So-net無料ブログ作成

感想@NHK連続テレビ小説「なつぞら」第6週:なつよ、雪原に愛を叫べ*ネタバレあり [NHK連続テレビ小説感想]

NHK 連続テレビ小説「なつぞら」の感想です。
今回は、第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」について記します。
02natsuzora.jpg
以下の記述にはネタバレがあります。

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)

  • 作者: 大森 寿美男
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2019/03/25
  • メディア: ムック

前回の感想記事はこちら。
【感想@朝ドラ「なつぞら」第5週:なつよ、お兄ちゃんはどこに?*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-05-08-2



泰樹さんの暴走から始まった、イケメンパラダイス週でした。

その前に、先週、生き別れの兄とあっさり再会できて、
今週の冒頭で、アニメーターへの道があっさり用意されたのが、
なつに都合がよすぎるように思えてならず、
私は冷めた目で見てしまいました。
前回の感想記事でも触れたように、実兄との再会は、
まだ会えていない妹との再会時が本番となるかもしれず、
それが叶えられた際に大きな感動を貰える可能性はあります。
また、アニメーターの件は、
そのきっかけとなるあれこれをばっさり省いた分、
実際になってからがじっくりと描かれるのかもしれませんので、
一概に悪いとは言えません。
でも、こうも簡単にお話が進むと、
共感するどころか逆に悪態をつきたくなります……。



さて、皆にモテモテのなつについて。
土曜日になつが放った
「それは、私を他人だと思っているからでしょ」の台詞で
大分救われましたが、
そこまでの展開は、私にはビミョーだと思えました。

若手イケメン俳優さんがたくさん出演されるのは、いいと思います。
話題性に繋がりますし、何より画面が華やかです。
でも、それぞれの役が「イケメンである」以外に個性が無いので、
義兄とか幼馴染とか、それぞれの立場でしか個を表せない状態で
なつを恋愛対象として取り合っても、
私には面白味を感じられませんでした。
また、主要な若手男性役の俳優さんがイケメンだらけなので、
せっかくのイケメンぶりが個性に繋がっていないのも、勿体ないです。
おそらく、なつがアニメーターとして東京に行く前に、
恋愛関係で問題を一つ生じさせておきたかったのでしょうが、
無理をしてそうしなくてもよかったのではないかと思いました。

最後に猛省はしていたのは良かったけれど、
とにかく、私の中で泰樹さんの株の暴落っぷりが凄かったです。


連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド)NHK連続テレビ小説 なつぞら 上連続テレビ小説 まんぷく Part1 (NHKドラマ・ガイド)連続テレビ小説 まんぷく Part2 (NHKドラマ・ガイド)NHK連続テレビ小説 まんぷく 下1964年の有村架純 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」愛蔵版フォトブック (単行本)朝ドラの55年 全93作品完全保存版 (教養・文化シリーズ)




2019-05-11 11:27  nice!(0) 

nice! 0