SSブログ

アニメ「アイドリッシュセブン Second BEAT!」感想 第5話:突然の訪問者*ネタバレあり [アニナナ感想]

アニメ「アイドリッシュセブン Second BEAT!」
第5話「突然の訪問者」の感想です。
以下の記述にはネタバレを含みます。
私の推しはTRIGGERの八乙女楽さんです!
05.jpg

アイドリッシュセブン Second BEAT! Blu-ray 1 【特装限定版】

アイドリッシュセブン Second BEAT! Blu-ray 1 【特装限定版】

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコアーツ
  • 発売日: 2020/11/26
  • メディア: Blu-ray

関連記事
【アイドリッシュセブン 感想記事一覧】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/i7

初回と前回の感想はこちら。
【アニメ「アイドリッシュセブンSB!」感想 第1話:新しい扉】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2020-10-13-3
【アニメ「アイドリッシュセブンSB!」感想 第4話:あらたなかたち】
https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2020-10-13-6



第5話のあらすじはこちら。
https://idolish7.com/aninana/
ある日突然、IDOLiSH7の寮を訪れる天。陸は戸惑いながらも喜ぶが、天は厳しい言葉を伝える。その後、千や百、龍之介もやってきて、IDOLiSH7、TRIGGER、Re:valeのメンバーが集まった寮はやっかいなことに……!?

アニナナ2期の放送再開
おめでとうございます&ありがとうございます。
この日をずっとずっと待っていました!!
単純に放送が止まったのが残念だったのいうのは勿論ですが、
2期の放送が決定した時から最も楽しみにしていたシーンの直前で
おあずけ状態を半年間も食らってしまったので、
「何もここで中断しなくてもいいじゃない」という気持ちで
いたからです。

普段、私はBS11で視聴していますが、
今回ほど最速の放送時にリアタイ視聴できないのが悔しかったことは
なかったです。
(ニコ生で見れば良かったのでしょうが、
プレミアム会員ではないので、どうせすぐに追い出されたり、
見れても画質が非常に悪かったりで、
苛々させられるのが目に見えているので、
敢えてそうしませんでした)
放送後には、アニナナ関係のタグに加えて、
”八乙女楽”がツイッターのトレンドに入り、
関連の単語として”お蕎麦屋さん”もあったようで……!!
驚きつつも、ちょっと笑ってしまいました。



今回は、TRIGGERの九条天くんが
突如としてIDOLiSH7の寮に姿を現したところから始まりました。
思いもよらない兄の訪問に対して、
彼の双子の弟である七瀬陸くんは喜びますが、
話はそれだけで終わらず、悪い方に転がってしまいました。
加えて、先輩グループのRe:valeの乱入に、
和泉一織くんの勘違いによる四葉環くんとの子猫探索、
酩酊状態の十龍之介くんを連れた二階堂大和くんと和泉三月くんの帰宅に、
出前を届けに来た八乙女楽そっくりのお蕎麦屋さんの登場……と、
IDOLiSH7・TRIGGER・Re:valeの三グループ(合計12人)が
IDOLiSH7の寮に揃ってしまうというカオス回でした。



上記の通り、私は八乙女楽くん推しなので、
一番注目したのは、彼似のお蕎麦屋さん(山村さん)でした。
紡ちゃんの差し入れの筑前煮を器に盛りつけるところが
アニナナオリジナルとして追加されていたのが
嬉しかったです。
本当に、彼は顔が良いだけでなく何でもできる男ですね!
なのに、紡ちゃんにばっさりと二度も振られるところが
なさけなくてかわいかったです。
彼の微笑ましい(でもちょっとかわいそうな)シーンを
アニメで観られて、幸せでした。
彼の場合、紡ちゃんに振られた件以上に、
それを天くんにしっかりと目撃されてしまい、
冷たい視線と言葉で咎められたあたりがきつい……。
自分が他人に一番見られたくないところを、
一番見られたくない人に見られてしまった……みたいな。
しかも、機嫌が一番悪い時の天くんにだなんて、
ご愁傷様過ぎますww

個人的には、楽くんの足の指(裸足!!)が見られただけでなく、
場を誤魔化すための鼻歌まで聞けて、
狂喜乱舞でしたヽ(o・ω・o)ノ
円盤、買います。



一織くんと環くんの”てんてん”探索騒動は、
アプリゲーのテキストでも好きだった部分なので、
今回のアニメでも楽しく観られました。
一織くんの度重なる勘違いに対しては
「どうしてそうなるww」と
いちいちツッコミを入れずにはいられなかったです。
”てんてん”を仔猫だと思い込んでキュンとなったり、
探索に使用するためのアイテム
(キーホルダー?)に対する説明でやたら饒舌になったり、
”てんてん”が実は九条天だと分かって驚いたりと、
一織くんの年相応なかわいさをたくさん観られました!


