SSブログ

感想@NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第21週:1994-2001*ネタバレあり [NHK連続テレビ小説感想]

NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の感想です。
今回は、こちらの週について記します。
第21週:1994-2001
04come_top.jpg
以下の記述にはネタバレを含みます。

連続テレビ小説 カムカムエヴリバディ Part1 NHKドラマ・ガイド

連続テレビ小説 カムカムエヴリバディ Part1 NHKドラマ・ガイド

  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2021/10/25
  • メディア: Kindle版

初週と先週の感想記事はこちら。
【第1週:1925-1939】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-11-05
【第20週:1993-1994】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2022-04-03



第21週のあらすじはこちら。
https://www.nhk.or.jp/comecome/
05arasuji.jpg


岡山に戻って気持ちの整理がついたるいが、
ようやく安子ちゃんを探し始めました。

その前に、ジョーが、
自分がるいをアメリカに連れていく云々と
微笑みながら口にしていましたが、
「るいがアメリカに行く」ことと
「ジョーがるいをアメリカに連れて行く」ことは
繋げない方が良いのにと思いました。
寧ろ、年老いた算太が亡くなったのを思えば、
安子ちゃんに残された時間も少ないのを実感して、
一刻も早くるいをアメリカに行かせるのが
夫の優しさだと思います。
まぁ、結果的に、
ジョーは音楽と再び関われるようになり、
相応の収入も得られたらしく、
夫婦でアメリカに行けたのは良かったですが。
でも、ジョーが今さらちゃんと働くようになっても、
以前の彼の駄目っぷりは帳消しにはならないので、
最低だという評価も変わりません。
外で仕事をしない、自営業の仕事も手伝えない、
家事も全くできない、子供の躾も疎か……で、
しかもそれらを全く非としない考え方は、
そんな彼をるいが許していたせいもあるとはいえ、
親の役目を果たしていたとは到底思えないからです。

ジョーが未だにホットドッグを普通に食べられず、
こぼして服を汚すシーンについても、
笑えるどころか、見ていて嫌な気持ちになりました。
ジョーの食べこぼしのエピソードは
こうして何度も描かれるあたり、
ジョーの愛すべき欠点とされているようですが、
私のようにジョーを評価できない視聴者にとっては
不快なだけだったと思います。



それと、大事な伏線回収そして主題として、
ひなたがようやくラジオでの英語の勉強を
本格的に開始したものの、
彼女が英語を話せるようになったとの結果だけで、
その過程の描写がほぼ無かったのが、
とてもとても残念でした。
るいが実は毎朝ラジオを聞き続けていたというのも、
今になって台詞での説明が唐突になされただけで、
具体的に彼女がそうする映像は最初のみだったので、
ひなたについても期待は持てませんでしたが、
ここまでばっさり省かれるとは思っていなかったです。
私が見たかったのは、
英語を流暢に話せるようになったひなたではなく、
昔の安子ちゃんのように
ラジオを聞きながら懸命に学ぶ姿だったので、
これには本当に拍子抜けしました。
06.jpg
結果として、るいもひなたも
流暢に英語を話せるようになったものの、
ラジオの英語会話の番組のお陰という印象は薄く、
これを作品の主題だと主張するには弱いと感じました。

そうそう、ひなたがワープロを使っていましたが、
2001年ならもうパソコンだと思います。
07.jpg
尤も、大月家のラジオが骨董品並みに古いので、
古い物を大事に使う
(貧しいが故に使わざるを得ない)という姿勢の
表れなのかもしれませんが、
テロップで具体的に今が何年だと出さない分、
小道具で時代を反映してほしいです。
テレビで流す歴代の朝ドラに頼りすぎですし、
未だに昭和レトロ感が強い主人公の家は例外が過ぎるので、
他の部分で時代を強めに表してほしいです。
大月家にしても条映にしても、
お金が無いという点では同じかもしれないので、
それをワープロで表していると言われれば、
私も納得せざるを得ませんが、
それは貧乏設定で時代考証の仕事を潰しているようだとも
思えます。



今週の感想も散々なことを書きましたが、
それでも、良かったと思えた点はありました。
ようやく……ようやく!!
登場人物の年齢が上がり、
役者さんの実際の年齢と近くなってきたからか、
るいもひなたも自然に見られるようになりました!
ひなたはともかく、
るいにはずっと違和感しか覚えなかったので、
深津さんを見ても変だと思わない自分が新鮮でした。
08.jpg



次の見どころは、ひなたと文四郎の再会でしょうか。
私は、もう彼を見ても感動せず、
「今さら何しに来たの?」と
冷めた目でしか見られなかったので、
期待はしていないです。
ただ、最後はひなたの物語で終わってほしいとだけ
願っています。
るいの話は本当に要らないです。



続きはこちら。
【感想@NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第22週:2001-2003*ネタバレあり】 https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2022-04-05



連続テレビ小説 カムカムエヴリバディ Part1 NHKドラマ・ガイド連続テレビ小説 スカーレット 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]連続テレビ小説 エール 完全版 ブルーレイ BOX2 [Blu-ray]渡瀬恒彦出演 連続テレビ小説 ちりとてちん DVD-BOX2 割れ鍋にドジ蓋 全4枚【NHKスクエア限定商品】あまちゃん 完全版 DVD-BOX1連続テレビ小説 ふたりっ子 完全版2




2022-04-07 19:27 
共通テーマ:テレビ