SSブログ

感想「アイドリッシュセブン」第3部 第5章:居場所*ネタバレあり [アイナナ第3部 感想]

ゲーム「アイドリッシュセブン」第3部の感想です。
https://idolish7.com/campaign/third_chapter/
i7_3rd.jpg
今回は第5章「居場所」について記します。
・心の準備
・届ける想い
・ナギからのコール
・涙の跡
・立ち向かう意思

私の推しはTRIGGERの八乙女楽さんです。
現在、次の第4部まで読了していますので、
以下の記述には先の展開を含むネタバレがあります。
「ズール」の名前については、環境依存文字が使用されているため、
アルファベットを代用して「ZOOL」と表記します。

アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック 3

アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック 3

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/03/20
  • メディア: 大型本

関連記事
【アイドリッシュセブン 感想記事一覧】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/i7

初回と前回の記事
【感想「アイドリッシュセブン」第3部 第1章:雨天】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-02-04-2
【感想「アイドリッシュセブン」第3部 第4章:心の声】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-02-21-1



【第1話:心の準備】
珍しく学校をサボった和泉一織くん。
これが初めてというのは勿論ですが、
理由が市場調査というのにびっくりです。
仕事じゃないですかww
誰よりも生真面目な一織くんらしい理由で、さすがでした。
そんな一織くんは、
世間からの七瀬陸くんへの注目度に興味を持っているようでした。
こちらも、理詰めで物事を捉える彼らしい行動です。

一方、映画撮影に現場入りした二階堂大和くんは、
再び千さんと会話をします。
落ち着いて話せるようになったのは、
その前の夜に百さんに気持ちを吐露できたからでした。
自分の目の前で今すぐに電話をかけるよう
大和くんに指示した千さんも、良い対応だったと思います。
本当に、Re:valeの二人の優しさと行動力には頭が下がります。
IDOLiSH7だけだったら、
問題が解決するまでもっと多くの時間を要したでしょうし、
そもそもちゃんと解決できなかったかもしれません。
勿論、大和くんも頑張っていました!
和泉三月くんに恐る恐る電話を掛けたシーンでは、
大和くんの精一杯の勇気が見えました。



【第2話:届ける想い】
大和くんの電話を受けた三月くん。
百さんが言っていたとおり、
ふふっと笑う三月くんはとても嬉しそうでした。
もし三月くんが変に捻くれていた性格をしていたら、
ここで大和くんに冷たい応対をした可能性もあったので、
彼がそういう人でないことにホッとしました。

廊下で改めて再会した大神万理さんと千さん。
気の置けない、ズバズバ言い合う会話が、心地よいです。
共にきつい言い方をしているけれど、空気が和やかなのが、
二人の声からよく伝わってきました。

この後、千さんが、
百さんと月雲了さんの企みに気付いてしまい、
一転して物語が不穏なものになりますが……
この後の展開を知っている身としては、
百さんの役者っぷりが面白いです。



【第3話:ナギからのコール】
了さんが去った後、千さんに事情を説明した百さん。
そこにすぐに戻ってきて、駄目押しで二人に釘を刺した了さんが、
性格の悪さを全開にしていて凄いのですが、
即座に演技で喧嘩を再開したRe:valeの二人が見もので、
了さんがすっかり霞んでしまうのも面白いです。

大和くんがIDOLiSH7の寮に戻ってきたのを受けて、
他のメンバーだけでなく、
小鳥遊社長やTRIGGER、Re:valeも呼ぶ六弥ナギくん。
本気のナギくんは怖いww
涙目になって必死で止めようとする大和くんの様子も含めて、
本来のここはシリアスな展開のはずなのに、
とってもとっても面白かったです。
大和くんが結婚すると誤解した八乙女楽くんにも、笑いました。
彼も十龍之介くんも、変なところでピュアなんだなぁ……。



【第4話:涙の跡】
「第一回打ち明け話大会」の開催です!
ナギくんの素早い手回しにより、大勢の知り合いの前で
自分の過去(しかも言いたくないこと)を言わされる大和くん……。
「さぁ、どうぞ」と勧められても、さすがに話しにくいですよね。
代わりに話し始めてくれた千さんが、ナイスフォローでした!