龍之介くんの沖縄弁は、やはりアニメでも理解不能でした!
馴染みのある単語から、発言全体を推測するしかないww
お酒とカラオケが大好きってことだけは、よーく分かりました。
えい!えい!
彼の面倒を見る羽目になった大和くんが
「めんそーれ」と「ハイサイ」だけで会話を成立させた気持ちは
私にもとても共感できました。



あと、アプリゲーの時は特に引っかからなかったのですが、
千さんと逢坂壮五くんの会話シーンがツボで、
思わず笑ってしまいました。
見た感じ、千さんはまるで教会にいる神父さんで、
壮五くんは彼に相談する熱心な信者のようでしたww

和泉三月くん特性の大鍋̪シチューと王様プリン十個は、
六弥ナギくんと壮五くん、そしてRe:valeの二人で
食べ尽くされてしまったんですかね。
どんだけ食べたのwwと、笑ってしまいました。
(それだけ三月くんの手料理が美味しかったのでしょうが)
完食してもらえて三月くんも嬉しかったでしょうが、
帰宅時の彼は本当にお腹が空いてそうだったので、
ちょっとかわいそうでもありました。

そうそう、ここでは、
百さんによるカオルちゃん(姉鷺さん)攻略の下準備が
行なわれていました。
姉鷺さんがナギくんファンであることは、
特に表立っては言っていないようですが、
バレバレだったんでしょうね。



さて、今回のメインであろう天くんと陸くんの会話について。
天くんが七瀬家を離れるまでの間、
二人は本当に心身ともに密接な状態にあったのだろうなと、
この会話から思い知らされました。
そして、急に離れ離れとなった二人は、
会えない時間が長く続いたせいで、
余計に相手を想う気持ちが深まったようで。
口を開けば「天にぃ」と彼の名を呼ぶ陸くんは勿論ですが、
このアニナナ2期に入ってからは
他のグループのことなのに過剰に干渉してしまう天くんの言動も
あったように、
少しずつ描写されていたこの双子の危うい現状が
今回では爆発してしまいました。

もしこれが昔のことだったなら、
陸くんは天くんの助言を受け入れたかもしれません。
でも今の陸くんの中では、アイドル業を続けたい、
歌をみんなに聴いてもらいたいとの望みの方が
大きく勝っているようで。
IDOLiSH7のメンバーが、陸くんの病気を
グループとしての問題として受け入れてくれて、
解決策を模索しながら活動を続けていくと決めた以上、
肉親であっても違うグループの天くんは、部外者でしかなく、
彼を心配するが故の発言であっても
ここは口をはさめないよなぁと改めて思いました。

天くんのアイドルとしての覚悟は、
実際にバンドやアイドルのファン活動をしている私にとって、
とても嬉しいことです。
好きなアイドルから常にこう思われているファンは
どれだけ幸せなのだろうかと、羨ましくなってしまいます。
ただ、それは、どれだけ理想的で模範的な言動でも、
天くん個人の考えでしかないです。
かつて一織くんが天くんに指摘したように、
天くんは、相手が陸くんだからこそ
その理想を押し付けたのでしょうが、
もう陸くんは自分の手を離れてしまっているのだと
認めなければならない時期に入っているようでした。
でも、こうして文章で書いていると、
あくまで他人事(しかも2次元)であっても、
当事者としてはかなり淋しいことだろうなと
私までちょっと辛い気持ちになりました。



全体的にわちゃわちゃとしていて、楽しい回でしたが、
見逃せないシリアスなシーンもあり、
最初から最後まで見応えのある濃厚な回でした。
面白かったです!



続きはこちら。
【アニメ「アイドリッシュセブン Second BEAT!」感想 第6話:声*ネタバレあり】 https://himezakura.blog.ss-blog.jp/2020-10-30



アイドリッシュセブン 2nd LIVE「REUNION」Blu-ray BOX -Limited Edition- (完全生産限定)アイドリッシュセブン Second BEAT! Blu-ray 1 【特装限定版】アイドリッシュセブンVibrato (特装限定版) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】TVアニメ『アイドリッシュセブン Second BEAT!』OP主題歌「DiSCOVER THE FUTURE」(メガジャケット付)IDOLiSH7 1stフルアルバム「i7」 (豪華盤)アイドリッシュセブンRe:member3巻(完)「未完成な僕ら」CD付き特装版 (花とゆめコミックス)




2020-10-21 17:13 
共通テーマ:アニメ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。