SSブログ

アニメ「アイドリッシュセブン Second BEAT!」感想 第12話:波紋*ネタバレあり [アニナナ感想]

アニメ「アイドリッシュセブン Second BEAT!」
第12話「波紋」の感想です。
以下の記述にはネタバレを含みます。
私の推しはTRIGGERの八乙女楽さんです!
02i7_1201.jpg

アイドリッシュセブン Second BEAT! Blu-ray 1 【特装限定版】

アイドリッシュセブン Second BEAT! Blu-ray 1 【特装限定版】

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコアーツ
  • 発売日: 2020/11/26
  • メディア: Blu-ray

関連記事
【アイドリッシュセブン 感想記事一覧】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/i7

初回と前回の感想はこちら。
【アニメ「アイドリッシュセブンSB!」感想 第1話:新しい扉】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2020-10-13-3
【アニメ「アイドリッシュセブン SB!」感想 第11話:守りたい場所】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-01-08



第12話のあらすじはこちら。
https://idolish7.com/aninana/
 IDOLiSH7がゼロの楽曲を流用していると批判され、記者会見を開く小鳥遊事務所。その席でマスコミ対応を買って出たナギは、楽曲は作曲家・桜春樹から正式に譲渡されたものだと語る。だが、そこにゼロを装う不審者が現れ、騒ぎは再び大きくなる。


今回も見どころがたくさんあり、
30分弱の放送時間があっという間に過ぎました。
六弥ナギくんの会見に始まり、
TRIGGERの「Last Dimension」アカペラ披露と
特筆すべきことばかりで、嬉しい悲鳴が出そうでした。
個人的には、この第12話は姉鷺さん回だとも思っています。
冒頭のナギくんの凛々しい会見では、
テレビの向こう側で姉鷺さんが鼻血を出して倒れている姿が
容易く想像できましたし、
TRIGGERがマスコミを相手に進んで喧嘩を買ったシーンでは
警備をしている背中から彼らへの強い信頼が伝わってきました。
そして、予定外の新曲アカペラ歌唱が良い宣伝になるとして
ほくそ笑んだところは、敏腕マネージャーの顔が出ていて
いつになく格好良かったです。
終盤、3グループのマネージャーで仲良く結束しているのも、
微笑ましくて大変良かったです!



さて、今回の目玉の一つ、
小鳥遊プロダクション特別広報マネージャーについて。
ナギくんは、ゆっくりなら日本語も流暢に喋れるとの設定ですが、
とにかくこの会見での彼が格好良すぎて、
ナギくんファンでなくても惚れてしまうだろう!!と思いました。
ナギくんが身を挺して紡ちゃんを守った件も
きっとテレビカメラを介してお茶の間に流れたはずなので、
あれで彼に落ちた女性は多いはず……。
「衛兵!」発言も含め、
今回の彼はまさにリアル王子様で、私も惚れ惚れしました。

会見そのものの評価については
作中で和泉一織くんが説明してくれた通りですので
割愛しますが、
毅然とした態度で相手(マスコミ)を圧倒しつつ、
少々のジョークで笑いを誘い、
場の空気を少し和ませることで相手の緊張を和らげて
自分の味方につけるやり方は、
本当に素晴らしかったです。
会見中は終始、ナギくんが流れを握っていたとおり、
彼がジョークを言う前と後では雰囲気が異なっていて、
もしあのまま会見が進んでいたなら、
騒動を一気に沈静化させられていたかもしれません。


そう考えられるからこそ、あの妨害は非常に残念でした。
これも、落書きと同様に
「妄執に憑りつかれた哀れなゼロおじさん」の呆れた行動に
過ぎないので、
その正体を思えば可哀相の一言に尽きますが、
やられている側であるRe:valeやIDOLiSH7にしてみれば
たまったものではないです。
また、この時点で真相を最も知っているであろう
九条天くんの心情を想像すると、
彼もそれなりに悩んでいたのではないかと察してしまいます。

私がこの怪人(笑)に対して許せないと思うのは、
今回の一件に具体的に関わる人たちだけでなく、
元々のゼロファンまで傷つけている点です。
この第12話の録画を見直して
和泉三月くんが「あいつはゼロじゃない」と叫ぶのを見る度に、
憧れのゼロを汚されたような気持ちになって傷付いている
多くのファンの顔が見えたような気になってしまい、
私まで胸のあたりが苦しくなります。
あの人のゼロへの愛は本物なのでしょうが、
自分とゼロしかない狭い心の中に住む彼のことは、
どう考えても同情する気になれないですし、
認めることもできずにいます。



そして、降りかかる火の粉を払いのけるどころか、
それを火種にした火炎放射器で炎を撒いたTRIGGER。
ゲームアプリのテキストで読んだ時の私は、
「Last Dimension? ここでラスディメのアカペラ?」と
違和感を覚えていましたが、
実際に聴くと納得できるほどの圧巻で素晴らしかったです。
編曲がとにかく凄い!
私は、サビの入り口で変調させているところが特に好きで、
録画を見直す度にそこに注目しています。
映像もとても綺麗で、特に天くんがまじ天使でした……!

ところで、TRIGGERが立っていた場所は汐留でしょうか。
03i7_1202.jpg
あのビルの出入口には見覚えがありますし、
汐留にはテレビ局があります(日本テレビ)。
おまけに、周りは高いビルばかりなので、
もしかしたらもしかしますよね。


TRIGGERが進んで巻き込まれたことで、
彼らを守るために動かざるを得なくなった八乙女事務所。
アニナナ1期を観ていた時は
ちょっと怖い存在だなと思っていた八乙女宗助さんに対し、
「実はそうではないかもしれない」と思い直すようになったのは、
彼が紡ちゃんと初めて会った回と今回がきっかけかもしれません。
また、八乙女パパの行動を読んで先手を打つ和泉一織くんが
いつになく頼もしくて格好良かったです!
尤も、元々決して役立たずではない人が奮起したんですから、
彼の有能さが露わになるのは当然のことでした。



ところで、今回の放送では
あの千葉志津雄さんのビジュアルが初めて登場しました。
こんな顔だったんですね……。
私もしげしげと見つめてしまいました。
今後の第3部、第4部でもちょくちょく関わってくる人なので、
アニメ視聴のみの方には是非注目していただきたいです。



続きはこちら。
【アニメ「アイドリッシュセブン Second BEAT!」感想 第13話:嘘と儀式*ネタバレあり】 https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2021-01-08-2



アイドリッシュセブン 2nd LIVE「REUNION」Blu-ray BOX -Limited Edition- (完全生産限定)アイドリッシュセブン Second BEAT! Blu-ray 1 【特装限定版】アイドリッシュセブンVibrato (特装限定版) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】TVアニメ『アイドリッシュセブン Second BEAT!』OP主題歌「DiSCOVER THE FUTURE」(メガジャケット付)IDOLiSH7 1stフルアルバム「i7」 (豪華盤)アイドリッシュセブンRe:member3巻(完)「未完成な僕ら」CD付き特装版 (花とゆめコミックス)




2021-01-08 16:11 
共通テーマ:アニメ