So-net無料ブログ作成

感想:漫画「のだめカンタービレ アンコールオペラ編 AKT2」*ネタバレあり [のだめカンタービレ:感想]

講談社の漫画雑誌Kissで連載が再開された
二ノ宮知子先生の作品「のだめカンタービレ」の番外編
「アンコール オペラ編」の感想です。
今回はAKT2です。

のだめカンタービレ(24) (KC KISS)

のだめカンタービレ(24) (KC KISS)

  • 作者: 二ノ宮 知子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/04/26
  • メディア: コミック


以下の記述にはネタバレを含みます。
コミックス派の方はご注意下さい。


前回の感想はこちら。
アンコール オペラ編:AKT1

「のだめカンタービレ」の感想記事のURLは
ジャンルを問わず、こちらのページでまとめています。
感想一覧:のだめカンタービレ


────

番外編であるオペラ編の第二回目です。
“オペラ”と題されているように、
作品で扱われている楽曲はオペラなのですが(魔笛)、
今回は、R☆Sオーケストラを中心とした日本組のその後が
メインとして描かれていました。



まずは、やはりこれでしょう、クロキンのプロポーズ!!
いやぁ……びっくりしました。
黒木君は真面目な分、決断力も早いですね!
別に、“交際=結婚を前提”というわけでもなかったのでしょうが、
黒木君がドイツのオケのオーディションに合格した事から、
来年から活動場所をドイツに移すに当たって、
ターニャを一緒につれていく(とりあえず婚約)と決められたのは
良い機会だったと思います。
だって……こういう機会がなかったら
二人はまだ同棲するだけだったでしょうし、
もしターニャがドイツ人だったら
それこそ、今回のプロポーズはなかったと思えるので!

ターニャも嬉しそうだったなぁ。
もしあそこで黒木君がプロポーズをしなかったら
ターニャは「実は……」の後で、
何を言おうとしていたのでしょうか。
ターニャは、黒木君の好意に甘えて、
彼の家に転がり込んでいた事からいって、
もう留学を続けられる状況にないから、国に帰るとでも
言うつもりだったのかな。

そして、のだめと違い、
黒木君本人が全く望んでなかったのに
勝手に始められたクロキン祭りが、
彼のプロポーズによって、本当に祭りになっちゃったのが
大変面白かったです。
私は、日本編でのだめに片思いをしていた頃から黒木君が好きで、
ヨーロッパ編になってからも、彼を気にしていたので
今回のプロポーズは本っっっっっっ当に嬉しいです。
ぶっちゃけ、千秋とのだめがちゃんとくっついた時より
嬉しかったです。
最初に読んだ時は「うわぁ」と変な声が出ましたww



さて、他の面々について。
ジャンケンに負けたせいで、
今回は高橋君にコンマスを譲ったらしい清良が
ちょっとかわいそうでした。
でも逆に言えば、今回の臨時R☆Sオケは
コンマスをジャンケンで選んでも支障がない状況で、
つまり、高橋君も清良も、
相手に負けないほど素晴らしい実力と肩書きを持っているという
証になっていたと思います。
避暑ならぬ女からの避難となっていた菊地君も
相変わらずで……笑ってしまいました。
でも、R☆Sオケの女には手をつけないところも
変わってないんでしょうね。
だから憎めないんだなぁ、菊地君は。
小さなコマだったけれど沙悟浄も元気で何よりです。

相変わらずと言えば、大河内君!!
千秋じゃないですが、私も、
「何、余計な事をしてんのー」と彼に憤慨しました。
これじゃまるで、大河内君に唄が汚されちゃったようです。
きっと自己陶酔の激しい、独りよがりな唄だったんでしょうね。
でも逆に、これは生で聴いてみたくなりました。
どんなに酷いのかとww
今回は、オケ組にはこれといった問題がないので、
(なにせ海外での入賞者が多い+オケと千秋の息もばっちり)
千秋が叩き上げるのは、
言わばメインである唄組になるようです。

そうそう、片平さんの奥さんも登場しました!
今回は大河内君に辛酸を舐めさせられて、
大変な思いをしたようですが、
この後で彼女に何か良い事があるといいなぁ。



そしてそして、菅沼沙也!!!!
実は、押コンで一位なしの二位入賞を果たしていたなんて
凄いじゃないですか。
きっと痩せれば、菅沼さんには、
それなりの舞台でそれなりの役がつくんでしょうね。
でもそれが面倒臭い+
痩せるまでには時間が掛かり、その間を無駄にしたくないので、
こうして歌劇団を作っちゃったのでしょうか。
その行動力の強さが凄いです。

また、皆の疑問を、
菅沼さんが自らの歌声で一瞬にして払拭したシーンは
見ていて爽快感がありました。
のだめも危惧していましたが、本当に
菅沼さんはかつてののだめのようでした。
でも、のだめが、
菅沼さんに対して遠慮のない千秋の言動を見聞きして、
かつての自分達に重ね、
勝手に心配し、ライバル視していたシーンは
本当に面白かったです。
「そっちかよ!」と、私もツッコミを入れてしまいました。



今回、千秋の指揮シーンがあり、
のだめもピアノを弾きましたので(どちらも練習ですが)、
次回からは、リサイタルを控えたのだめにも
ドタバタがあるのでしょうか。
読むのが楽しみです!






────

感想は以上です、
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


続きの感想も書きました。
感想「のだめカンタービレ アンコールオペラ編 AKT3」

宜しければ、合わせてどうぞ。


2009-12-25 19:47  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。