SSブログ

感想@NHK連続テレビ小説「なつぞら」第18週:なつよ、どうするプロポーズ*ネタバレあり [NHK連続テレビ小説感想]

NHK 連続テレビ小説「なつぞら」の感想です。
今回は、第18週「なつよ、どうするプロポーズ」について記します。
06natsu18.jpg
以下の記述にはネタバレがあります。

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)

  • 作者: 大森 寿美男
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2019/03/25
  • メディア: ムック

前回の感想記事はこちら。
【「なつぞら」第17週:なつよ、テレビ漫画の幕開けだ*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-07-27-3



近頃、以前に輪をかけて、
このドラマの感想記事を書くのが辛いです。
月~土曜日の毎朝、欠かさず視聴しているのに、
良いところを見つけづらいです。


今週はタイトルにもあるように
主人公のなつが坂場さんからプロポーズをされたお話でした。
女性の半生を描く上で、結婚やそれに準じた話が重要となるのは、
朝ドラに限ったことではないはずですが、
この「なつぞら」では驚くほどドキドキしませんでした……。
一番引っかかったのは、これまでの放送において、
二人とも相手を異性として何となく意識している描写はあったものの、
大好きでたまらないといった感情がちゃんと出たシーンが
全く無かった件です。
なつが、自分への恋情をはっきりと示さない坂場さんに対して
「なによ、あれ」と苛立っていたシーンは何度かありましたが、
今週、彼女が半泣きで坂場さんを詰ったような感情描写は、
記憶を探っても見つけられませんでした。
そのせいか、感情を吐露したなつには違和感を強く覚えました。

また、これはアニメーションの仕事で苦悩した点でも言えるのですが、
カレンダーをめくることでさらっと月日の経過を表したせいで、
その間の時間の重みを感じることができず、
何も無かったに等しいと思えてならなかったのが
(ただ日にちが過ぎたという印象しかないのが)
非常に残念でした。
なつが珍しく仕事で煮詰まっていたのに、
「出来上がったものを提出し、坂場さんに否定される」の繰り返しで、
キャラクターデザインで苦労している様子は
机に向かってうんうん唸る程度のみだっただけでなく、
今回も仲さんという究極の助っ人を得て
窮地を乗り越えるという幸運を披露して、
問題をあっさりと解決した様には、
なんだかなぁと苦笑が漏れました。
仕事を頑張る主人公には成功してほしいけれど、
具体的に頑張っている描写を削って
成功した結果シーンばかり強調しているのでは、
視聴者の共感や興味を得るのは難しいのではないでしょうか。

話がそれました。
作中でかなりの年月を得たであろう時間の経過に対し、
なつと坂場さんの付き合いの深さが全く比例していないので、
今週の放送で唐突に、なつが坂場さんへの愛を熱く語っても、
冷静に毎週見てきた私には
「あなた、いつそんな様子を見せてたの」と問うだけで精一杯でした。



坂場さんも坂場さんで……
最初の登場時から、こだわりの強い偏屈な人でしたが、
この週の彼は嫌な部分がより出ていて、
魅力を感じられませんでした。
坂場さんがなつにプロポーズをしたのを見た時は、
「こんな人が主人公と結婚するんだ……」と思いましたが、
今の私にはその主人公の魅力も分からないので、
なつが誰と結婚しようとどうでもいいと思っている点を
改めて自覚しました。
随分と強引でしたが、
二人が両想いであるのは明らかになりましたし、
いつでも周りが助けてくれるなつなら、
伴侶がずっと無職でもきっと何とかなるでしょう。
呑気に生きているだけで、易々と幸せを掴めるなつが、
私には羨ましいです。



連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)NHK連続テレビ小説 なつぞら 上連続テレビ小説 まんぷく Part1 (NHKドラマ・ガイド)連続テレビ小説 まんぷく Part2 (NHKドラマ・ガイド)NHK連続テレビ小説 まんぷく 下1964年の有村架純 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」愛蔵版フォトブック (単行本)朝ドラの55年 全93作品完全保存版 (教養・文化シリーズ)




2019-08-06 17:40 
共通テーマ:テレビ