SSブログ

舞台感想:ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」はじまりの巨人*ネタバレあり [ハイキュー!!]

ハイパープロジェクション演劇 ハイキュー!!(ハイステ)
「はじまりの巨人」をCSにて視聴しました。
01hq.jpg
http://www.engeki-haikyu.com/spring2018/
http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/a0333/
以下、簡単な感想を綴ります。

原作については、アニメは3期まで全て視聴しましたが、
単行本は巻によって読んだり読まなかったりしています。
好きなキャラクターは、青葉城西の及川徹くんです。ラブ。


関連記事
【アニメ「ハイキュー!!」】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-02-11-4
【ねんどろいど 及川徹(ハイキュー!!)その1】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-05-15



最初のアニメで知った「ハイキュー!!」。
昨年初夏からのアニメ再放送を機に興味が再び湧き、
今年の春になってようやく本格的にハマりました。
ハイステについては以前からずっと気になっていて、
千秋楽公演のライビュに参加しようと何度も思ったのですが、
チケットを取ろうとしたのが遅くて希望の場所が売切れていたり、
そもそも都合が合わなかったり、
体調不良で長く外に出かけられなかったり……と
その度に断念してきました。

原作の漫画とアニメで満足していたことと、
積極的に情報を集めようとしなかったことが災いし、
CSのTBSチャンネル2でハイステが放送されていると知ったのは
ごく最近です。
今月ようやく見られたので、感想を記します。

ハイステ「はじまりの巨人」のあらすじはこちら。
幼い頃に見た"小さな巨人"に魅せられ、バレーボールを始めた少年・日向翔陽。
しかし憧れの烏野高校排球部に入部した彼を待ち受けていたのは、中学最初で最後の試合で惨敗した天才プレイヤー・影山飛雄の姿だった。最初は反目し合っていた二人だったが、様々な困難を前に少しずつ互いを認め合っていく。
インターハイ予選で惜敗した烏野は春高出場を目標に夏の東京合宿で各々進化を遂げた。
春高予選を目前にした日向と影山は、白鳥沢学園高校の超高校級エース・牛島若利と遭遇する。
絶対王者・白鳥沢を倒さなければ全国出場は果たせない。
そして、いよいよ始まる春高予選。変幻自在な攻撃スタイルの条善寺高校、和久谷南高校との次世代"小さな巨人"対決!!
ボールを落としてはいけない、持ってもいけない。
3度のボレーで攻撃へと"繋ぐ"球技、バレーボール。
再び全国の舞台を目指して、熱戦、開幕!


あらすじの通り、
春高予選の対条善寺高校戦と対和久谷南(和久南)戦を主軸にし、
烏野高校と縁が深い音駒高校と梟谷高校の戦いもある内容でした。
音駒対梟谷については、
「春高予選の東京都大会でどうやら戦ったらしい?」と
ネットで薄ら知っていた程度で、
詳細は全く分からなかったことから、新鮮な気持ちで視聴できました。
他のキャラクターもそうなのですが、
お気に入りの木兎先輩が木兎先輩で、とても良かったです……!

BS-TBSのCMで僅かに見たことはあったものの、
ハイステをちゃんと観たのは、今回が初めてです。
わざわざ「ハイパープロジェクション」と銘打っていることから、
背景にプロジェクションマッピングをばりばり使用しているのだろうと
思い込んでいましたが、
私の想像とは方向性が違っていました。
背景の建物をリアルに投射するのでなく、
バレーボールをする役者さんの動きの迫力を高める役割を
担っていました。
人物紹介の際に原作の絵を使用するだけでなく、
擬音や台詞、状況説明のイラストが度々映される点には
観客の好みが出ると思いますが、
私はさほど気になりませんでした。

バレーボールに限らず、大人数での球技を舞台で表現するのは
本当に本当に大変だと思いますし、
演出家や舞台監督の腕の見せ所でしょう。
ここ数年の2.5次元のスポーツ作品の舞台で私が最も驚いたのは、
野球漫画の「おおきく振りかぶって」で
バッターがボールを打った後に三塁に向かって走る演出でした。
私の中で、打者は一塁に走るものという固定概念が強すぎて、
「そうか……舞台だから三塁に走っても良いのか……」と
カルチャーショックに似た衝撃を受けました。
ハイステでは、そこまでの驚きは無かったものの、
試合における多彩な表現に圧倒されました。
試合数こそ三つですが、
一つの試合の中で、バレーボールの表現方法は幾つもあり、
まるで「バレーボール演出の見本市」だとも思いました。



メインである烏野の試合については、
私はこの部分の単行本を所持していますし、
テレビアニメも何度も視聴していることから、
試合展開も台詞も分かっている状態でしたので、
最初から最後まで支障なく視聴できました。
未知の世界だった音駒対梟谷戦は、あくまでおまけで、
ダイジェストというより印象的なシーンが挿入される程度でしたので、
「あぁ、こういう出来事があるんだ」と
強い興味を持って見ることができました。

