So-net無料ブログ作成

感想&プレイ日記「真・三國無双6猛将伝」その1(初めての最高将軍位)*ネタバレあり [真・三國無双6/猛将伝:プレイ日記]

ゲーム“真・三國無双6”のやり込みを終えましたので、今回から、
“真・三國無双6 猛将伝”の感想とプレイ日記を綴っていきます。

初回であるこの記事では、
レジェンドモードで得られる将軍位において
最高位である第八階級まで初めて達した件についてです。

真・三國無双6 猛将伝 PS3 the Best

真・三國無双6 猛将伝 PS3 the Best

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモゲームス
  • メディア: Video Game

以下の記述にはネタバレがあります。

感想&プレイ日記記事のURLは、一覧ページにてまとめていきます。
【感想&プレイ日記 記事一覧「真・三國無双6/猛将伝」】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/smusou6


————

これまで、拙ブログでは、
真・三國無双7、無双OROCHI Z、無双OROCHI2、真・三國無双6の
感想&プレイ日記を綴ってきました。
発売と同時に遊んだ7以外の作品では、
最低限のことを一通り遊んだ後、
暫く経ってからやり込みを始めるという流れでしたが、
今回の6猛将伝は、ソフトに初めて触れたことから、
プレイそのものもやり込みも一から行ないます。
(真・三國無双6のクリアデータの読み込みは済ませました)

私は説明書を読まないタイプなので、
何も分からないまま、メインのレジェンドモードを開始。
太守と副官に任命するキャラクターを
それぞれ選択しなければなりませんので、
とりあえず前者に曹丕を、後者に陸遜を選びました。
どちらもお気に入りのキャラクターです。
シリーズの他作品のトロフィー獲得条件からして、
どうせこれも全キャラで制覇する必要があるんだろうなーとは
思いましたww

荒廃している居城を、
戦闘を重ねることで大きくしていくという流れは、
真・三國無双7の将星モードのようだと思いました。
正確には、7発売直後に
「将星モードが6猛将伝のようだ」とのツイートを
ネットで何度か見かけましたので、
本当にそうだったと今になって実感できました。



まずは、最初の一戦で様子を見ようと思ったのですが、
私はここで、ちょっと調子に乗ってしまいました。
太守に選んだ曹丕は、6無印の時点で攻撃力がカンストしています。
戦場の情報を調べてみたところ、
難易度・修羅で遊んだ上で条件を満たせば
強い秘蔵武器を取得できそうだと分かったので、
手始めに修羅で遊んでみようかと思い付いたんです。
その結果は……悲惨でした(´ω`三)
勿論、シナリオは、最初の(★一つの)“黄巾決起戦”です。
最も易しいと思われるシナリオ難易度です。
それにもかかわらず、攻撃がなかなか通らず、
敵武将を一人倒すのに数分も掛かる状態。
それでも、マップ左上(北西)の敵は何とか掃除できたのですが、
東の村を救出に行ったところで駄目になりました。
村を襲っていた敵だけでなく、
近くにいた太史慈にも襲われるようになり、
更に、西から増援として出た馬超たちも来てしまって
大混戦になったんです。
敵武将を一人倒すのも大変なのに、その数が急に増えたので、
敵に攻撃のコンボを決められる
→お手玉ワッショイされて終わりという結末を迎えました。
ここで痛い目に遭ったことで
「修羅はまだ無理」とはっきりと実感できました。



気を取り直して、難易度・普通で再プレイ。
そうでなくては困りますが、今度は楽に終わりました。
その後、シナリオを一つ一つクリアしていくと、
学問所が開かれましたので、
曹丕の全ステータスをお金でカンストさせました。
所持金も6無印の途中からカンストしていましたが、
あっという間に尽きました……。

曹丕の強化を完全に終えたのを機に、
難易度・修羅プレイに再び挑戦。
同時に修羅秘蔵武器取得にも挑んだ結果、
無事に“大雷光輝杖(錫杖)”を得ることができました!!



