SSブログ

感想:月9ドラマ「東京DOGS」第5話 家出少女の口説き方*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

フジテレビの月9ドラマ「東京DOGS」の感想です。
今回は第5話「家出少女の口説き方」です。

東京DOGS ディレクターズカット版 DVD-BOX

東京DOGS ディレクターズカット版 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。


前回の第4話「宿敵からの挑戦状」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-11-12-1

各話の感想記事のURLは
他作品と合わせてこちらでまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/drama200910



────

今回の放送を見ていて、こちらのドラマが
良くも悪くも“普通の刑事ドラマ”になってきたなぁと
感じました。
私は、小栗旬さんにも水嶋ヒロさんにも興味がなく、
中途半端なガンアクションを長々と見せられるよりは、
それ以外のシーンが多い方が嬉しいので、
この“普通化”は有難いのですが、
これでは、放送前にフジテレビがウリにした要素が
薄くなっている気がします。
ガンアクションを楽しみにしていた、
ドラマ本来のファンの人には
物足りないのではないでしょうか。
尤も、たまたま今回だけが少なかった可能性が高いので、
次回以降も見てみないと断定できませんけれども。



今回は、他の捜査官に視点が振られる事もなく、
高倉奏と工藤マルオのコンビに焦点が当てられていたので
お話の作りがすっきりしていて、良かったと思います。
他の捜査官の出番が
チョイ役程度で終わっているのは残念ですが
益子の家庭ネタの連発ですら、
今回は見ていてちょっとしつこく感じたので
(あれは二回が限度だと思います)
寧ろバッサリ削っちゃっても良いと思います。
下手にその回の主要人物を増やすと、
全体的に散漫な作りになってしまうのは
前回のお話がいい例ですし。



お話は、家出少女の保護がメインでした。
でも、肝心の家出少女役の女優さんが
大変失礼ですが、老けているように思えて
──おそらく濃い化粧のせいでしょうが
とても“少女”には見えなかったので、
彼女の顔がアップになる度に
失笑してしまいました。
彼女に少女っぽい化粧(ナチュラルメイク)を施すか、
もうちょっと幼く見える女優さんを起用するかすれば良いのにと
思えてなりませんでした。
一般的に言えば
こういうメイクをする女子は決して珍しくないと思います。
でも、こちらの作品は
リアリティを追究するドキュメンタリーではなく、
ドラマなので、
視聴者がパッと見た瞬間に
少女と思えるように“作る/見せる”事が必要だと思います。

最後の、マルオと松永由岐による
高倉の電話の盗聴→尾行は、
蛇足かと思ったのですが、
父親の命日だという告白が高倉によってなされたので、
最後の締めとしては良かったのではないかと
思えるようになりました。



ずっと気になっている事が一つあります。
こういうドラマの場合、
特に若い女性視聴者にとって、松永由岐は
羨ましい存在でなくてはならないのですが
(格好良い男二人に守られるお姫様の設定なので)
全然魅力的に思えず、少しも羨ましく思えないのは
まずいのではないかと……。
なんていうか、
松永由岐が記憶を無くしているという
設定のせいもあるのでしょうが、
長所も短所もない没個性のヒロインになっていて
残念です。
賛否両論あるでしょうが、ヒロインはやはり、
女性視聴者から羨ましがられてなんぼだと思うんです。
こちらのドラマも中盤に入り、
これからお話がどんどん動いていくでしょうが、
彼女の素晴らしい点をいっぱい入れてもらえれば
見るのが楽しみになるのになぁと思います。
(逆に、前回の感想でも書きましたが
「自分が大事にされてない」と
子供みたいに拗ねるシーンは、もうたくさんです。
あれはかわいくないし
視聴者の同情も得られないと思います)



ところで、まさかこのドラマで
「相棒」ネタを見るのは思いませんでした。
「紅茶を飲む〜」云々との台詞が出た時には、
(「相棒」の主人公の刑事・杉下右京は紅茶を好む)
その後を曖昧にしてぼかすのかなぁと思いきや、
マルオが「亀山君」とまで言ったので吹きましたww


────
感想は以上です。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの第6話「潜入捜査で絶体絶命!?」の感想も書きました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-11-23-2



2009-11-17 02:02  nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 1

Mr.X

女子高生を演じたのが近野成美さんだったからです。
実年齢21歳に対して役年齢が17歳で、年齢差は4歳。
家出少女役ということで学校にほとんど行ってない役柄なので、まだ予定ないスペシャル版で3年生に進級しているか注目せざるを得なくなりますね。

by Mr.X (2011-02-06 20:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。