SSブログ

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第5週:女優になります 感想*ネタバレあり [NHK連続テレビ小説感想]

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」の感想です。
今回はこちらについて記します。
第5週:女優になります
01ochoyan.jpg

連続テレビ小説 おちょやん Part1 NHKドラマ・ガイド

連続テレビ小説 おちょやん Part1 NHKドラマ・ガイド

  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2020/11/27
  • メディア: Kindle版

以前の感想はこちら。
【NHK連続テレビ小説「おちょやん」第1~2週 感想*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2020-12-13-1
【NHK連続テレビ小説「おちょやん」第3~4週 感想*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2020-12-29-1



この週から京都編です!
千代ちゃんが本格的に
役者への道を踏み出した週でもありました。

実は、年末年始に放送されたNHKのテレビ番組で、
千代のモデルとなった浪花千栄子さんが
やたら早口でまくし立てている音声を聞く機会がありました。
なので、千代がベラベラと早口で喋るシーンでは、
それを思い出して「あ、これ! これこれ!」と興奮しました。



京都に来た千代が早々に詐欺に遭ったのが可哀相だったので、
雑用係とはいえ山村千鳥一座に所属できたのは良かったです。
ただ、その山村千鳥の良さが私には分かりませんでした。
皆に怖がられつつも慕われているようなので、
きっと実力がある人なんだろうなとは思いました。
また、練習熱心でもあるので、
芸に対してはとても真面目な人でもあるんでしょう。
でも、練習時や舞台での踊りが私の好みと合わなくて、
そこまで人を惹きつけるものかなと思ってしまいました。
(昔、古典芸能関連で仕事をしていたので、
気にしないようにしていてもそうなってしまいます)

それと、そういう世界だと分かっていても、
千代が理不尽に怒鳴られ、当たられている姿は
朝からあまり見たくないです。
私の中で、山村千鳥への苦手感が強まるばかりで、
ちょっとしんどかったです。



連続テレビ小説 おちょやん Part1 NHKドラマ・ガイド大阪のお母さん (潮文庫)浪花千栄子 昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優 (角川文庫)連続テレビ小説 おちょやん 泣き笑いのエピソード連続テレビ小説 エール Part2 (2) (NHKドラマ・ガイド)連続テレビ小説 エール 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]あまちゃん 完全版 DVD-BOX1




2021-01-11 11:39 
共通テーマ:テレビ