SSブログ

感想「アイドリッシュセブン」第4部 第3章:僕らの仕事*ネタバレあり [アイナナ第4部 感想]

ゲーム「アイドリッシュセブン」第4部の感想です。
11i7.jpg
今回は、第3章「僕らの仕事」について記します。
・第1話 道の先
・第2話 論理的悲愴
・第3話 表の笑顔、裏の涙
・第4話 気まぐれの転機
・第5話 行く末

私の推しメンは、TRIGGERの八乙女楽くんです。
以下の記述にはネタバレを含みます。


前々回、前回の記事はこちら。
【感想「アイドリッシュセブン」第4部 第1章:青空にかかる夢*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-02-27
【感想「アイドリッシュセブン」第4部 第2章:響くメロディ*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-02-28

関連記事
【アイドリッシュセブン 感想記事一覧】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/i7



【第1話:道の先】
六弥ナギくんがノースメイアの王子様らしいとは、
アイナナの序盤から散々匂わされており、
私たちリアルな世界のファンからすれば
もはや周知の事実でしたが、
作中のIDOLiSH7メンバーにしてみれば青天の霹靂なんだと、
前回の最後で出てきたナギくんの手紙に動揺する彼らに対して
改めて感じました。
七瀬陸くんの
「六人編成を考えるのも、七人で歌うためだから」との台詞に
嬉しさや頼もしさを強く覚えた反面、
その七人で歌える時はいつ来るのだろうかと考えると
苦しくなりました。
素敵な台詞だけれど、辛かったです。


紡ちゃん一人を呼んだ小鳥遊社長。
驚きや悲しみに浸ることなく、状況を冷静に判断して、
この先のことを決めなければいけない……
IDOLiSH7の未来を思えばこそ
尚更そうしなければならず、
また、冷酷な判断を下して伝える必要もあり、
マネージャー業も大変そうです。
だからこそ、紡ちゃんもその想いをきちんと汲んだように、
小鳥遊社長がIDOLiSH7を大事にしていると分かりました。

感情だけで言えば、紡ちゃんも小鳥遊社長も
ナギくんの行方を捜して彼の復帰を待つこと一択でしょう。
でも、今やIDOLiSH7が人気急上昇中のアイドルとして
多くの人に支持され、待ち望まれる立場になった以上、
九条天くんからかつて言われたように、
彼らにも「タレントとしての責任」がより強く付いてまわります。
それが不可能だった未来を迎えた際にも、
的確に動く責任が生じるようになっています。
もし今回の事件がIDOLiSH7のブレイク前に起こったなら、
小鳥遊社長も紡ちゃんもナギくんの復帰を待てたかもしれません。
こう考えると、皮肉な話と思わずにはいられませんでした。


月雲了さんから嫌がらせを受けるŹOOĻ。
大食いレポに人生相談ww
よくぞここまで向いていない仕事を取ってきたなと
感心してしまいました。
棗巳波くんはあまり食べないような外見ですけれど
食べようと思えば食べられるタイプなんですかね。
髪留めとかかわいい。

そして、友達はとメンバーに問われて
IDOLiSH7の四葉環くんを遠まわしに挙げる亥清悠くん。
和泉一織くんもそうでしたが、
人付き合いがあまり上手でなさそうな人を相手にしても
問題なく距離感を詰められる環くんの行動力は、
才能の一つですね。
羨ましいです。



【第2話:論理的悲愴】
同じ番組に出演するということで、
少ない時間を利用してŹOOĻの楽屋を訪ねたIDOLiSH7。
IDOLiSH7メンバーの台詞や声に、
のっぴきならない事情というか
なりふり構っていられない感情がよく表れていました。

人間関係で(というか他人に対して)淡白なŹOOĻの中で、
八乙女楽くん並みの熱さを持つ点で例外的な存在の狗丸トウマくん。
そんなトウマくんと顔見知りだったからか、
無意識でそこにつけこむ陸くん。
シリアスな場面なのに、
その強い訴求力にほだされるトウマくんを目の当たりにして
思わずくすっと笑ってしまいました。
陸くんに本気でお願いをされたら、
トウマくんでなくても聞かずにはいられないんでしょう。

そんなトウマが皆に聞かせた、NO MADでの過去話。
声や話し方は淡々としていましたが、
感情的に走りがちなトウマくんがそうなっているのは、
自身が言ったように
彼の中では辛さがあらかた昇華できているからでしょう。
ただ、そんなトウマくんに他のŹOOĻのメンバーも
思うことがあったようなそぶりを見せていたのが
非常に印象に残っています。
陸くんが言っていたように、ŹOOĻにも絆が強まっているようで、
ホッとしました。


その途中、御堂虎於くんによって挙げられた「逢坂家の人間」評が、
とても面白かったです。
言動の傾向が手に取るように分かるとは、さすが御曹司同士。
そして虎於くんが「笑顔で包丁を向けてくる」と例を挙げた際は、
私もすぐに逢坂壮五くんと環くんのカレー作りを頭に浮かべたので、
直後の環くんの反応に笑ってしまいました。
環くんの中であれがトラウマになったのは、仕方がないです!


