SSブログ

感想@ドラマ「踊る大捜査線」第5話:彼女の悲鳴が聞こえない*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

ドラマ「踊る大捜査線」の感想です。
今回は第5話「彼女の悲鳴が聞こえない」です。

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。

私はこちらの作品をリアルタイムで視聴していました。
よって、記事の中で先の展開に触れる場合があるかもしれません。


前回の感想はこちら。
第4話:少女の涙と刑事のプライド

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめていきます。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴


────

すみれさんの回です。
容疑者の野口役として、伊集院光さんがゲスト出演されています。
若いww

今回の放送では
「おたく(オタク)」と「ストーカー」という単語が
キーワードになっています。

「おたく」は、こちらの放送がある前から
あの忌わしい殺人事件のせいで一般的に使われていました。
でも、略して「××ヲタ(オタ)」とは
まだ言わなかった時期ですね。
「ストーカー」は、
この単語に対する一般の認知度が上がり、
普通に使われ出した頃だと思います。
このネタ(ストーキング)を扱ったドラマも
こちらに限らず、よく作られました。



ピンクサファイアネタも面白いのですが、
今になって見てみると、
フロッピーを当たり前のように使っていたり、
真下さんがダイアルアップでネットに接続していたり……と、
感情としては、何より先に、懐かしさが来ます。
まぁ、捜査員を呼び出すのに
携帯電話でなくポケベルが使用されている時点で
「うわぁぁぁ」となりますけれど。
真下さんが見たピンクサファイアマニアのwebサイトも
随分と古い作りでした。
でも、当時はあれが普通……というか
パソコンがまだ庶民的でなかったので、
寧ろ、自分のサイトを持っているだけで凄かったですよね。
これ、リアルタイムの放送時期だと
ウィンドウズが導入されたばかりの頃ですか?
もしかして、まだMS-DOSの時代??
パソコンは勿論ですが、
携帯電話がこんなにも普及して
今や“電話”以外にあれこれできるスーパーな機械になるとは
誰も想像してなかったですよね。



野口の気味悪さが格別ですが、
(特に、すみれさんの自宅内で撮られたと思しきビデオ/
しかもベータww)
こちらの作品の見所は
ようやく、三人一緒のキャラクターが固まってきたらしい
スリーアミーゴスだと思います。
特に“ストーカー”のやり取り(定義づけ)は
何度見ても笑ってしまいます。
同様の事を、野口の家宅捜索時に
青島と和久さんも、“マニア”ネタでやっていますが、
おとぼけ加減はスリアミに軍配が上がると思います。
神田署長、大好きww



ピンクサファイアも、
すみれさん役の深津絵里さんをもじっているだけあって
中途半端にリアリティのある絵なのが
味があって良いと思います。
そして、雑誌“マニアージュ”ww
アニメージュを読んだ事のある私は
笑ってしまいました。



すみれさん自身に容疑者の逮捕をさせる事で
過去の清算を彼女にさせようとして
青島刑事たちが突っ走りますが……
すみれさんが捜査一課全体を否定した際に、
彼がすかさず、室井さんを挙げて
「あの人は違う/オレたちを分かってくれる」と
否定したのも良かったです。
これまでの事件や捜査を経て、
二人の間に信頼関係が着実に生まれているのが
よく分かりました。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第6話:張り込み 彼女の愛と真実

宜しければ合わせてどうぞ。


2010-04-04 21:56  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。