そうして、序盤のシナリオから改めて
修羅プレイ+修羅秘蔵武器獲得も行なうようになったのですが、
シナリオ難易度が高くなると(★の数が増えると)、
敵の集団にお手玉をされてボッコボコにされることが
増えるようになりました。

ここで、ふと気になったのが、
曹丕に装備させていた二つの武器の属性です。
実を言うと、6無印のやり込みでは
高難易度でシナリオを遊ぶ必要が全く無かった為、
武器が持つ属性を軽んじていました。
それまでは、印を付属させられるスロットの数の多さで
装備する武器を決めていたんです
(しかも、各武器の操作に慣れるのが面倒臭いという理由で、
曹丕や陸遜のEX武器である双剣ばかりメインに使っていた始末)。
具体的に挙げると、
第一武器は飛燕(双剣)、第二武器は倚天の剣(刀)で、
両方とも属性は炎です。
……はい、無双シリーズのユーザーさんなら、
この時点で駄目だとお分かりになると思うんですが、
以前の私は目先の火力しか重視してなかったんです。

双剣も刀も、系統属性は炎か斬です。
ここでようやく私も「そうか! 斬だ!」と気付き、
付属させる印の見直しも行ないました。
武器は、干将莫耶(修羅秘蔵武器を取得してからは干将莫耶極)と
天段刀。
印は、それまで“攻撃力増加”系メインだったのを止めて、
“究極武芸”や“属性攻撃強化”、“対武将強化”を
それぞれ付けました。
そうしたところ、
以前にはやや危なっかしいところもあった修羅プレイも
安定して楽しく遊べるようになりました。
また、この6猛将伝では、
体力回復のドロップアイテム(肉まんやお肉系)が
他アイテムと比べて出にくい印象があったのですが、
新たな将軍位の効果で、
攻撃時に敵の体力を吸収できるようになったのを受けて、
戦闘で死ぬことはまず無くなりました。



シナリオを難易度・修羅で着実にクリアしていき、
修羅秘蔵武器も一つ一つ取っていきました——が、
最後に大きな壁とぶつかりました。
最高の将軍位(第八階級)を得る為には、
シナリオ難易度の高いシナリオを難易度・究極でクリアする必要が
出てきたからです。
しかも、将軍位を得る為の条件もクリアしなければなりません。

臆していても進められないので、思いきってそれに挑戦。
シナリオは“東興防衛戦”を選びましたが、
序盤で出てくる諸葛誕にいいようにされてしまい、呆気無く敗走。
どうにもこの諸葛誕が嫌だったので
(彼からの攻撃を受けると逃げづらい)
シナリオを“関中侵攻戦”に選び直し、
究極プレイの再チャレンジを行ないました。

もうもう、思い出すだけで嫌な気分になるくらい、
とても怖かったです。
曹丕が攻撃できる状態にあれば、体力の回復をなせるので、
敵の攻撃を受けても大丈夫なのですが、
複数の敵将兵に囲まれてお手玉をされてしまうと
それが不可能になり、ピンチに。
初めて難易度・修羅に挑戦した最初のプレイと同様に、
とにかく敵将兵を倒すのに時間が掛かるので、
ひーひー言いながら、半泣きで遊びました。
敵の雑魚兵が多い時は、そのボイスが煩いのも、
怖さを感じた理由の一つでした
(雑魚ですら簡単に倒せないので、
彼らの声も四方八方から延々聞こえてくる)。
複数の敵が無双乱舞を順に放ってきた際には
本気で「もう嫌だ」と投げ出したくなりました。



ヤバい局面に何度も陥りながらも、辛うじてクリア。
曹丕は、最高将軍位である魏王になれました!!
最高位になると特別な衣装(上公衣)に着替えられるということで、
早速、曹丕の衣装を替えてみました。
souhi.jpg
うーん……ビミョー?!
でも、無双乱舞1で顔のアップが見られる時は
結構似合っているとも思えました。

曹丕の将軍位を極めたことで、
トロフィーを幾つか獲得することができました。
また、居城を発展させていった結果、帝をお迎えしたので、
EDムービーも途中で見ています。



ここまでのプレイを経て、
難易度.修羅でのプレイは楽勝だと分かりましたので、
ホッとしましたが、
同時に、難易度・究極の辛さをひしひしと感じてしまい、
今後に対する強い不安に悩まされています。
これを全キャラ分やらなければならないかと思うと、泣きそうです。
また、トロコンを目標とすると最大の問題になりそうな
“歴戦の将(シナリオクリア1000回)”も大変そうなのが、
悩ましいです。
現在のクリア数が分からない/表示されていないのに
1000回も行なうだなんて、
考えただけで気が遠くなりそうです。


続きます!
【感想&プレイ日記「真・三國無双6猛将伝」その2(トロフィー“修羅踏破”獲得)*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2013-05-20


真・三國無双6 PS3 the Best真・三國無双6 猛将伝 PS3 the Best真・三國無双6 Empires真・三國無双7(通常版)真・三國無双 NEXT無双OROCHI 2 (通常版)




2013-05-19 11:07  nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0