SSブログ

感想@アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIRT」第62話:凄絶なる反撃*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIRT」の感想です。
今回は第62話「凄絶なる反撃」です。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 16 [Blu-ray]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 16 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の漫画を読んでますので、
まだアニメ化されてない部分に記事で触れている場合があります。


前回の感想はこちら。
第61話「神を呑みこみし者」

各回の感想は、下記の一覧ページにてURLをまとめています。
アニメ感想記事 一覧:鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIRT


────

今回も面白かったです。
こういう系の作品で、戦闘シーンが見ていて楽しいってのは
やはり良いですね!
迫力がありましたし、
何より、息吐く暇もない怒濤の展開の連続で
圧倒的に見せていくのが素晴らしいです。
これがラスボス──最終戦というだけあって、
主要キャラクターそれぞれに見せ場があり、
格好良いシーンがあったのも
作品のファンとしてはたまらないです。

今回の放送をもって、
原作の漫画の先月号までが終わりました。
なので、残り二週の放送で
最終回である今月号の内容を見せるわけですね。
ハガレンの最終回が載った少年ガンガン7月号は
発売日から数日後にはどこも完売の嵐だそうで、
田舎である私の近所でさえ、
発売日の翌日の夜には大きな書店から消えていました。
(コンビニではその前になくなっていました)
増刷は無いみたいなので、
こうして早々と最終回部分をアニメで見られるのは、
ガンガンを入手したくてもできなかったファンには
良いのかもしれません。
少年ガンガン 2010年 07月号

少年ガンガン 2010年 07月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/06/11
  • メディア: 雑誌

*感想も書きましたので、ネタバレ大丈夫という方は
合わせてご覧下さい。
感想@漫画「鋼の錬金術師」第108話(最終回)旅路の果て*ネタバレあり



さて今回は、
戦闘に参加可能な主要キャラが戻ったり、
目が見えなくなった大佐が活躍したり、
アルの自己犠牲でエドの右腕が戻ったり……と
怒濤の展開でした。

個人的には
アームストロング少佐(オリヴィエ)が好きなので、
彼女が戦線復帰を断念するシーンが好きです。
特にスカーからキング・ブラッドレイを倒した顛末を聞いて、
もう動かなくなった彼に
「どうだ、ブラッドレイ。私の部下は強かったろう」
との言葉を放つシーンでは
原作の漫画でこうなるのが分かっていても、ホロりときました。
故バッカニア大尉も、もしこの言葉を魂で聞いていたら
相当喜んだでしょうね。
これは、アームストロング少佐なりの賛辞ですので。

また、ホークアイ
(鷹の目/スナイパーの別称でもある)の名を持つ者らしく、
中尉が補佐をしながら
マスタング大佐が炎の攻撃を仕掛けるところも圧巻でした。
ここは格好良かったなぁ、大佐。
以前の、エンヴィーを追い詰めるシーンでは
彼の心の中が復讐でいっぱいだったのを思えば、
まともな精神でのここまでの見せ場って
久しく無かったはずです。
凄く良かった。
さすが焔の錬金術師!と思いました。



そしてそして、エドの最大のピンチに対して、
自分を代償にして彼の腕を戻す事で助けたアル……。
最終回でアルも戻ってくるとは分かっていても
ここは泣きました……。
彼の決意を聞いた時のメイの顔も、とても良かった。

そして、素手で“お父様”をぶっ飛ばしたエド!!
最後のキメの台詞「ド三流、格の違いってヤツを〜」は、
確か、連載第一回の最後で彼自身が放った台詞と
同じでしたよね。
ここは原作でも、
「あ、この台詞! 懐かしい!」と思いながら読んでいたので、
そのままアニメにしてもらえて嬉しかったです。

幼い頃の回想を除くと、
これまでの話の中で、
エドの右腕は初回からずっと義手でしたので、
それが戻ったシーンでは、ちょっと感慨深くなりました。
そして、払った代償の重さを考えると
全然喜べないという。
ここは本当に兄弟の強い絆を痛感できる名シーンですね。
そして、いよいよ終わっちゃうんだなぁという淋しさを
また感じてしまいました。



さて、次週はグリードさん祭りかな……。
今週、グリードさんとリンが、
彼が本当に欲していたものについて話をしたシーンを見ただけでも、
次週放送される予定の内容を思い出してしまって
泣きそうになりました。





────
感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
にほんブログ村


2010-06-21 23:59  nice!(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1