SSブログ

感想:NHK土曜時代劇「咲くやこの花」第九話「今日を限りの」*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

NHK土曜時代劇「咲くやこの花」の感想です。
今回は第九話「今日を限りの」です。
以下の記述にはネタバレを含みます。

前回の感想はこちら。
第八話「恋ぞつもりて」

各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:2010年冬 放送開始作品(1月〜)


────

前回の放送の最後で流れた次回予告で、
今回、佐生はな先生が再登場
&彼女が御前試合でのこいの相手となる事は
分かっていましたので
私の中での見所は、
はな先生がどうしてそうなったか……という経緯でした。

この理由について(亡き恋人の遺志を継ぎたい)は
私も納得しましたし、大変良かったと思います。
しかし、今回に限った事ではないですが、
おこいちゃんのお話があまりに淡々としていたので
見ていて退屈でした。
ぶっちゃけ、私には、
おこいちゃんの連れがお母さんでなくても
全く支障が無いです。
よって、今回、代わりに深堂由良が行く事になっても
興味がそそられる事はありませんでしたし、
何より、これは最初から分かっていた展開でしたので
(深堂由良が敵討ちに行かないと話が進まないww)
何を今さらという感じもしました。

ただ、前回の放送を経て、
おそめさん(おこいちゃんの母)と
信助さん(おしのちゃんの父)が
ミョーによそよそしいというか
お互いに意識し合っているのが見えたのは
面白かったです。

また、おこいちゃんに片思いをしている
順軒(百敷屋の若旦那)が、
簪の一件で、おしのちゃんをちゃんと認識しているのも
良かったです。
これまでは、百敷屋に奉公に行っていたのに
地味という理由で、存在すら忘れられていましたからね。
彼がおしのちゃんの名前を覚えるまで
あと一息かなと思いました。


御前試合は……超絶的に凄かったはな先生に
おこいちゃんが勝てるわけがないので
この先どうなるかが気になります。
これでおこいちゃんがはな先生に勝ってしまったら
逆に、あり得ない展開だと思います。
(おこいちゃんは確かに強くなったけれど
はな先生より強くなった描写は無かったので)






────

感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第十話「今は春辺と」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-03-22 23:59  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。