SSブログ

感想&プレイ日記「FINAL FANTASY XIII」その9:9章 聖府親衛艦隊 旗艦パラメキア*ネタバレあり [FF13/FF13-2:プレイ日記]

ゲーム「FINAL FANTASY XIII(ファイナルファンタジー13)」の
感想とプレイ日記を綴っています。
今回は9章「聖府親衛艦隊 旗艦パラメキア」についてです。

アルティメットヒッツ ファイナルファンタジーXIII

アルティメットヒッツ ファイナルファンタジーXIII

  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • メディア: Video Game

前回の記事はこちら。
その8:8章 歓楽都市 ノーチラス*ネタバレあり
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-03-20-2

感想&プレイ日記のURLは一覧ページでまとめています。
【FINAL FANTASY XIII】感想&プレイ日記 一覧
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/ff13


以下の記述にはネタバレを含みます。

————

この章の冒頭で、
私のお気に入り・レインズ准将が喋るイベントムービーが
流れることから、
初めて二つ目のセーブデータを作りました。
しかもここでは、プレイヤーがレインズの周囲を歩けるので、
彼をにやにやと視姦できるんですよーヽ(o・ω・o)ノ
レインズの後ろに回ってみたら、
マントのなにげない皺などもリアルに作ってあると分かり、
凄いなと思いました。



私、ロッシュ中佐は
パルムポルムでてっきり亡くなったと思っていたので、
「あ、生きてたのね」と驚きました。
その前には、
ナバート中佐が呆気無く亡くなったのにも驚かされました。
ダイスリー代表を逃がそうとしていたあたり、
聖府や彼に対する彼女の忠誠度は、
間違いなく高かったはずなのに、
当の彼から蔑まされて殺されるなんて
不憫だとしか言い様が無かったです。

あの時のダイスリー代表は、
ナバート中佐にむっとしてますよね。
頼んでもいないのに、彼女に庇われる、逃がされるという借りを
無理に作られるのが嫌だったというか、
別にそんなことをされなくても自分は平気なのに、
彼女一人が勝手に盛り上がっているので、
「なんだ、こいつ」と思っている……という感じで。
結局、コクーンを管理してきたファルシだけあって、
敵味方を問わず、人全般を見下しているんでしょう。
しゃしゃり出てこられるのが鬱陶しいから、
人が蚊を殺すように人を殺したのかなと思いました。



ここから下は、レインズの今後について
私が既にネットでのネタバレを見ているというのを前提に
お読みいただきたいです。

この章にて、
ダイスリー代表はバルトアンデルスというファルシだったと、
分かりました。
ファルシは聖府に介入していないどころか、
聖府そのものがもうファルシの意志で動いていたわけで。
聖府を倒してファルシによる支配を終わらせようとしていた
かつてのレインズにとって、
実は、目指すこととそれが齎す結果が
ぴったり合致していたんですよね。
レインズがダイスリーの正体に気付いていたかについては、
現時点での私には分かりませんが、
そうであったとしても違ったとしても、
悔しいことに変わりはありません。

また、ライトニングたちを追い込むような真似をしておきながら、
彼らが窮地に追い込まれた時は助けてもいるという不可解な行動は、
軍に属しながらもライトニングたちを保護し、援助していた
レインズの行動にも繋がるので、
もし察しが良い人なら、
ここで「ん?」と引っ掛かるのかもしれません。

ファルシを敵と見なしていたかつてのレインズなら、
ファルシのルシのことも、間違いなく敵視していたでしょう。
でも、よりにもよってそんな彼をルシにするなんて、
バルトアンデルスは人が悪いというか、悪趣味というか、
自分が何をすれば、目障りな虫を効率的に排除できるかを
よく知っていたんだなと
思えてなりません。



さて、その対バルトアンデルス戦。
実を言えば、パラメキアに降り立った直後から
レベリングというかCP集めを積極的に行なっていました。
クリスタリウムはカンスト状態だったのですが、
バルトアンデルスをすんなり倒すことはできませんでした。
二回失敗し、三回目で楽にクリアできました。

パーティーメンバーは、
ライトニング(リーダー)とファングとホープでした。

まず最初は、周囲の装甲っぽいのを撃破し、
あとは本体のみ倒せばいいというところまで進められたのですが、
突然、大きな一発を食らってしまって全滅。
同時に「艦これ」等のオンラインゲーを遊んでいたこともあり、
何故こうなったのかも分からない状況でした。

二回目は、うっかり召喚獣を最初に呼び出してしまい、
「まぁいいか」と思って続けていたのですが、
それでペースを乱してしまい、
なさけなくも、装甲を倒している途中で全滅。

その直後に「これは本気で挑まないと駄目そうだ」と思い、
ネットの攻略サイトさんの情報を見ました。
【FF13 極限攻略データベース】
http://ff12.jp/ff13_index.html
【FF13 Wiki - ファイナルファンタジー13攻略Wiki】
http://kjgame.sakura.ne.jp/ff13-wiki/

ようやく、デストルドーという技の存在を知りましたww
また、各キャラクターのHPと攻撃力を
装備で上げなければ駄目だとも知ったのですが、
武器やアクセサリの“改造”が未だによく分からないので、
とりあえず保留にしました。

でも私、ここでやっとアイテムの存在を思い出したんです!
今まで全く使わなかったライブラスコープを使ってみたら、
一度の使用で全てを調べられて、あら便利。
滅多に使わなかったポーションを適度に使ってみたら、
ヒール役一人では回復が全然追い付かない苦しい状況でも
たちまち何とかなり、あら便利……と、
目から鱗が落ちました。

デストルドー対策については、
まともに食らったらまず駄目なので(HPが低いので死ぬ)、
オプティマでアサルトラッシュを選び、
三人全員にひたすら攻撃させて、
バルトアンデルスを怯ませることで、何とかなりました。
なので、武器やアクセサリの改造はしていないままです。



ところで、
最終的にバルトアンデルスを逃がしてしまいましたが、
ここでもしライトニングたちが彼を討てていたら、
レインズはどうなっていたんでしょうか。
普通に人として亡くなったり、シ骸化したりした可能性も
決して無いわけではないのでしょうが、
ルシの呪いだけ解けるというように
事が上手くいっていたのではないのかと
つい想像してしまいました。



いよいよ次が正念場です……(´ωと)
覚悟はしているけれど、やっぱり辛いです。


続きの感想はこちら。
その10:10章 枢密遺跡 フィフス・アーク*ネタバレあり
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-03-25

宜しければ、合わせてご覧ください。



アルティメットヒッツ ファイナルファンタジーXIIIアルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーXIII-2ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIIIファイナルファンタジーXIII シナリオアルティマニア (SE-MOOK)ファイナルファンタジーXIII-2 アルティマニアオメガ (SE-MOOK)ファイナルファンタジーXIII-2 デジタルコンテンツセレクションファイナルファンタジーXIII オリジナル・サウンドトラック





2015-03-22 00:21  nice!(0) 

nice! 0