試合での大きな出来事では
(たとえば、和久南戦で大地さんが負傷するとか)
時間を割いて、丁寧に描写されているので、
誰にでもよく分かるようになっていますが、
それ以外の攻防は詳細の説明を敢えて省き、
雰囲気でそれっぽく見せる!という作りでした。
覚えのある台詞は頻繁に耳に入ってきますし、
得点表示は、その都度、しっかりとなされているので、
観客が混乱したり戸惑ったりということは無かったと思います。
限られた時間の中でおさまるよう、よくまとめたなぁと
感心するばかりです。

役者が踊ることでバレーボールを表現する中で、
まるで速攻のように、ちゃんとしたバレーの動き
(スパイクやブロック、レシーブ)を唐突に入れてくると
舞台上の空気がびしっと締まるのが、テレビ越しにも分かりました。
また、ボールやネットを使ったり使わなかったり、
そのボールもリアルなボールだったり、
小道具として黒子が操るボールだったり……と、
試合描写は本当に様々で、緩急が上手くつけられており、
飽きずに最後まで観られました。



その演出の多彩さの要は、勿論、役者さんです。
皆さん、とにかく動く! 凄い!!
特に烏野は、音駒と梟谷の試合シーンでは休めるとはいえ、
それ以外はほぼ出ずっぱりで動いていて、
感動しすぎて呆れそうでした。
何度も高くジャンプしますし、走りますし、
意図的に急に止まったりもして、
足腰だけでなく全身に相当な負荷が掛かっていると思いますが、
これを地方公演も含めた長丁場で行なうなんて、
本当に凄いです。
役者さんの運動量で言えば、
本物のバレーボールの試合に劣らないのではないでしょうか。

それなのに、ダンスは後半でもきっちり踊れていますし、
台詞も(役者さんによって差が大きいけれど)
何とか聞き取れるぐらいには全員が喋れていて、
素晴らしかったです。
あれだけ動いてはっきりと喋るなんて、
なかなかできないですよ……役者さん、凄い。
私ならゼーゼーと息を切らすばかりで声をまず出せないですし、
そもそも序盤で足が攣っていると思います。

作中屈指のジャンプ力を誇る日向のスパイクを表現する時に、
組体操よろしく、烏野の面々で彼を持ち上げるのが
とても好きです。
彼の攻撃の高さと迫力が出ているのもですが、
勝利に向けて烏野が一致団結していると感じられるのが
とても良かったです。
日向のここ一番の見せ場でろうフライングは……
あると知っていたので驚くことはなかったせいか、
失礼ながら笑ってしまいました。
特に、和久南の中島くんと一緒にくるくると回るところは
ツッコミを入れそうになりました。



好きなのは、試合前のスターティングメンバー発表と、
試合終了後の敗戦チームの挨拶です。
前者はショーアップされていて観ていて楽しかったですし、
興奮しました!
後者は、客席をスタンド観客席に置き換えて
観客がたくさんの拍手を贈れる仕様になっていたのが
ニクイなぁと思いました。
また、鏡面を使った演出も、とても好みです。
人数が少ない音駒対梟谷戦がよくカバーされていましたし、
弱気に負けた縁下くんの気持ちも上手く出ていました。

また、客席下りがほぼ無い中で、
唯一、役者さんが客席を通って舞台に上がり、
コートに勢揃いする様子が描かれていたのも良かったです。
実際に会場に行っていなくても、
観客へのサービスがあるのは、観ていて楽しいです。
両校の応援合戦も、良いアクセントになっていました。



それと!!
青葉城西のメンバーが映像で出ていて
(しかも対伊達工戦の試合もあって)嬉しかったです。
及川さんがリアル及川さんで、幸せでした!!
映像出演の件は実際に視聴するまで全く知らなかったので、
それまでだらだらと観ていたのに
一瞬で背筋が伸びましたww



今朝初めて知ったのですが、偶然にも
本日8/18は「ハイステの日」だそうで。

そういう日に初の感想記事を載せられて、嬉しいです。

続けて「最強の場所(チーム)」も録画で観ましたので、
感想を書く予定です。
合わせてお読みいただければ嬉しいです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!


(8/19追記)
【舞台感想:ハイステ「ハイキュー!!」最強の場所(チーム)*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-08-19



ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 Vol.1(初回生産限定版) [Blu-ray]ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」劇場版総集編 青葉城西高校戦『ハイキュー!! 才能とセンス』(初回生産限定版) [Blu-ray]ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝進化の夏〞 [Blu-ray]ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝はじまりの巨人〞 [DVD]




2019-08-18 12:48 
共通テーマ:演劇


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。