ようやく巳波くんからナギくんの説明がなされました。
08.jpg
王族が他国でアイドル活動なんて、
いくら二次元の世界とはいえ大丈夫かと不安でしたが、
返上しているなら問題は無いのかもしれません。
ただ、彼を慕っているノースメイアの国民は多そうなので、
もしアイドルとしてのナギくんを知った時の彼らの感情を思うと、
私が悪いわけでもないのに、変に申し訳ない気持ちになります。


09.jpg
これは、王族としての責務を果たすナギくんが優秀だったがゆえの
感情のねじれなんでしょう。
もしナギくんの母親もノースメイアの人だったなら、
第一王子であるお兄さんも感情をこじらせずに済んだかもしれません。
一般的な王家のように、子供の出生順で王位継承が決まるのなら、
第一王子と第二王子の差は大きく開いているはずで、
ナギくんの有能さをもってしてもひっくり返せないからです。
加えて、ナギくんの優しい性格を踏まえれば、
彼が王位を望まないことは分かるはずで、
その点も強みになります。
また、ノースメイア人の選民意識(と書くと語弊があるかもしれません)が
どこまで強いのかは分かりませんが、
異国の血を引く王族が国の先頭に立つのを許せないという
愚かな考えを持つ人間がいるだろうとは、
私にも想像がつきます。
もしナギくんが愚鈍な王族であれば、
第一王子は彼を己の忠実な傀儡として使うか、
いっそ国民へのお手振り要員として
飼い殺しにするかという手を取れます。
でも、政治情勢が荒れている上に
人材が少なさそうなノースメイアの酷い現状を思うと、
血はどうであれ、優秀な手腕を持つナギくんに
大きく頼らざるを得ない……。
それを事ある毎に強く認識させられれば、
第一王子がナギくんに対して複雑な感情を抱くのは、
とても自然なことです。
同時に、ナギくんはナギくんで、
国や兄の都合で勝手に利用されるだけとあっては、
ふざけるなと言って怒るのは当然です。
単なる兄弟の諍いで終わらないところが、
問題の根深さを表している気がしました。


実を言いますと、第3部を初めて読んだ時、
私はŹOOĻの中でも巳波くんを一番苦手としていました。
彼が何を考えているかがよく分からなかったからです。
それは以前にも書きましたとおり、
「拮抗のクォーター」で語られた過去を読んだことで
かなり緩和されたのですが、
今回、声を震わせ荒げた彼を見たことで、
好きになれそうとまで思えました。



【第3話:表の笑顔、裏の涙】
ナギくんの事情を思うと、
第4部第1章での天くんと楽くんのやり取りを思い出します。
ナギくんにとっては、
ノースメイア(国と桜春樹さんの命)もIDOLiSH7も大事で、
どちらか片方だけなんて選べないはずです。
ならば折り合いを付けて上手くやらなければならないのですが、
とりあえず引き下がった九条鷹匡と違い、
第一王子たちノースメイア側は強行手段を取ったわけで……。
一刻も早く問題が解決しますようにと祈るしかないのが、
とてももどかしいです。


その後の歌番組では、
二階堂大和くんがIDOLiSH7にいてくれて良かったと痛感しました。
それでも完全には隠しきれなかったみたいですが、
もし彼がいなかったなら
IDOLiSH7を取り巻く事態はもっと悪くなっていたはずです。
ここでの下岡さんとの会話や、
その後に流れた陸くんの長いモノローグでは
私の目頭も熱くなりました……。
歌番組での歌唱が無事に済んで良かったけれど、
ナギの不在に馴れないでほしいと望む感情は
私にもよく理解できます。


スタジオ袖でのŹOOĻのやり取りは、とても興味深かったです。
巳波くんに対して優しい提案をする三人のメンバーの気持ちも、
そんな彼らに苛立つ巳波くんの気持ちも、分かる分かる。
メンバーへの友情を素直に露わにするIDOLiSH7たちと違い、
ŹOOĻはメンバー間でより仲良くなれても
少しひねくれた感情を出し続けるのでしょうが、
絆が本格的に強まるまであともう少しなんでしょうね。
今回のナギくん関係の事件が、
IDOLiSH7にとっては勿論ですが、
ŹOOĻにとっても良い結果をもたらすきっかけになってくれることを
願います。



【第4話:気まぐれの機転】
ボブ初登場!
「ノースメイアで活躍した」と言われると、嫌でも心が引っかかります。
「ハッピーアワー」というのは、いかにも百さんらしい単語でした。
言霊を信じているわけではないけれど、
どうせ口にするなら幸せを表す言葉の方が良いに決まっていますので。


とうとう出たŹOOĻの電話相談。
投げやりな態度を取りがちな虎於くんの普段の言動に加えて、
巳波くんのせいで機嫌の悪さがマックスという状態で
どうなるかと思いましたが……。
個人的には、「馬鹿」をやたら連呼して
巳波くんに悪態をついていた二人の子供っぽいシーンが
大好きです。
可愛過ぎたww



【第5話:行く末】
話を跨いだ虎於くんの電話相談。
第4話終盤でのやっちまった!からのどんでん返しは、見事でした。
受け答えに「八乙女楽み」を感じてしまいました……
虎於くん、格好良かったです。
これは皆に見直されるし、惚れられるわー。

そして、あんな細身なのにラーメンを四杯も食べた
(しかもまだまだ食べるらしい)
大食いレポ組の巳波くんとトウマくん。
彼ら四人も、音楽だけに限らず
タレントさんとしての適性が全般的に高いみたいです。
みんな有能で凄いなぁ。


大和くんの話は……
次の第四章の配信を待つしかないのですが、
このままナギくんが戻らなかった場合のIDOLiSH7の未来について、
リーダーとしての希望を紡ちゃんに伝えるのかなと思いました。
(とりあえず六人で続ける、新たなメンバーは迎えない等)



凄くもどかしいところで終わってしまったので、
次の配信が本当に楽しみです。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

(4/8追記)続きはこちら。
【感想「アイドリッシュセブン」第4部 第4章:心、みつめて*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-04-08


アイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray BOX -Limited Edition-アイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray Day1アイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray Day2アイドリッシュセブン Re:member 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック2アイドリッシュセブン 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)アイドリッシュセブン TRIGGER -before The Radiant Glory- (花とゆめCOMICSスペシャル)




2019-03-01 12:59  nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0