SSブログ

アニメ「アイドリッシュセブン Third BEAT!」感想 第7話:接触*ネタバレあり [アニナナ感想]

アニメ「アイドリッシュセブン Third BEAT!」
第7話「接触」の感想です。
以下の記述には、先の展開を含むネタバレがあります。
01sougo.jpg

アイドリッシュセブン Third BEAT! 1 (特装限定版) Blu-ray

アイドリッシュセブン Third BEAT! 1 (特装限定版) Blu-ray

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコアーツ
  • 発売日: 2021/09/28
  • メディア: Blu-ray

関連記事
【アイドリッシュセブン 感想記事一覧】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/i7

初回と前回の感想記事はこちら。
【アニナナ3期感想 第1話:星を覆う雲】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-07-07
【アニナナ3期感想 第6話:届ける想い】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-08-11



第7話のあらすじはこちら。
https://idolish7.com/aninana/
 晴れやかな気持ちで仕事に向かうIDOLiSH7。壮五はテレビ局で虎於と遭遇するが、大企業の子息である二人は以前からの知り合いだった。
 一方、一織と環が通う学校では、転校生の亥清悠が二人に挑発的な態度をとっていた。

前回の放送で二階堂大和くんの問題が一段落し、
次回からRe:valeの過去編ということで、
今回はその間を繋ぐ幕間劇のような内容でしたが、
いつものように見どころが満載でした。
これまでの感想記事でも度々書いているとおり、
映像がつくと、アプリゲーより描写が細かくなるので、
既に知っている物語でも新たな発見があったり、
感動の度合いがより深くなったりするのが嬉しいです。
尤も、辛いシーンもよりしんどく感じるので、
Re:valeの過去回想が終わった後の展開を想像するのが
嫌になりますが……。
(勿論、それについては
アニナナ3期制作の発表がなされた時から覚悟しているので、
どんな描写でもバッチこい!な状態ではあります)



今回は、ŹOOĻがグループとして本格的に登場しました。
四人がそれぞれイミシンな台詞を吐くところは格好良く、
その後の御堂虎於くんと亥清悠くんにはギャップがあって、
大変興味深かったです。
虎於くんに声をかけられた時の紡ちゃんの戸惑いっぷりも、
とても可愛かったですね。
そして、あの場にTRIGGERの八乙女楽くんが居合わせなくて
本当に良かったと思いつつ、
もしそうだったなら愉快なことになっていただろうなと想像して、
ニヤニヤしてしまいました。

転校生の悠くんは、
和泉一織くんや四葉環くんと同じクラスの配属だそうです。
登校したら同じ教室に美形のアイドルを三人も拝めるだなんて、
そのクラスにいる女子生徒のことが羨ましくてたまりません。
そして早速、三人での会話がありましたが……
悠くんが敵意を向けているのは九条天くんだけという設定が
絶妙だと思いました。
ご存知のように、一織くんたちが所属しているのはIDOLiSH7で、
TRIGGERと深い親交を持つグループの一員とはいえ、
悠くんが二人を特に嫌ったり避けたりする理由が無く、
どんな状況になってもここは大丈夫というのが救いです。
加えて、悠くんが二人のツッコミ役を務めたことで、
テンポよく会話を進めていけるのが良かったです。
アプリゲーの時にも触れた覚えがありますが、
「分からないことがあったら四葉さんに聞いてください」からの
「分からないことがあったら、俺はいおりんに聞く」の流れは、
アニメでも最高でした。

逢坂壮五くんと虎於くんの再会シーンも良かったです。
壮五くんが虎於くんの姿を見つけた途端、
環くんに「壁になって」と頼むところから始まり、
丁寧でありつつも明らかに感情が伴っていない挨拶を交わして、
虎於くんの嫌味をなんとなくの笑顔で受け流す……からの
環くんの悪口を言われた途端に怒りのスイッチが入る展開は、
壮五くんという人を内面も含めてよく表していました。
彼の最後の怒りがとても熱いのが、特に印象的で、
私も思わず「おお……」と声を漏らしました。
結果的に、この回での虎於くんは
MEZZO"の仲の良さを表すための引き立て役になっていましたが、
壮五くんに喧嘩を売ったのは彼の方なので、
自業自得なのかもしれません。



さて、今回は、
環くんと一織くんが学校帰りにゲーセンに寄るシーンもありました。
勿論、ここでは、
一織くんが女子生徒の他愛のない感想を耳にするのが主で、
二人がそうしているのはおまけのようなものなのですが、
時間がある時ならこんな日常を過ごしているのかと思うと、
ちゃんと年相応なことを普通にできている点に、
ちょっとホッとします。

そして、自分の理解のできないところで
陸くんの人気が高まっているのを目の当たりにし、
不安を覚える一織くん。
物事を理論立てて進めていく人だからこその落とし穴でしょうが、
予測できない事態に対して心に余裕を持てなくなるのは、
彼がまだ若いからという理由もある気がします。
それにしても、楽器演奏を頑張る陸くんはかわいい。
02riku.jpg
確かに待ち受けにしたい画像です!



月雲了さんの計画を潰したRe:valeですが、
それは一部に過ぎず、
なんとか彼の気を逸らそうとする百さんの努力は
相変わらず続いているようです。
千さんと百さんの口喧嘩も、
それぞれが相手を本気で心配しているからこそだと分かるのが、
とてもせつないです。
また、二人とも間違っていないというのがもう……。
03Revale.jpg

特に千さんについては、
了さんに会いに行く百さんを何とか引き留めたいとして、
変なラビチャを知り合い全員に送り付けたり、
消火器に向かって彼に謝る練習をしたり、
その様子をマネージャーに見られて赤面したりと
いつになく必死な様子がちゃんと描かれていたので、
その本気度がよく伝わってきました。
04yuki.jpg
何度見ても、この文面には笑ってしまいます。

千さんは、普段がとても格好良くて心も強そうなのに、
百さんのこととなると心がちょっと弱くなって、
感情のまま暴走しがちになるというのが分かったのが、
嬉しかったです。

百さんも……千さんの名を口にする際に
いつもの調子で明るく呼び捨てにするのでなく、
敢えての「千さん」呼びをしていたのが、
彼の真剣さの表れになっていました。
名前を敬称付きで呼んだだけなのに、非常に重かったです。



そして来週は、Re:valeの過去編が流れるようです!
05mikansei.jpg
若い千さんや大神万理さんだけでなく、
まだRe:valeのファンだった百さんのことも見られるかと思うと、
楽しみでなりません。
また、「未完成な僕ら」が名曲なんですよね……。
大好きです。



続きはこちら
【アニメ「アイドリッシュセブン Third BEAT!」感想 第8話:未完成な僕ら*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-08-22-2



アイドリッシュセブン Third BEAT! 1 (特装限定版) Blu-rayアイドリッシュセブン 2nd LIVE「REUNION」Blu-ray BOX -Limited Edition- (完全生産限定)アイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray BOX -Limited Edition-アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック 4アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック 3アイドリッシュセブン Re:member 1 (花とゆめコミックス)




2021-08-16 12:54 
共通テーマ:ゲーム


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。