SSブログ

感想@アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIRT」第58話:ひとばしら*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIRT」の感想です。
今回は第58話「ひとばしら」です。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 15(完全生産限定版) [Blu-ray]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 15(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の漫画を読んでますので、
まだアニメ化されてない部分に記事で触れている場合があります。


前回の感想はこちら。
第57話「永遠の暇(いとま)」

各回の感想は、下記の一覧ページにてURLをまとめています。
アニメ感想記事 一覧:鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIRT


────

バッカニア大尉……orz

いよいよ単行本の最新刊(25巻)部分に入りました。
もう次次週には、未掲載分までいきそうな感じですね。



こうなる事は分かっていましたが、
今週のAパートの放送は、見ていてやっぱり辛かったです。
でも、彼の最期の望みを引き受けたリン(グリード)は
良かったなぁ。
以前、リンとグリードが同一化したエピソードを
最初に原作の漫画で読んだ時は、
「ええええええ」とドン引きしましたが
こういう活躍シーンが入ると
(ホムンクルスなのに人間側についた話を見ると)
その甲斐があったんだなぁと思えました。



以前の感想記事でも触れましたように、
個人的には、バッカニア大尉の直接のシーンよりも、
その死を知らされて奮起するアームストロング少将のシーンの方が
ぐっと来ました。
バッカニア大尉も勿論ですが、
アームストロング少将もやっぱり軍人さんだなぁと実感します。
あの二人の絆の強さを思えば、
一番辛いのはアームストロング少将でしょうに
「バッカニア大尉が笑って逝ったのなら自分たちが泣くわけにはいかない」
なんて、即座に言えちゃうのが凄いです。
自分の懐に入れた者たち(部下)を可愛がっているからこそ、
彼女は、彼らが死を迎えた後も、悲しみに感情を揺らさず、
今すべき事をしているんでしょうね。
この“ハガレン”は、アームストロング少将を始め
精神が強い女性が多くて、
見ていて頼もしい限りです。



さて、人柱候補に挙げられながら
未だにその資格が無かったマスタング大佐ですが……
放送前から、あのシーンが“引き”になって終わるだろうなぁと
思っていたら
やっぱりそうでした。
でも、ホークアイ中尉の目配せも、ちゃんと描かれてましたね。
その後のシーンでのマスタング大佐が
やや悲観的な感じでしたので
あの了承の台詞は、金歯の博士が誤解したように
一見、彼が人体錬成する事をOKしたように思えるので
良かったのではないかと思います。
何も知らずに見ていれば、
「あぁ、とうとうマスタング大佐も落ちる……?」と
思えますよね。



……が、今週がここまでという事は
次週で大佐が失明ですか orz
でも。ホークアイ中尉(鷹の目)と対で考えれば
お互いに補完しあえるので良いのでしょうか。

でも私は、大佐が一番好きだったので
原作の漫画では、
キメラ話(ニーナとタッカーの話)、
ヒューズ中佐の死に次いで辛かったです。
次回は辛いなぁ。





────
感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第59話「失われた光」

宜しければ、合わせてご覧下さい。


2010-05-24 23:35  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。