そのお陰で、たどたどしくではありましたが、
千葉志津雄が父親である事実と、
その妾宅(大和くんの実家)が千葉サロンの場であったことが
彼自身の口から明かされました。
察しが悪い楽くんと、それをたしなめる九条天くんのツッコミが、
緊張感のある空気を少し和らげていました。

改めてなされた大和くんの辛い告白には、
陸くんが言っていたとおり、
彼の父親に対する愛情が深く感じられました。
事実を知るまでは本当に大好きで懐いていたからこそ、
実は密かに不貞をしていた父親を許せず、
それが自分自身の存在にも繋がっているという彼の悩みは、
私も想像するだけで辛いです。
父親を許したいけれど許せないうちに、
どんどん深みに入ってしまって
自分でも感情がよく分からなくなったというのも
仕方が無いことです。
たしか三月くんだったと思うのですが、
誰かが発した「怒ってよかったんだ」という台詞には
私も大きく頷きました。



【第5話:立ち向かう意思】
話の流れで、了さんの企みが、
その場にいる皆にも知らされました。
それに抵抗する手段として、
志津雄さんを利用しようとした千さんは、
一度は断られてしまった結果を踏まえた上で、
大和くんにそれを代わりにやるよう指示しました。
確かに、他でもない可愛い息子の頼みなら、
(しかも大和くんは長く反抗中だったので
急に手のひらを返したようになる)
頑固な志津雄さんでもすんなりと応じるかもしれません……が、
それ以上に、大和くんから志津雄さんに話を持ち掛けることで
結果的に彼らの和解にも繋がるというのが、
千さんの機転の素晴らしさでした。
しかも今回は、三月くんが励ましてくれたように、
大和くんは一人ではないですもんね。
IDOLiSH7もTRIGGERもRe:valeも、
常に大和くんの心強い味方です!

その結果、志津雄さんは大和くんのために
なんと芸能界を引退してしまいました……。
正直、ここまでする必要は無かったはずですが、
この潔い行動には、志津雄さんなりのけじめのつけ方というか、
大和くんへの本気(愛情と詫び)が見えました。

IDOLiSH7が再びまとまった後、
七人一緒のご飯やライブがとても楽しそうで、
私の顔にも自然に笑みが浮かんでいました。
これまでギスギスしていた分、
以前以上に彼らの仲の良さが際立っていました!
ひじきご飯のパワーは素晴らしいですね(違う)。

悩みが晴れて気持ちが落ち着いたのが
大和くんの演技にも良い影響をもたらしたらしく、
映画の撮影も順調に進んだようで、何よりです。
千さんと大和くんの映画……観てみたいです。
丁度、今、現実で、
「ネメシス」という名のドラマが始まることもあり、
私はテレビでこの単語をよく聞くたびに
大和くんの顔がちらついています。

最後にZOOLの会話がありました。
メンバーの四人が揃うのは、ここが初めてでしたっけ。
初見時は彼らのキャラクターがまだよく分からず、
天くんへの敵意を剥き出しにする亥清悠くんが怖くて、
テキストを読んでいても全く楽しくなかったのですが、
後で一連のことをちゃんと謝罪するのを知っている今は、
精神的にまだ幼さが見える彼らに対して
微笑ましさを少しだけ感じました。



今回で大和くんの問題が終わり、話が一区切りとなりました。
しかしながら、めげない了さんの悪意は増すばかりで、
悪い方にどんどん転がっていきます。
そんなアイナナ第3部のアニメ化が今年の7月から!だそうで、
非常に楽しみです。
放送は2部構成ということで、
前半はきっとここぐらいまでですよね。
その前に開催されるというTRIGGERのオンラインライブも、
多大に期待を寄せています。
(公演グッズの事前通販の申し込みは済ませました!)
2021年も熱いアイナナに、目が離せないです。



続きはこちら。
【感想「アイドリッシュセブン」第3部 第6章:あの日の幕開け*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-04-06



アイドリッシュセブン オフィシャルファンブックアイドリッシュセブン オフィシャルファンブック2アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック 3アイドリッシュセブン Re:member 1 (花とゆめコミックス)アイドリッシュセブン Re:member 2 (花とゆめコミックススペシャル)アイドリッシュセブンRe:member3巻(完)「未完成な僕ら」CD付き特装版 (花とゆめコミックス)アイドリッシュセブン TRIGGER-before The Radiant Glory- (花とゆめコミックススペシャル)




2021-04-05 11:59