SSブログ

感想@NHK連続テレビ小説「なつぞら」第8週:なつよ、東京には気をつけろ*ネタバレあり [NHK連続テレビ小説感想]

NHK 連続テレビ小説「なつぞら」の感想です。
今回は、第8週「なつよ、東京には気をつけろ」について記します。
01natsu8.jpg
以下の記述にはネタバレがあります。

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)

  • 作者: 大森 寿美男
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2019/03/25
  • メディア: ムック

前回の感想記事はこちら。
【第7週:なつよ、今が決断のとき*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-05-18-4



これを書いている今は、次週(第9週)の金曜日の夜です。
アニメーターを目指して上京した主人公の奥原なつは、
一度は兄・咲太郎のせいで採用試験に落ちたものの、
二度目の(別部門の)試験で東洋動画に合格しています。

早く第8週の感想を書かなきゃなと思いつつも、
なかなかその気になれませんでした。
というのも、なつの部活動(演劇部)のあたりから続いていますが、
私がこのドラマの視聴をあまり楽しめていないからです。
続きが全然気にならないし、面白いと思えていません。


これまで、泰樹さんの偏屈さに閉口したことはあったものの、
視聴するのが嫌だと思う時はありませんでした。
でも東京編になって……なつの兄・咲太郎と、
その義母・岸川亜矢美の言動を見聞きする度に、しんどいです。
なつも興奮した時にその気が出ますが、
この二人、人の話を全く聞かないですよね。
二人とも、人が好いというか、優しいんだろうなとは察せます。
でもそれがウザい……。

なつもなつで、感情的にバーッと文句を言った後で、
「ごめんなさい」と頭を下げる流れが、好意的に思えません。
特に、この第7週中、誰に対してだったか忘れましたが、
「私が悪かったなら謝ります」と謝った時は、
「これって詫びになってないよね」とツッコミを入れたくなりました。
悪いのを自覚していないのに詫びるっておかしいですし、
謝られた方もビミョーな気持ちになるのではないでしょうか。



それと、この週のサブタイトル「東京には気をつけろ」には
強い違和感を覚えました。
東京編で出てきた人々は、
みんな不自然なほど、なつに優しかったです。
なつに「気を付けろ」と注意を促すより、
むしろ東京の人々に「なつには気を付けろ」と言ってほしかったです。
なつと出会った人はみんな、なつの虜!
なつが大好き!なつの為に動かなきゃ!
……になっちゃってますよね。



また、なつの幼馴染・山田陽平さんについても首を傾げました。
以前、東京で最初の再会を果たした時も
高額な料理を出す川村屋でだったのが変でしたが、
今週、値段が高そうな本をなつにあげていたのに
ひっかかるものを覚えました。
実家の山田家はまだ貧乏そうな暮らしが続いているようなのに、
陽平さんは高いレストランで普通にお茶ができていて
(あの日が特別だったような描写はない)
知り合いにとはいえ高価そうな本をぽんと贈れちゃうなんて、
お金には困っていないんだろうなぁと感じました。

北海道時代の陽平さんについては、
作中でもあまり出番が無かったので、推測がほとんどですが、
あの貧しい日々を長く経験したのなら
実家への仕送りで苦労している様子を見せてくれた方が
彼らしい気がします。
また、なつに本をプレゼントするなら、
使い込んだ(読み込んだ)汚い本を、
「こんなので申し訳ないけど、とっても参考になるから」と
恥ずかしそう渡す方が良いのでは?と思いました。



続きはこちら。
【感想@NHK連続テレビ小説「なつぞら」】
第9週:なつよ、夢をあきらめるな *ネタバレあり
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-06-07-2


連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)NHK連続テレビ小説 なつぞら 上連続テレビ小説 まんぷく Part1 (NHKドラマ・ガイド)連続テレビ小説 まんぷく Part2 (NHKドラマ・ガイド)NHK連続テレビ小説 まんぷく 下1964年の有村架純 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」愛蔵版フォトブック (単行本)朝ドラの55年 全93作品完全保存版 (教養・文化シリーズ)




2019-05-31 22:52 
共通テーマ:テレビ