So-net無料ブログ作成

感想@ドラマ「ストロベリーナイト」第6話:感染遊戯*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

テレビドラマ「ストロベリーナイト」シーズン1の感想です。
今回は、第6話「感染遊戯」について記します。

ストロベリーナイト シーズン1 DVD-BOX

ストロベリーナイト シーズン1 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


前回の感想はこちら。
感想@ドラマ「ストロベリーナイト」第4話〜第5話:過ぎた正義*ネタバレあり
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2013-01-12-1


各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴(2)


────

二週連続の前後編ものが二回(一ヶ月)続いたので、
一話完結の今回の話は、見ていて気楽でした。



今回は、以前からトラウマネタがちらほらと入っていた
菊田和男(西島秀俊さん)のメイン回、
そして“女性”がテーマのお話です。


男の捜査員ばかりの自分の班を率いていて、
上司も男という姫川玲子(竹内結子さん)の元に
女性捜査員の高野真弓(加藤あいさん)が一時的に加わった他、
サバサバしていて、普段は女性であることに甘えない姫川の
女性らしいネタも強調されていました。
(ヒールのある靴や、菊田を女性として気にしている描写など)。

個人的には、ドラマ中でも姫川班の誰かに
「あんな走れないヒールの靴を履いて」とか言われていましたので、
姫川のヒールはもう少し低くてもいいのでは?と思います。
ヒールの高さが全く無い靴(いわゆる“ぺたんこ靴”)も
履いていて疲れるので、
ベストの高さは2〜3センチだと思うのですが、
姫川のヒールって、最低5センチ、
もしかしたら7、8センチはありそうな感じですよね。
この高さだと、全く走れないわけではないですが
全速力を出した時の速度はかなり落ちます。
仕事を第一として考えている姫川の性格だと
この高さを選ぶことはないのではないかと
不思議に思えるんですよね……。

たとえば、高野がそれぐらいの高さのヒールを履いていて、
それを見つけた姫川が
「あなた、本当にやる気あるの?」と嫌味っぽく注意する方が
自然ではないかと思えます
(とはいえ、高野は捜査一課に上がりたくて必死なので
そんな馬鹿なことはまずしないでしょうが)。
この辺は、ドラマならではのファンタジーであり、
姫川玲子というキャラクターの特性なんでしょうが、
その信条との差異には違和感を覚えずにはいられません。



葉山のトラウマについては……
事件後の聞き込みにおいて、
かつての自分と似た発言をした人に対して本気で憤慨しつつも
(過去の自分を本気で悔いているので
そういう人を見ると許せない)、
犯人にナイフの切っ先を向けられた時には、
第3話のクローンカードの被疑者確保の時同様、
またもや足がすくんでしまって動かないというのは
リアリティがあって良かったと思います。
葉山が主人公で、また、これが単発の作品なら、
ここで彼が良い方に変わるのが自然
(というかお約束の展開)なんでしょうが、
私は、この程度で呆気無く克服できるのなら
そもそもトラウマになってないと思えるので、
変わりたいと思いつつも実際には変われなかった今回の葉山には
自然に共感できました。

また、葉山自身から事前に
その話を打ち明けられていたにもかかわらず、
犯人を確保した直後、
トラウマのせいでその間ずっと動けなかった葉山を
一人の捜査員として叱った菊田和男(西島秀俊さん)も
良かったです。
あそこで、もし菊田が
「葉山にはそういう過去があるから仕方がない」と甘やかしてしまうと、
葉山も前に進めませんもんね。
葉山が本当に辛い時は、菊田も気遣ってくれるでしょうし、
また、葉山が前に進もうとするならば
菊田も全面的に上司として補佐してくれるはずなので、
大変でしょうが葉山にも頑張ってほしいです。



もし今回の話が存在していなかったなら、
男ばかりの中に孤高の姫として存在している姫川の元に、
もし女性が入ったら……と想像していたでしょうが、
それが実際に起こった今回、
姫川は最後までなんら変わらなかったのが、
さすがというかおかしいというか、面白かったです。
姫川は姫川なんだなぁ。
放送を見る限り、
姫川はひたすら仕事に生きてきた人で、
同性の友達もいないようですが、
だからといって、
同性の捜査員が自分の班に入ってきてもはしゃがないし、
逆に冷たくもしないので、
彼女にとって仕事における男女の性別は意味の無いものなんだと
よく分かります。
姫川自身が日頃から「お前は女だから」と言われ、
差別されることが多いので、
捜査員が女性であろうと男性であろうと
差別をしないし、逆に考慮もしないんでしょうね。

ただ、そういう鉄壁の彼女が
菊田が絡むとほんの少しだけ崩れるのがおかしいです。
バーにいた時の菊田が電話で言葉を濁した時や、
高野が菊田と楽しそうに喋っていた時、
姫川はその後にさらりと詳細を聞こうとしていますが、
彼女がわざわざそれを聞く時点でおかしいですww
自覚があるのか、それとも無自覚なのかは、
この時点ではまだ分かりませんが……
とにかくこの姫川がかわいいです。

高野の加入で変な色恋話が無かったのは
本当に良かったです。
もしそうなっていたら、絶対、
安っぽくなっていたはずなので……!


(追記)
続きの感想も書きました。
感想@ドラマ「ストロベリーナイト」第7〜8話:悪しき実*ネタバレあり
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2013-01-12-3



ストロベリーナイト シーズン1 DVD-BOXストロベリーナイト DVDフジテレビ系火9ドラマ「ストロベリーナイト」オリジナルサウンドトラック映画「ストロベリーナイト」オリジナルサウンドトラック映画ストロベリーナイトオフィシャルブック (光文社ブックス 105)ストロベリーナイト (光文社文庫)


2013-01-12 19:09  nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0