SSブログ

感想@NHKアニメ「バクマン。」第10話:10と2*ネタバレあり [アニメ感想]

NHKアニメ「バクマン。」の感想です。
今回は第10話「10と2」です。

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)

  • 作者: 小畑 健
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/01/05
  • メディア: コミック

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作の漫画を読んだことがありません。


前回の感想はこちら。
第9話:後悔と納得

各回の感想記事のURLは、他の作品と合わせて
こちらのページでまとめています。
アニメ感想記事 一覧:2010年10月 開始作品

────

まずはあらすじから。公式サイトより転載します。
最高と自宅謹慎が明けた秋人は、服部の元を訪ね、「一億分の」の反省会をすることに。そこで「王道の主人公」を中心にした作品の提案を受けた2人は、後日、服部にそのネームを見せる。ところが、それを読んだ服部からは「全然面白くない」と告げられてしまう!2人の魅力は「邪道」であると判断した服部は、2人に「アンケートシステム」を紹介し、「この世は金と知恵」という作品に取り掛かる・・・


“週刊少年ジャック”での漫画家としてのプロデビューと、
そこで連載を持つという夢を
具体的に叶えようとして奮起した
サイコーとシュージンの話でした。


上記のあらすじの通り、編集者のアドバイスを受けて、
ジャックにおける“王道”のネームを
幾つも持っていった二人ですが
──ジャックの王道とは、確かに、
主人公の特性に魅力がある(非凡である)事ですよね。
でも、既に大ヒット作品を数えきれないほど飛ばしている
ジャックですから、
ありきたりな非凡さでは、全然通用しません。
そう考えると、ジャックで描かれてない非凡さなんて
もう無い気さえしてしまいます。
そこに、仲間との友情、試練に打ち勝つ努力、
アクション(勿論勝つ)……を加えなきゃいけないなんて、
本当に大変だなと思いました。

ただ、二人の処女作である“二つの地球”の内容で
漫画をジャックに持ち込もうとしていたあたり、
やっぱり、最初の“自分が漫画を持ち込む雑誌社の選択”の時点で
間違っている気がしないでもないです。
こちらの作品は、“ジャックで漫画家デビューする”
“ジャックで漫画の連載を持つ”というように、
“ジャックで××をする”のを非常に強く念頭に置いていますので、
彼らがジャック以外の雑誌を考えてないのは当然なのですが、
私だったら、他の編集部に持ち込むのを勧めます。
作画担当のサイコーはともかく、
何もこだわらずにシュージンが考えるネタって
青年誌向けっぽいですよね。
ジャックでデビュー/売れる為に漫画の内容を考えるシュージンも
ネタとしては良いですが、
これを一生やっていくのは辛いだろうなぁと思いました。
漫画家として一番大事な
「自分はこれを描きたい/読者にこの話を読ませたい」部分が、
漫画の内容を計算して描いている時点で、
既に大きく歪んでますし。
“売れる為に”“デビューする為に”という枷を外した時、
シュージンはどういう話をサイコーに描かせたいんだろうなと
ふと考えてしまいました。
 ↑
こちら“バクマン。”は、いわゆる身内ネタの暴露なので、
(ジャックの実状や、漫画家として売れる為のネタばらし)
シュージンがそう考えるようになったら
お話そのものが終わりますけれどww


見吉さんは、
思い込みの激しい彼女の言動+ギャーギャー煩い事から
私の苦手なタイプなのですが、
それでも、シュージンの言葉に勝手に振り回される彼女は
見ていてかわいいなぁと思いました。
まさに今どきの子ですね。


バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)バクマン。 2 (ジャンプ・コミックス)バクマン。 3 (ジャンプコミックス)バクマン。 4 (ジャンプコミックス)バクマン。 5 (ジャンプコミックス)バクマン。 6 (ジャンプコミックス)バクマン。 7 (ジャンプコミックス)

────
ランキングに参加中です。記事がお気に召しましたらクリックしてやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村
上記でエラーが出る方はこちら【にほんブログ村】からお願いします。

続きの感想はこちら。
第11話:チョコとNEXT!

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-12-08 14:29  nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0