SSブログ

感想@アニメ「花咲ける青少年」第2話:廻り愛*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「花咲ける青少年」の感想です。
今回は第2話「廻り愛」です。

花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]

花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ケンメディア
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレがあります。
私は原作の漫画を読んでいません。


前回の感想はこちら。
第1話:イノセントガール

各話の感想記事のURLは、他作品と共に
こちらの一覧(インデックス)ページでまとめています。
感想記事 一覧:2010年4月 開始作品


────

今回のサブタイトル「廻り愛」は
「めぐりあい」と読ませるんですね。
私、放送のルビを読むまで
まんま「まわりあい」と読んでいましたww

今回の冒頭で改めて、
前回の最後で提示された“夫探しゲーム”を聞かされました。
やっぱり変ですよね。
ここを否定しちゃうと始まりませんが
このゲームはおかしいよ!!
そして、立人は花鹿にメロメロじゃないですか。
一族の事なんて考えずに、とっとと奪っちゃえばいいのにー!と、
私は思わず彼をけしかけたくなりました。



……と書いてたら
ムスターファの生まれ変わり(笑)が登場!!
ユージィンは格好良いですね。
声はオノDさん……じゃない、小野大輔さんかー。

花鹿がムスターファをどれだけ愛し、大事にしたかは
よく伝わってきましたが、
これはやはり、究極の家族愛だと思います。
恋人同士が育む愛とは違うと思います。
なので、花鹿の
「ユージィンがムスターファの生まれ変わりだから好き」
という考え方も違うと思いますが、
(でも、そういう宗教なんですから仕方ないのでしょうが)
これはあくまで二人の出会いのきっかけであって、
ここから花鹿は、人との愛を本格的に学んでいくのでしょうね。
そうじゃないと、花鹿が痛い子ちゃんになっちゃいます……。

勝手な印象なのですが、
前回よりも立人が幼いように思えました。
もっと大人かと思っていたので、今回、
「あれ? 結構若い?」とギャップを感じました。
というか、前回の感想にも書きましたように
主人公の花鹿自体、非常に大人びていて、
とても女子中学生には見えません。
立人もユージィンもいくつなんだろう。
外見だと、彼ら二十歳前半ぐらいに見えるので、
老けている花鹿の例を挙げれば
十代後半ぐらいなのでしょうか。



花鹿に興味が無さそうだったユージィンですが、
彼女の正体をよく知っている事と、今回の一件で、
ちょっとは関心が出てきたような感じですね。
ただ、花鹿はかなりの朴念仁っぽいので
まだまだでしょうが、
そのうち、ユージィンが彼女にメロメロになっていくのかな。
続きが楽しみです!






────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第3話:眠れぬ夜

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-04-08 21:21  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。