですが、
柵が無かったので、頭を振る際の持ち手がなく、
また、足元は人工芝(の上にシートが敷かれている)で
ふわふわしているので、
頭が振りにくかったです。

正直、25日のセトリは、
最後が“ROSIER”“MOTHER”じゃなく
“wish”“MOON”だったらより良かったと思います。
いや、もっと言えば、
これら四曲をやってもらえれば……と
贅沢な望みを口にしたくなりますが。
でもでも、最高の夜でした。

帰りは、風邪気味でふらふらだったのですが
頭の中で古い曲が途切れず、ふわふわとした気分で帰れました。


LUNA SEA最高!!!!
メンバーさん、スタッフさん、SLAVEの皆さん、本当にありがとう!!!
十年待って良かったです。
最高に幸せでした。


この三日間の公演はDVD/BDになるそうです。

LUNA SEA 20th ANNIVERSARY WORLD TOUR REBOOT -to the New Moon-TOKYO DOME(Blu-ray Disc)

LUNA SEA 20th ANNIVERSARY WORLD TOUR REBOOT -to the New Moon-TOKYO DOME(Blu-ray Disc)

  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング
  • メディア: Blu-ray

これは12/23〜24分。めちゃくちゃ楽しみ!!


────
ランキングに参加中です。記事がお気に召しましたらクリックしてやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村
上記でエラーが出る方はこちら【にほんブログ村】からお願いします。


2010-12-27 21:50  nice!(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0